FC2ブログ

ストーブ・リーグの熱い幻想。







キンキンに冷えた朝、マグカップに移して石油ストーブで温めた
ボトルの安コーヒーをチビチビ飲みながら。

久し振りにクラブ・サンスイの電源を入れ、先週手に入れて来た
CDをセット。

キラキラ踊る鍵盤の鮮やかな音に自然と目を閉じ、耳を澄ませた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ツインの鼓動にクラッチ・ミート、間髪開けずに流れ出す風景。
初夏、走り慣れたいつものロング・ワインディング。

シフトを上げて抜けられる緩い左、短いストレートを挟んでまた
緩い左・・・と、ここでひとつ落として即座に深い右。

カカッ、カッ、カカッとステップの先が路面にケンカを売る感触。
こんだけアスファルトが暖まっていれば、安タイヤでも行ける

クリップは出口が見える少し手前、若葉の隙から煌く陽光。
右へ右へと傾ぐタコの針、センターラインがコマ落としで流れる。

抜けていく横Gの感触をスロットルで縦へ繋ぐ。シームレスに。
ビンと張ったチェーン、高周波に代わりつつあるサウンド。

拍車の掛かったエンジンに応えドン突きのヘアピンぎりぎりまで
鞭をくれてやる。コイツなら「タメの時間」は2秒も要らない。

ミラーの中でジワジワと大きく迫り来る異型のヘッドライトは
ハヤブサか、ZZ-R1400か。

ツッコミ直前までのチキン・ラン。その後に待ち構えているのは
切り返しのラインがキツい日陰のS字だ。

その巨躯と有り余るパワーを御せる腕が在るのなら、引くなよ?
向こうまで付いて来られたなら、その馬鹿力で俺を越して行け。

但し・・・こちとらたかだか70ps。なけなし使いッ切りの70psさ。
皆が待つレストまでコイツに追い回されたら、赤っ恥だがね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DC_201812100913486a4.jpg


もう15年前、きつねがスポーツスターの前に愛用していたのは
ゼファー750だった。

「何故イレブンを選ばない?」「ニンジャ買う気だったじゃん?」

答えは簡単、どっちも欲しかったけれど、買えなかったのだ。


二台乗り継いだZR750C-1は、どちらも30万円で手に入れた。
プレミアのついた今では信じられない話、不人気で安かった。

でもコイツは素敵な相棒だった。寸詰まりの小柄な車体故に
慣れれば遠慮なく扱え、安心して750のトルクを掛けられた。

「乗せられてる」リッター・ネイキッドの乗り手からは何度
気の抜けない刺客と称されたか、分からない。

無論、ワンシーズンでセミレーシング・ラジアルを2セットも
履き替える最速連には、敵うはずも無かったけれど。


DD_20181210105213e68.jpg


それは乗り換える以前から既に分かっていたことだけれど。

例えばゼファーがバスケットボールなら、スポーツスターは
砲丸投げの鋼球のようなものだ。

何もかもがデカくて重くて、ディメンジョンも3世代ぐらい違う。

だからド迫力の加速をコーナーの遥か手前でキッチリ留め、
ラインのアウトぎりぎりに載せて「せーの!」でドンと寝かす。

手綱のスロットルをタイヤと相談しつつジリジリ開けて曲げる。
その速度はじれったいことに、実はセローよりも遅い(!)。

タチが強く直進したがるフレームに、動きの良くない足回り。

鮮やかにインを突いて去り行く直四の咆哮を浴びながら、
去り行く背中に「これがゼファーだったら」と臍を噛む悔しさ。


自在に踊れるマシンが欲しい、手足のように操れるマシンが


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


KTM-RC-390.jpg


これまで何度も語った通り、そのための最右翼はKTMの
390シリーズ。

峠のエキスパートですら「下りコーナーの飛び道具」と評する
コイツは、正味のところ全区間を通して考えたら相当に速い。

大型免許を持っていても「あえて」選ぶ乗り手がいる理由は
元気いっぱいハジける390に、2スト250の面影が重なるから。

但し過去の単気筒の常識を置き去るパワーとバーターになる
のは、総額70万超の値札と決して長いとは思えない寿命だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シヴァー750


そして次に浮上するのは過去「お友達価格で譲ろうか?」と
クマ師匠から提示されたことがある、アプリリア・シヴァー。

近未来的な意匠が好みに合わなかったことから、当初は
食指が動かなかった・・・のだが、お借りして目からウロコ。

コイツは刺激的。例えるなら前述の390のシングルをL型に
二丁掛けしたようなモン、お祭りわっしょい的なパワフルさ。

何せZR750と同じ車重に二気筒100馬力、そりゃ速いさ(笑)。
師匠の手で足回りを調教されたシヴァー、いい塩梅で楽しい。

唯一のネックは、個人売買物のアプリリアのメンテを引き受けて
くれる店が、盛岡界隈にはおそらく存在しないこと。

まずスロットルからしてもうドライブ・バイ・ワイヤーのコイツは
もし電子制御がゴネ始めたら、俺の手に負えなくなってしまう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ムルティストラーダ


丁度同じ頃、師匠が短期間だけ並行所有していたドゥカの
ムルティストラーダも試乗させて頂いたんだけれど。

いやいや、ツアラー然とした見た目にまんまとダマされた。
とんだ食わせ物で、中身はそのままナマのドゥカティ1000。

いろんな意味でアブい。頭の隅では「先に無くなっちゃうのは
命と免許のどっちだ?」と思いながら、右手が閉じられない。

ガンガン蹴り続けるリアタイヤがスピードメーターの針を
跳ね上げ、アドレナリンを止める理性のフタがイカれちまう。

これに比べりゃあジワジワのモー・・・っと流すことも出来る
滑らかな国産リッター4発の方が、まだ性格は優しいだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スラクストン


ちょっと方向性は違うけれど、基本を同じくするボンネビルに
乗ってみた印象では「イケるクチ」となるのがスラクストン。

低回転から高回転まで調教が効きフラットに吹けるコイツは
或る意味でヨンパツっぽいソツの無さを見せた。

本当の好みがクラシカルなところにあるきつねの目には唯一
「スポーツスターと入れ替えても後悔の確率が低い」と思える
スタイリング。

但し悪友Kちゃんの店がオトナの諸事情から取扱店の看板を
降ろしたため、悲しいかなトライアンフも候補から落ちた。

もっともそもそも「キャブでセパハンの初期型上玉」となると
もはや手の届くような相場じゃなくなっているけれども。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてフレンドリーに見えても垣根が高いパツキン美女たちの
夢から現実に立ち返って。

ここで巡って来るのが、一連の国産モダン・ミドルツイン。


ヴェルシス


ふと脳裏をかすめたのは、これも昨春クマ師匠にお借りした
カワサキ・ヴェルシス。

この顛末に関しては当時の印象を記したブログが残してある。

ムルティストラーダと同様に身長175cmのきつねが跨っても
踵が浮いてしまう、超アップライトで大柄なポジション。

全身が地面から遠いところまで持ち上げられているところに
接地感がまるでつかめないフィールの組み合わせは、正直
少し怖いものだった。


ヴェルシス 2


一気に遠くへ掛けるアルペンローダーは、乗り手に余計な
疲労を招かないよう、あえて寡黙なセットアップにしてある。
設計コンセプトそのものが、自分の求めるものではない。

しかし・・・コイツ、実は地味に「エンジンが速い」のだ


UJ_201812101243479fa.jpg


650ccというキャパをインジェクションで躾けてあるのだから、
流れに乗ってフツーに走る分には無機質に淡々としている。

しかし長い直線で前方のクルマをパスしようと、ひとたび
そのつもりでスロットルを開ければ性格が突然変貌する。

エラい勢いで車速が伸び始め、あれよあれよという間に
スピードメーターの針はその盤面の右半分へと到達した。


DE_201812101158039c1.jpg


これがカワサキ流の血統なんだろうなぁ・・・きっと。

加速を始めると「もっともっと」とエンジンから拍車が掛かる
キャラクター、一時所有していた最初期型KLXにそっくり。

キャブ機の有機的な野性味を削がれた分キカンボ振りを
抑えたフィールにされていても、去勢されていないのだ。

願わくば地面に近くコンパクトなシャーシでこのエンジンを
楽しみたいという感想に「ER6n、知ってる?」と師匠ボソリ。


カワサキER-6n


盲点だった。カワサキの650ツインが三姉妹だったことを
すっかり忘れていたのだ。否、ノー・マークだったのだ。

見た目も企画の視点も全く異なるけれど車重200kg/70psの
ストリート・ファイター、まんまゼファー750の代替機である。

いささかエキセントリックな見た目も、今年シーズン後半を
Dトラッカー125と過ごしたお陰か、大して気にならなくなった。

むしろステアリング・ネックからリア・アクスルまでまっすぐ
繋ぐオフセットしたサスが、面白いものにさえ見えて来る。

なによりスリムでコンパクトなシルエットからして、こちらに
「さあ思う存分、腕を奮って振り回してくれ!」と語りかけて
来るようじゃないか・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





よくもまあ、こんなヤンチャな動画が生き残っていたモンだ。
正直モラルもヘッタクレも無くお行儀悪いことこの上ないが。

しかし軽さ故のフットワークと右手に直結した加速フィールが
まるで自分で操縦しているかのように、よく伝わって来る。

確かに1000cc/150ps超のモンスターと横並びに眺めるなら
「たいしたことない」と感じるライダーも多々いるだろう。

どうせ乗るならパワフルなトップエンド機、という気持ちも。
人生で一度ぐらいは世界最速マシンを、という望みも分かる。

でも、コレと同じシチュエーションで同じぐらいリッターSSの
アクセルを開けられる乗り手・・・どのぐらい居ると思う?


ただ転がすだけなら、きつねだって大抵のバイクには乗れる。

しかし「手足のように乗りこなす」のって、別次元の話なんだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コーヒーのお代わりが尽きたところで現実に立ち返れば、
来春の車検やら税金の請求やらで、十分アップアップ。

とてもじゃないが更に増車だなんて、叶うわきゃないわな。


DA_2018121009134679b.jpg


さて昼飯調達のついでに、「去年買った夢のチケット」を
引き換えに行ってみましょうか・・・ハハハ。

スポンサーサイト

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い

どうか、笑わないで。 ~その行動には、理由がある~







旅立つ前日に磨いたクルマを、48時間後にまた洗っている。

傍目から見れば、それは物好きとも奇行とも映るだろう。

でも、そうするには理由がある。



ZZ8_20181020085344a0a.jpg


浜辺に沿って潮風を浴び、本州最北端の洗車機を使い。

東から夕闇迫る中、大慌てでまた汚れを洗い流している。

今夜の宿も岬の突端、浜まで20mの青空駐車だというのに。



ZZ11.jpg



傍目から見たら、無意味で馬鹿げた行為に映るだろう。

だけど、その行動には理由がある。



ZZ2_201810200853356cb.jpg



愛車を停めずにはいられない、冴えたシーンがあるから。

この場所・その瞬間にしか得られない、一枚があるから。

半ばそのために、コイツを走らせて来たようなものだから。



ZZ3_20181020085337dcc.jpg




秋の下北へロードスターで通い始め、もう15年が過ぎた。

しかしおそらく、「この先の15年後も」は、叶わない。

2033年秋・・・`95年式のコイツは多分、もう存在しない。


ZZ4_20181020085338522.jpg




土地の言葉として根付いた、「朝やげ」と「夕やげ」。

大間は日の入りと日の出、どちらも観られる海峡の町。



ZZ6_20181020085341616.jpg



どんな風景をも映しつつ、しかしどんな色にも染まらない。

トワイライトブルー・マイカ、年に一度だけの晴れ舞台。

ここに立たせてやれるチャンスは、あと何度あるのだろう。


ZZ7_20181020085343d8b.jpg



潮風の中でクルマを洗う旅人の姿を、どうか笑わないで。

そこには、そうせずにはいられない理由が在るのだから。



ZZ5_20181020085340557.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年も毎秋恒例・下北半島一周ひとり旅へ行って来ました。


一応ちょいちょい、脱・マンネリの策を試みてはいるのですが。

何しろ年にただ一度の北帰行、ハズせないポイントが多くて。

大枠では、昨年全力でUPした内容と変わらないんですね。


ZZ1.jpg


ということで、昨年の旅程をひと枠に纏めておきました。

興味をお持ちになった方は、是非こちらをクリック


ZZ10.jpg


観光地として日本全域を見渡せば、とても地味な存在だけれど。

長年通わずにいられなくなる魅力を秘めたエリアです。


ZZ9_201810200853465fd.jpg


ほとんど前回通りな旅程に沿った記事は流石にナンなので。

今回印象に残った出来事や思い出は、「エピソード」として。

気が向いた時に単発で書いてみようか、と考える次第です。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い 下北半島 大間 ドライブ ツーリング

ファイティング・ポーズ。







受け取る側次第では、「説教ソング」にして「節を付けた独り言」。

でも帰宅を急ぐ黄昏時、けーたろーのスピーカーから流れて来た
この曲にはいささか、かつ、いろいろ、思うところがあった。


表舞台から去って行ったギター弾きが皆、必ずしも音楽嫌いに
なった訳じゃない。

ヒットが出ず引退したミュージシャンへ「負け組」の判を捺すのは
聴き手の勝手だが、そのヒトひとりの人生は当然そんなに軽くて
単純であるハズがないんだ。


HA_2018051620145223b.jpg



アイツの ファイティング・ポーズが 見えないのは 
 オマエが ファイティング・ポーズを とっていないからだ


 アイツの ファイティング・ポーズが 見えないのは
 オマエが ファイティング・ポーズを 知らないからだ



きつねはギターでドレミも弾けなかったために楽器に対し
挫折したダメなヤツなんだけれども。

音楽を愛するヒトの気持ちは、その対象を単車やクルマに
置き換えてみると、実はすんごくよく分かる気がする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HC_20180516201455660.jpg


これは既に20年も前の話なので「時効」とさせてもらうけれど。

当時きつねメが腕を研くべく足繁く毎週末通っていた峠には
通称「ウラさん」「カイチョー」と呼ばれる山賊コンビがいた。

カイチョーは伝家の宝刀として最終兵器たるRZV-500R(!)を
隠し持ってもいる、相応のセンスを秘めた仙人だったものの。
対するウラさんは「大型なんてコレしか所有歴がないよ」という
筋金入りのスポーツスター遣い。


HD_20180516201456a15.jpg

そのウラさんが、もう典型的なアメリカン・スタイルたる段付きの
キング&クイーン・シートにチョッパーライクな高いハンドルのまま
タイトなS字を切り返して攻めるスタイルに、きつねはヤラれた。

とにかく負けず嫌いで勝負を挑まれたらナリフリ構わない彼は
ラインに入る遥か手前から対向車線までフェイントを振り(!)、
分厚いシートの内側へ全てお尻を落として捻じ臥せるのだ。


HE_20180516201458808.jpg


その背中に漂う矜持と殺気たるや、常識に沿ったテクニックやら
自称理論派のノーガキなんかブッ飛ばすほど怖ろしいオーラで。

結局はSRX-4からゼファー750に乗り換えた後も振り切られた上、
腕利きの駆るモトグッツィ・ディトナも目前でヤッツけてしまった。

「こちとらココじゃあ十年来の常連!『たかがハーレー』とナメて
掛かって来た一見君には、自慢のルシファーで一撃くれてやる。」



HN_201805162015294d3.jpg


ゼニに任せれば迫力満点のカフェ・レーサーに仕立てられる事も
重々承知の上で、「あえて」そのための偽装がアメリカン・ルック。

おかげで長さが2/3まで擦り減ってしまった短いステップ・バーこそ
「スポスタ侍」「レプリカ殺し」の異名を取ったウラさんのプライド。

年季の入ったライダースの袖を捲って逞しい二の腕を見せながら
いつも豪快に笑う彼に憧れて、きつねは限定解除を取りに行った。


HK_20180516201506e3f.jpg


一台目のゼファー750を不慮の事故で失った末にSR500へ換えた時
ちょっと貸せよ、と一往復して戻ったウラさんが最初に発したひと言は

「これでNSRの向こうを張る気なら、ファントムに対峙するゼロ戦だ。」

いやソレを言うならアナタの愛機は、レシプロ双発の旧軍重戦闘機
「月光」に等しいじゃない(むしろ米国製故にP-38的だった?笑 )。


HI_20180516201504a8c.jpg


そんな経緯と実績を目の当たりにしているため、当時その峠では
「ハーレー=日和見のまったりツーリングバイク」という常識を誰も
持たず、むしろ「見た目と裏腹な刺客(ジョーカー)」と警戒された程
ヤバいマシンとして一目置かれる存在だった。


これは後にホットバイク・ジャパン誌の読者投稿欄でも他県の
バイカーから、「岩手にとんでもないスポーツスター乗りがいる」
「スポーティのスポーティたる所以を見せつけられました」
ってな
投稿が寄せられたことでも、レベルの高さが伺えるんだけれど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HP_20180516201532095.jpg


後に「アガリの一台」として購入の夢を叶えたウチのXL1200Sで、
当時のウラさんがどんだけ化け物じみた乗り手だったか、きつねは
思い知らされることになる。

とにかくサスが全然マトモに仕事をしてくれず終始リア荷重の酷い
アンダー・ステアで普通に寝ないし曲がらない、というシロモノ。


HS_20180516201536204.jpg


そこに「回転数を厭わず開けたらいつでも遠慮ないパッと出し」の
70psをドン!と盛って来るから、操縦感覚を掴んでおかないと
遣い手の命すらも出刃包丁のエッジの上に乗せてしまうのだ。

片バンクだけで600cc。絶対的な排気量のキャパから来る器は
確かに大らかだけれど、スロットルを開ければヘラクレスっぷりが
あからさまに乗り手へ覚悟を問い掛けて来る。

「Hey、ファイティング・ポーズの支度は出来ているかい?」と。


HT_20180516201538752.jpg


リッターSSや最新ハイパーレプリカと違う意味で、財布の中身と
相談してタイヤのグレードをケチるような真似が出来ない猛獣。

例によってイイ加減缶ビールを開けた頃合いで電話を掛けて来た
ダイナ・ローライダー遣いの先輩・ヨッシー師は諭すのだった。

「コマンダーⅡかぁ。ミシュランらしくないけれど、正味のハナシで
まともなグリップを見せるのは、いいトコ2シーズンと思えよォ。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HQ_20180516201533c4a.jpg


きつねがスポーツスターを選んだ理由は「ハーレーだから」じゃない。

`70年代までで息絶えてしまった、速くて熱くて油臭くも野性的な
「鋼鉄のオートバイ」の面影を未だ色濃く宿していたから、だった。

そして昨日は、最期までファイティング・ポーズを守り続けて来た
「前世紀のスター」がまた一人、来世の旅路へ発った。





ブーツを履いてセルのスイッチを押したなら、いつだって勝負どき。

ハード・パンチャーな漢、HIDEKI。 アンタの雄姿、忘れやしないさ。

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い スポーツスター ツーリング

緊急テスト。

※ FC2のパスワード認証欄に障害の疑いがあるため、テスト投稿。
実験終了後に削除します。

うーん・・・自分の管理ページには入れて、ブログもこうやって
書いて投稿出来るのに・・・。
過去記事へ頂いたコメントのお返事を訂正しようとすると何故か
「パスワードが違います」って蹴られちゃうんだよなぁ。


FC_201803270650370e1.jpg


入力間違えた?CAPS LOCK掛けてた?半角小文字だよね?と
あれこれ試してもダメで、終いにゃパスワードそのものも変更を
掛けてみたんだけれども・・・やっぱりダメ。

以前(2~3年前)に比べたら頻発の度合いは減ったけれど、
FC2ってたまにこーいう気まぐれを起こすんだよなぁ
(もちろん「障害情報欄」に掲載されるのはしばらく後。溜息)。

ということで、対策の手を打てるか症状が落ち着くまでは
お返事を出来ないわけだけれども。
もし同じ現象に見舞われた方で対処方をも御存知の方が
いらっしゃったら、是非ともアドバイスを頂きたく思います。


EI_20180327064959cd4.jpg


いつになく長く手厳しい冬を越え、ようやくバイクを楽しめる
素敵な季節が到来したというのに。
幸せいっぱいな気持ちに満たされた初ライディングの歓びを
どんな風に書いたら伝えられるか、丸一日考えたのに。


こーいう事情で足を引っ張られるの、ホントたまんねェっす。
すんげーテンション下がるよ・・・勘弁して欲しいわマジで。

Isle of Man TT  ~憧れの向こうにある狂気~






前回のブログへくわさんより頂いたコメントにインスパイアを受けまして。

「クレイジーという価値観に対する自分にとってのお答え」と致しまして
この動画を載せてみました。


かつて万年B級ランカーに甘んじつつ「峠の山賊」の末席を汚し、毎週末
自分なりに強烈なギワギワのスリルに身を投じていた経験を以っても。


否、なまじスピード狂としてレベルの自覚と経験を得ているが故なのか。


何度眺めてもマン島TTの動画は「怖えよ怖えよ」と独り言ちつつ夢中で
リピートを繰り返してしまう。


バイクに乗らないフツーのヒトが目にしても、常軌を逸した画像だろう。
バイク経験者なら尚のこと、「なんでこんなレースが」と絶句するだろう。


だけど、飛ばし屋として己の限界がどこにあるのか探り試みた蛮勇の
過去を持つニンゲンなら、常識の枠をひとつ超えたところで悟らされる。


「コイツらは絶対に、スピードの悪魔と血の契りを結んでやがる!」と。


そうでなければ向こう側の見えない丘をスロットル開けたままではきっと
越えられない・・・ビビッて閉じれば超高速ウォブルが襲う向こう側へは。


マン島TTには代々、世界GPの王者すらお手上げのスペシャリストが
存在するのだそうな。

そりゃあそうだろう・・・長くても一周せいぜい20kmのサーキットを延々
周回し続けるライダーとは別な質のセンスが必要とされるのだから。





しかしまあ・・・欧州カワサキも、よくこんな冒険を委ねたモンだ・・・。


一瞬200を超えるデジタルのスピードメーター、実は「Km/h」ではなく
「MP/h」、つまりキロに1.6掛けのマイル仕様(!)だったそうな。


スーパーチャージャーの、理性を切り裂く甲高い雄叫びを聴いてくれ。


180km/hの壁を越えることが出来なかった凡人のきつねメは、ただただ
H2Rを御し切ったライダーの動体視力と反射神経、超人的な身体能力と
集中力に降参するばかり・・・マシンがモンスターなら、乗り手もオバケさ。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR