ファイティング・ポーズ。







受け取る側次第では、「説教ソング」にして「節を付けた独り言」。

でも帰宅を急ぐ黄昏時、けーたろーのスピーカーから流れて来た
この曲にはいささか、かつ、いろいろ、思うところがあった。


表舞台から去って行ったギター弾きが皆、必ずしも音楽嫌いに
なった訳じゃない。

ヒットが出ず引退したミュージシャンへ「負け組」の判を捺すのは
聴き手の勝手だが、そのヒトひとりの人生は当然そんなに軽くて
単純であるハズがないんだ。


HA_2018051620145223b.jpg



アイツの ファイティング・ポーズが 見えないのは 
 オマエが ファイティング・ポーズを とっていないからだ


 アイツの ファイティング・ポーズが 見えないのは
 オマエが ファイティング・ポーズを 知らないからだ



きつねはギターでドレミも弾けなかったために楽器に対し
挫折したダメなヤツなんだけれども。

音楽を愛するヒトの気持ちは、その対象を単車やクルマに
置き換えてみると、実はすんごくよく分かる気がする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HC_20180516201455660.jpg


これは既に20年も前の話なので「時効」とさせてもらうけれど。

当時きつねメが腕を研くべく足繁く毎週末通っていた峠には
通称「ウラさん」「カイチョー」と呼ばれる山賊コンビがいた。

カイチョーは伝家の宝刀として最終兵器たるRZV-500R(!)を
隠し持ってもいる、相応のセンスを秘めた仙人だったものの。
対するウラさんは「大型なんてコレしか所有歴がないよ」という
筋金入りのスポーツスター遣い。


HD_20180516201456a15.jpg

そのウラさんが、もう典型的なアメリカン・スタイルたる段付きの
キング&クイーン・シートにチョッパーライクな高いハンドルのまま
タイトなS字を切り返して攻めるスタイルに、きつねはヤラれた。

とにかく負けず嫌いで勝負を挑まれたらナリフリ構わない彼は
ラインに入る遥か手前から対向車線までフェイントを振り(!)、
分厚いシートの内側へ全てお尻を落として捻じ臥せるのだ。


HE_20180516201458808.jpg


その背中に漂う矜持と殺気たるや、常識に沿ったテクニックやら
自称理論派のノーガキなんかブッ飛ばすほど怖ろしいオーラで。

結局はSRX-4からゼファー750に乗り換えた後も振り切られた上、
腕利きの駆るモトグッツィ・ディトナも目前でヤッツけてしまった。

「こちとらココじゃあ十年来の常連!『たかがハーレー』とナメて
掛かって来た一見君には、自慢のルシファーで一撃くれてやる。」



HN_201805162015294d3.jpg


ゼニに任せれば迫力満点のカフェ・レーサーに仕立てられる事も
重々承知の上で、「あえて」そのための偽装がアメリカン・ルック。

おかげで長さが2/3まで擦り減ってしまった短いステップ・バーこそ
「スポスタ侍」「レプリカ殺し」の異名を取ったウラさんのプライド。

年季の入ったライダースの袖を捲って逞しい二の腕を見せながら
いつも豪快に笑う彼に憧れて、きつねは限定解除を取りに行った。


HK_20180516201506e3f.jpg


一台目のゼファー750を不慮の事故で失った末にSR500へ換えた時
ちょっと貸せよ、と一往復して戻ったウラさんが最初に発したひと言は

「これでNSRの向こうを張る気なら、ファントムに対峙するゼロ戦だ。」

いやソレを言うならアナタの愛機は、レシプロ双発の旧軍重戦闘機
「月光」に等しいじゃない(むしろ米国製故にP-38的だった?笑 )。


HI_20180516201504a8c.jpg


そんな経緯と実績を目の当たりにしているため、当時その峠では
「ハーレー=日和見のまったりツーリングバイク」という常識を誰も
持たず、むしろ「見た目と裏腹な刺客(ジョーカー)」と警戒された程
ヤバいマシンとして一目置かれる存在だった。


これは後にホットバイク・ジャパン誌の読者投稿欄でも他県の
バイカーから、「岩手にとんでもないスポーツスター乗りがいる」
「スポーティのスポーティたる所以を見せつけられました」
ってな
投稿が寄せられたことでも、レベルの高さが伺えるんだけれど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HP_20180516201532095.jpg


後に「アガリの一台」として購入の夢を叶えたウチのXL1200Sで、
当時のウラさんがどんだけ化け物じみた乗り手だったか、きつねは
思い知らされることになる。

とにかくサスが全然マトモに仕事をしてくれず終始リア荷重の酷い
アンダー・ステアで普通に寝ないし曲がらない、というシロモノ。


HS_20180516201536204.jpg


そこに「回転数を厭わず開けたらいつでも遠慮ないパッと出し」の
70psをドン!と盛って来るから、操縦感覚を掴んでおかないと
遣い手の命すらも出刃包丁のエッジの上に乗せてしまうのだ。

片バンクだけで600cc。絶対的な排気量のキャパから来る器は
確かに大らかだけれど、スロットルを開ければヘラクレスっぷりが
あからさまに乗り手へ覚悟を問い掛けて来る。

「Hey、ファイティング・ポーズの支度は出来ているかい?」と。


HT_20180516201538752.jpg


リッターSSや最新ハイパーレプリカと違う意味で、財布の中身と
相談してタイヤのグレードをケチるような真似が出来ない猛獣。

例によってイイ加減缶ビールを開けた頃合いで電話を掛けて来た
ダイナ・ローライダー遣いの先輩・ヨッシー師は諭すのだった。

「コマンダーⅡかぁ。ミシュランらしくないけれど、正味のハナシで
まともなグリップを見せるのは、いいトコ2シーズンと思えよォ。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


HQ_20180516201533c4a.jpg


きつねがスポーツスターを選んだ理由は「ハーレーだから」じゃない。

`70年代までで息絶えてしまった、速くて熱くて油臭くも野性的な
「鋼鉄のオートバイ」の面影を未だ色濃く宿していたから、だった。

そして昨日は、最期までファイティング・ポーズを守り続けて来た
「前世紀のスター」がまた一人、来世の旅路へ発った。





ブーツを履いてセルのスイッチを押したなら、いつだって勝負どき。

ハード・パンチャーな漢、HIDEKI。 アンタの雄姿、忘れやしないさ。
スポンサーサイト

テーマ : Harley-Davidon
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い スポーツスター ツーリング

緊急テスト。

※ FC2のパスワード認証欄に障害の疑いがあるため、テスト投稿。
実験終了後に削除します。

うーん・・・自分の管理ページには入れて、ブログもこうやって
書いて投稿出来るのに・・・。
過去記事へ頂いたコメントのお返事を訂正しようとすると何故か
「パスワードが違います」って蹴られちゃうんだよなぁ。


FC_201803270650370e1.jpg


入力間違えた?CAPS LOCK掛けてた?半角小文字だよね?と
あれこれ試してもダメで、終いにゃパスワードそのものも変更を
掛けてみたんだけれども・・・やっぱりダメ。

以前(2~3年前)に比べたら頻発の度合いは減ったけれど、
FC2ってたまにこーいう気まぐれを起こすんだよなぁ
(もちろん「障害情報欄」に掲載されるのはしばらく後。溜息)。

ということで、対策の手を打てるか症状が落ち着くまでは
お返事を出来ないわけだけれども。
もし同じ現象に見舞われた方で対処方をも御存知の方が
いらっしゃったら、是非ともアドバイスを頂きたく思います。


EI_20180327064959cd4.jpg


いつになく長く手厳しい冬を越え、ようやくバイクを楽しめる
素敵な季節が到来したというのに。
幸せいっぱいな気持ちに満たされた初ライディングの歓びを
どんな風に書いたら伝えられるか、丸一日考えたのに。


こーいう事情で足を引っ張られるの、ホントたまんねェっす。
すんげーテンション下がるよ・・・勘弁して欲しいわマジで。

Isle of Man TT  ~憧れの向こうにある狂気~






前回のブログへくわさんより頂いたコメントにインスパイアを受けまして。

「クレイジーという価値観に対する自分にとってのお答え」と致しまして
この動画を載せてみました。


かつて万年B級ランカーに甘んじつつ「峠の山賊」の末席を汚し、毎週末
自分なりに強烈なギワギワのスリルに身を投じていた経験を以っても。


否、なまじスピード狂としてレベルの自覚と経験を得ているが故なのか。


何度眺めてもマン島TTの動画は「怖えよ怖えよ」と独り言ちつつ夢中で
リピートを繰り返してしまう。


バイクに乗らないフツーのヒトが目にしても、常軌を逸した画像だろう。
バイク経験者なら尚のこと、「なんでこんなレースが」と絶句するだろう。


だけど、飛ばし屋として己の限界がどこにあるのか探り試みた蛮勇の
過去を持つニンゲンなら、常識の枠をひとつ超えたところで悟らされる。


「コイツらは絶対に、スピードの悪魔と血の契りを結んでやがる!」と。


そうでなければ向こう側の見えない丘をスロットル開けたままではきっと
越えられない・・・ビビッて閉じれば超高速ウォブルが襲う向こう側へは。


マン島TTには代々、世界GPの王者すらお手上げのスペシャリストが
存在するのだそうな。

そりゃあそうだろう・・・長くても一周せいぜい20kmのサーキットを延々
周回し続けるライダーとは別な質のセンスが必要とされるのだから。





しかしまあ・・・欧州カワサキも、よくこんな冒険を委ねたモンだ・・・。


一瞬200を超えるデジタルのスピードメーター、実は「Km/h」ではなく
「MP/h」、つまりキロに1.6掛けのマイル仕様(!)だったそうな。


スーパーチャージャーの、理性を切り裂く甲高い雄叫びを聴いてくれ。


180km/hの壁を越えることが出来なかった凡人のきつねメは、ただただ
H2Rを御し切ったライダーの動体視力と反射神経、超人的な身体能力と
集中力に降参するばかり・・・マシンがモンスターなら、乗り手もオバケさ。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

ユメノ ジドウシャ。 ~クマ師匠への私信~



※今日のブログの主題は「お手紙」なので、いつもと違う手法にて。


クマゴロウ師匠、いつもお世話様です。
昨晩は電話でのヨタ話に長々とお付き合い頂き、恐縮しております。

うっかりヤッつけちまった腰の方は、湿布と痛み止めが効いたのか
今は椅子に座ってキーボードを打てる程度に収まっております。

で・・・その「宝くじと現実の狭間のクルマ選び」という会話の中にて
きつねメが長く片想いしているスポーツカーの動画を載せておきたく
ブログを書いている次第なのです。





これが、若き日に霧雨そぼ降るホームコースをゼファー750で追った
DARE GINETTA G12。

いかに血気盛んな山賊時代とは言え、この時の追撃はトンビの矜持を
賭けての一騎打ちを狙ったものではなく。

どうしてもオーナーと話してみたかった、じっくり拝見したかったのです。

最終的にはコースにガスが掛かり、ズブ濡れの身体の凍えに負けて。

相模ナンバーを下げた我が憧れの白いG12は、雨に咳き込みむずかる
キャブをあやしながら、霧の彼方へと姿を消してしまったのですが・・・。





そしてこれも電話の中で話した「FRの方のジネッタ」、同社のG4です。

「古典的でコケティッシュな外観に騙される人も多いけど、中身は野獣。
FRPのガワを被せたスーパー・セヴン。優雅に流せるクルマじゃない。」

上記は、運良く助手席に乗せてもらったことのある知人の言葉です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もしクマさんの二輪所有歴で例えるなら、おそらくドゥカティ900SSとか
あのLC4を積んだKTM 640DUKEに匹敵する、獰猛で辛口なクルマ。

維持にしろドライビングにしろ、マシンの側から差し向かいの勝負を
常時挑まれるようなアブないシロモノなのだろう・・・けれど。

非の打ちどころが見つからない程美しく心を鷲掴みにするスタイルと
裏腹に抱き合わせた劇薬が招くエクスタシーは、良くご存じですよね。

しかし凄い話です。こんな野蛮なクルマを、少なくとも10年前にはまだ
新車で売っていた(!)のですから。


※ジネッタ社自体はレーシングカー・コンストラクターとして現在も
操業しているらしいのだけれど、創業者がG4とG12を再生産する為に
別建てで起こしたDARE社のその後は、自分もよく分からないのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして「こんな粗野なクルマじゃ、バイクと変わらないよ」ということで。

きつねメのロードスターをいたく気に入って下さったクマさんに向けて
もう一台プレゼン出来るドリーム・カーがあるとしたら・・・これかな。





東京R&Dにて企画設計し英国で作られているヴィーマックRDシリーズ。

今でこそGT選手権用のホモロゲ車という認識の方が強いようだけれど、
元々のコンセプトは「`60年代スポーツカーを今の技術で再現したい」
という意向から産まれたクルマ。

ちょっと間延びした感を強調するリア・フード上面以外、どこから見ても
綻びが見つからない、繊細で緻密な面構成とバランスには涙が出そう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メカの手触りが生々しく猛々しい代わりに乗り手にも相応の経験と気概を
求められるジネッタに対して、ホンダのVTECを積むヴィーマックの方は
有機的な雰囲気を少し削ぐ代償として洗練性とフレキシビリティを持った。

宝くじの当選額次第では「ガレージを増築して両方買っちまう」という
ある意味とてもズルい選択肢もあったりするんですが・・・(笑)。

超局地戦闘機に特化した猛獣ジネッタ、美しきGT足り得るヴィーマック。
仮に1~2000万ぐらいで叶えるとしたら、その選択には相当悩みそう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アルファT33


「今のランボやフェラーリが押し並べてソックリさんであるように
あの頃のレーシングスポーツだって似たり寄ったりじゃないか。」

そうですね・・・T33も250LMも、或いはポルシェの904/906系や
それらに範を求めたニッサンプリンスR380も、確かにシルエットは
皆よく似ているんです。

例えばレースに於けるレギュレーション、もしくは勝利への方程式が
常にそういう方向へと作用することは、たぶん誰にも否定出来ない。

ただ・・・時を経て輝きを増すことはあっても、決して陳腐化によって
この先の未来も色褪せることは無い・・・そういう本質的な美しさは
`70年前後に一度頂点に達し、完結してしまった気がするんです。


フェラーリ250LM


それは純粋にG4やG12の再生産を決断したウォークレット氏にしても
現代流のアプローチで攻めたヴィーマックのデザイナーさんにしても。

「スポーツカーに対する理想と美意識を商品化したよ」というカタチが
何よりも雄弁に物語ってくれているように感じるんですね。

どの時代でも、その時なりに「カッコいいクルマ」は存在するけれども。
しかしそれが「どの時代を跨いでも美しいクルマ」となると、極少ない。

二輪で言うなら、流行ったり廃れたりしつつも「カフェレーサー」という
カスタムが消えなかったのは、それがエバーグリーンである証し。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WN.jpg


紺ぎつね号に派手なウィングやオーバー・フェンダーを奢って人目を
引く代わりに、一点だけエノット・モンツァを模したフューエルリッドを
装着してある理由は・・・どんなに手を伸ばしても届かない`60sの
スーパースポーツへの、とてもささやかなオマージュなんです。

「その生まれ持った素性が顔とか物腰に出ている、嘘がつけない
スッピンの美人さん」。

クルマやバイクに対して求めるものを理想の女性像にも重ねていると
ヨメを貰い損ねてしまう・・・。

そんな身の程知らずなオスの典型なのかもしれません、きつねメは。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

ショートブログ・ライン 「クーペが聞こえる音楽」、その1






きつねが中学生だった頃だから、30年以上も前の話になるけれど。


この曲を初めて耳にしたのは忘れもしない今の季節、黄昏が迫る
「ほっかほっか亭」の店内で弁当の受け渡しを待っている時だった。


自分の記憶が正しければ・・・それは当時文化放送系AMラジオで
流れていた「真知子と歌おう」という番組内で、発売以前に流された
「次期新曲の初お披露目」じゃなかったのかな・・・と思う。


唯一のアッパーヒット「唇よ,熱く君を語れ」を除き、思春期のきつねが
彼女に対して抱いていた印象は「大人のアンニュイな翳りをしっとりと
纏う、マイナー・ナンバーなヒト」。


それだけにビートを伴う思い切ったアップテンポのこの曲を初めて耳に
した時の衝撃は、後々長く尾を引くことになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


二人暮らした部屋のテーブルに遺して来たものはエンゲージ・リング
ただひとつだけ。


・・・それが「2座クーペ」のイメージに重なるのだろうか・・・。



フェアレディZ




そぼ降る雨の首都高、シールド・ビームが裂き続ける深夜の闇。

あえてサイドウィンドゥを下げたまま大径で細身なステアリングを握り、
舞い込む風と目尻に滲む雫、未練を振り切るためにスロットルを踏む
長い髪の女性。


初めて耳にした夕暮れ、刹那きつねの脳裏を駆け抜けて行ったクルマは
2シーターの初代フェアレディZ・・・。

その時のイメージが鮮烈過ぎたためか、いま聴き直してもサンマルゼットの
テーマにしか思えないのね(笑)。



・・・うん、やっぱりドアが四枚とか五枚あっちゃ、この感じは出ないんだよ。

家財道具積んで家出しちゃあ絵にならない、潔さを望む覚悟が見えない。

思い出を振り切るために夜を徹して独り駆け抜ける、憂いを秘めた女。

だからこそ、イマドキな所帯くさいミニバンもエコカーも、似合わないんだ。



リフレインの手前、バンバーに吊るした黄色いマーシャルのフォグを灯し
霧雨止まぬ暁のベイエリア、鮮やかなサイド・ターンを決める相棒を一台
挙げるとしたら・・・。

ファルセットを用いずとも滑らかに歌い上げる彼女の歌声によく似合う、
伸びやかな吹け上がりの直6・L型を積んだS30Z以外に、ありえない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フェアレディZX



ちなみに、同年発表なはずなのに全くアレンジの違うアルバムVerとなると
デジタル色が強く、コンピューター制御のインジェクションな感じでも似合う。


ちょうど当時の現行機だったV6のZ31(通称「眠たい目のゼット」)であっても
絵になるセットアップが成されていて、目を閉じて聴き比べると興味深いもの。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんにしても昭和50年代中期~末期のJ-POPサウンドには、失われて久しい
「ロマンとクーペのかっこいい匂い」が色濃く、そのことを愛おしく思うこの頃。


この時期は音楽でもクルマでも洋の東西を問わず、これからもその輝きが
おそらく朽ちずに残るだろう、ストーリーと情緒や雰囲気を大切にした名作が
たくさん埋もれている黄金期でもあるから。


日々の出来事報告と並行して「音楽とマシンをリンクした夢想ショートブログ」も
上げてみたいなぁ・・・と考えている、`80s育ちの中年ぎつねなんでありますよ。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い フェアレディZ 昭和J-POP

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR