synchronicity。 ~非合法時代の悦楽~







きつねはカラオケ屋に備え付けられたようなタンバリンや
カスタネットしか、楽器を扱うセンスが無いんだけれど。


このバーサス・セッションのグルーヴ、知っている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あの頃・・・タイヤがワンシーズンも保たないほど狂っていた
199X年、秋・・・。


俺のゼファー750も、先輩「魚屋けんちゃん」のXJR1200と
たまたま全く同時期に同じGT501に履き替えていたから
演じられた、一世一代奇跡の大バトルだった。


但しそれは、「お互いの腕前を信頼し切っていたからこそ」
の名舞台だったんだけどね。


俺もけんちゃんも、大型4発を手にする以前の愛車は同じ
SRX-4(俺のは二本サス最終のⅢ、彼のはモノサスのⅣ)。

終点のT食堂でメットを脱いだ途端、二人共気が振れた様に
大笑いしながら力いっぱいの握手を交わした。


「アソコまでマジせめぎ合うとヤバいって!命惜しくないの?」


いかに新品とはいえツーリング用バイアスのアローマックスが
俺のもケンちゃんのも端まで奇妙なケロイドの表情となった。


「アンタら余程のバカかホモか・・・ヨレた鉄フレームの単車で
150越えて横並びのまま大橋抜けるキ印は初めて見たぜ。」



格下排気量とは言え、振り切られるまいと全力で追走した
自分自身、後方から迫った常連に呆れられるよりも前から
「それ」を分かっていた。


「お前がそう来るなら、俺はこのラインで振って行くぜ?」

「了解。ブレーキはココからココまででギア一ヶ落として
90辺りで入ってよ、ガバッと寝かせてクリップはアレな?」



二人揃って在籍していたツーリングクラブの女性から、ヨメを
もらうまで「常連中単気筒最速」と謳われたけんちゃん。

そして逆にヨメ貰い損ねたヤケクソで極上のSRXを手に入れ
その座を継いだのが、きつねだった。


「タイトコーナーでエンブレのシフトロックを使うところなんか
背格好がソックリなせいもあって、気味悪いほど似てる。」



時に大外から、或いは軽い車体を活かしインを差しながら
こちらをかわし抜き去る常連に、以前から指摘されていた。


「アイツならココで絶対こうやってこんな感じでココを攻める」。


この感覚を極めると100km/hOVERの領域でシンクロナイズド
スイミングの如きエモーションを得られる瞬間があるのだ。


あの時、確かにきつねは見た。ハイスピードのまま狭まる視界の
真ん中、けんちゃんの背中に寸分違わぬ「コンマ数秒未来を走る
幻の俺」の姿を。

10年以上にも渡った峠の山賊(但し認定枠B級)暮らしの中で
ソレと同じ体験を得る機会は、記憶するうち3回のみだと思う。


如何に25kmの区間を信号ナシで結ぶ岩手ならではのルートとは
言えど、その稚拙でささやかな経験の先に「感じ得る世界観」。


例え舞台がスポーツでも音楽でも、腕ッ利き同士の競り合うところ。

「その時その瞬間同じ目的のためにソコに立った奴にしか分からぬ
聖域の空気が張られる」
、ということ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


俺は誰かに胸を張れるようなゴリッパな人生とか褒められるような
お行儀の良さなんて、元来持ち合わせちゃあいないけれど。


突破者同士が人生と生命をギリギリまで競り合わせたヒリヒリな
瞬間の向こうに見てしまうエクスタシーの端に、少し触れた事が
ある・・・まあ、それだけのことさ。


スポーツに関しても音楽に関しても丸きり門外漢な、きつねメ。

でもだから、知ってる。「ゆるいぬるい一択」の人生では生涯
知り得ることのないだろう、「生き甲斐の究極」の世界観
を。


砥がれたナイフ・エッジの刃を渡るトキメキは一夜限りの相手との
セックスよりも、数等ヤバいシロモノだから。


アレは知らなきゃ知らない方が長生き出来るんじゃねーかと思うよ。
いちいちリスクにビビるようなネット情報頼りの御時勢だしさ。


俺は意識が何年も三途の川の向こうへトンだまんまベッドの上で
寿命を伸ばす行く末なんか望んでないから、世間の価値観なんて
よく知らないんだけれどもね。
スポンサーサイト

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い

ものおもい。





この作り手自身が歌うセルフ・カバーを初めて耳にしたのは、
積丹半島の付け根から小樽を目指して走るレンタカーの中。


愛車以外のクルマで独り旅をするのは初めてのことだった故
「ドライブのBGM」にまでは想いが至るはずも無く。

函館を出て以降聴いていたFMが遂に「NHK浪曲アワー」の
一択に絞られ耐え難くなった末、岩内町のGEOに駆け込み
慌てて数枚買い込んだCDのひとつが、彼のセルフ・ベスト。


きつねにとって`90年代はまんま20代にモロかぶりだから、当時
B-ingサウンドを支えた彼の作品は見事に外れナシのツボ。

その中でも連なるトレーラーの群れを追いながら左手に水平線を
眺め続けて聴いたこの曲には、ついつい風景が滲んでしまった。


発表当時は化粧品CMタイアップもあり毎日の様にTVから流れる
「誰もが知るヒット・ナンバー」だったけれど。

大黒摩季の手によるリリックは、明るく前向きなタイトルやサビの
言葉では想像もつかない、心臓をドツかれるほど切実で深いもの
だったことを、この時初めてきつねは知った。


根が不器用な純情では勝ち目のない恋、稚拙な経験で挑む賭けに
等しい駆け引き・・・そして招く、知れ切ったエピローグ。

夜通し泣き明かして迎えた朝、しかし赤く腫らした目で主人公は
空に向かい笑って見せるのだ、無理にでも。

報われない相手と知っていながら、真心を捧げずにいられない。

心のどこかに「打算の無い愛情を注ぎ続けたなら、いつか」と
願う本音までは、裏切ることが出来ないから。

恋心はそういうものと、きつねは知っている。胸の痛みと共に。



~咲き誇れ 愛おしさよ  新鮮な 笑顔で 飾ろう
輝いて 抱き締めて  濡れて光る 時代の 砂

咲き誇れ 愛おしさよ  艶やかな 強がりを 笑おう
心まで 演じきれない  蒼い瞳 汚れる前に~


好いたホレたな浮世の色恋沙汰には興味無ぇよ、ってか。

否、対象の視点を変えりゃあ旧式車のオーナーには皆
当てた左手の胸中に覚えがあるんじゃないか?と思うよ。


センセーショナルなデビューを飾り、世から「時代の寵児」と
チヤホヤされて有頂天の神輿に担がれたものが、しかし
「次のブーム」の到来と共にアッサリ見切られてしまう悲哀。


「コイツこそ本命」。「維持して行ける限り愛用したい宝物」。
「コツコツ直しながら共に歳を取る末永い付き合いこそ美徳」。

ところが、十年~二十年と月日が流れるにつれ部品の供給が
怪しくなって「産みの親からも見放されたか」と溜め息をつき。
そこに追い打ちを掛けるかのような「オールドタイマー増税」。


歯を食いしばり耐える。「馬鹿野郎、てめぇら俺のマシンと絆を
銭勘定で天秤に掛ける気か?『愛着』って言葉を何だと心得て
やがる!」と、秘かに毒づきながら。

時の砂という踏み絵に苦虫噛み潰し、絞られたガラスのフチに
貧しくささやかな両足踏ん張り、下の器へ落ちまいと粘るのだ。


単車乗りでなくとも誰もが知る人気者、「モンキー」の姉妹機
だったお陰でウチの`80年式ゴリラは死に絶えずに済んだ。

スポーツスターも同じく、XL1200S専用の部品に拘らなければ
おそらく日本からガソリンが尽きる日まで生き永らえるだろう。

対するNAロードスターや225時代のセローについてはマツダや
ヤマハの企業姿勢に対し、感謝と敬意を抱かざるを得ない。

もし供給が途絶えても社外の汎用品でどうにか出来るパーツを
除き、未だ「走る為に必要な重要部品」を作っているのだから。


両社の両車に対するスタンスには、実は共通する事項がある。

ロードスターミーティングやセローが集まる大規模イベントには
必ず開発企画に関わる社員が足を運んで耳を傾けているのだ。

通称「ユーノス」ことNAロードスターを延々維持する乗り手には
過去製品のどこに魅力を感じ、未来に何を望むのかを訊く。

ヤマハは「セロー」というブランドに対する強いこだわりを持ち、
故に225から250へチェンジした際に切り捨てたものが何なのか
ユーザーの声を重ねて誰よりも熟知している。


時を経るにつれ緊迫する一方の規制やコストとラインナップで
新たに造りたくても造れない栄光の軌跡を遺している持ち主へ
敬意と融通を取り計らってくれた「意気で粋なメーカー」なのだ。


~咲き誇れ 愛おしさよ  新鮮な 微笑で 泣こう
わたしには 「永遠の月」  世間には 「時代の砂粒」~


時代遅れな流行りの産物・・・と、笑いたければ笑えばいいさ。

だけどお手軽なネット検索では横顔にすら触れることの出来ぬ
「乗って暮らして初めて分かる魅力」、その輝きや個性を貴方は
一生知らずに終わるのだろう。

「オープンカーは屋根の無いクルマだと知っている」では不合格。

「実際に乗るとオープンカーって、多分忘れられない体験になる」。

そう語れる人は、もしかするとそこから車好き/バイク好きの世界に
踏み込むことになるかもしれない。

二次元のバーチャルでは、時に髪をかき乱す季節の風の匂いも
心を丸裸にして解き放つスリリングな加速音や横Gも得られない。


「付け焼刃の生半可な情報で知った気になって語ってくれるなよ」。

自分の愛機に対してそう感じているが故、逆に謙虚なことも思う。

「よく分からぬ車種や機種に対して、乗るまで語ってはいけない」と。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

旅人を迎える街へ、旅の支度を進めるために。







勤務シフト調整の関係でGW中にたまたま得た連休も今日が
最終日だというのに、どうにも天気が冴えず気分も晴れず・・・。

愛車たちは皆ガレージでスタンバイしているというのに、甚だ
もったいないダラグダな過ごし方をしているきつねです。

まさか馴染みの床屋さんまでお休みとは思わなんだ(嘆)。


ZA_20180504091326550.jpg


一昨日の勤務明けだけギリギリ雨が降らずに保ったものの
前日の職務がハード過ぎ、帰宅するなり酒飲んでダウン。

せっかく師匠・へーさんが御子息のNCリトラトップを借りて
訪ねて来て下さったのに・・・いやもうスミマセン。

「当然NAに比べたらキャラクターは全く違うけど、よく走るよ。
ロングを掛けるツアラーとしての資質を思えば、これもアリ。」


ZB_2018050409132821c.jpg


ともすれば価値感がピュアでスパルタンな方向へ傾きがちな
スポーツカーの世界だけれど。

お気に入りだからこそより遠くまで行きたくなるのも、ヒトの情。
NCはむしろGTとしての性格を伸ばしたクルマなんだと思う。

それでもコンバーチブル化された乗用車に比べたら操縦性は
別物、先のワインディングも楽しめるなら贅沢だよね。


ZC_201805040913297bf.jpg


下校中の小学女児から熱い視線を浴びる師匠を見送った後は
しばらくセローにねぐらを奪われていたけーたろーの洗車。

南昌山が雲の帽子をかぶり始めたら、そろそろ降雨の知らせ。
酔いもいい加減醒めたし、早いトコ仕上げてしまおう。

あ、いけねェ。買ったまんま忘れていた除草剤も撒かなくちゃ。


ZD_20180504091330ed7.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


開けた翌朝の様子は、昨日のブログ冒頭に記したような塩梅。
おかげで気分も目覚めた時点からドロップダウン。

そんな訳で午前にグダグダ記事を上げていた次第なんですが、
正午過ぎ辺りに窓の外へ目をやると・・・おお、止んでるよ。

そんな時にFMから流れてきた曲が、今日のTOPナンバー。
これは少々思いあぐねていたプロジェクト、発動の合図かな。


ZF_20180504091359bf4.jpg


ポケットにザックリ描いたスケジュールと財布を突っ込んで
ゾンビ自転車をカッ飛ばした先は我が街の玄関口、盛岡駅。

地下駐輪場にチャリを預けて歩道を行けば、すぐそれと分かる
たくさんの他所行き姿な人たち。

G/Wも後半戦初日、きつねの街へ降り立った彼ら・彼女らは
どんな理由で先にここ「盛岡」を選んでくれたのだろう。


ZG_20180504091400f31.jpg


県庁所在地で、ターミナル駅のロビーがいきなり産直なのは
多分ウチだけだよね。店員さんのアウェー感や如何に(笑)。

あ、いやいや俺さん、ニンジンとかミカンを買いに来たのでは
ありませんよ。

文字通り「極個人的プロジェクトへの切符」を段取りつけるべく
びゅうプラザ(行相談センター)を訪ねた次第であります。


ZH_201805040914020be.jpg


本職のヘルプで効率よく手配を掛けつつ予定を練るこの手法も
これで三回目のこと。

何をどう伝えるべきか、どんなオプションが付けられるのかも
既に把握している為、サクサク小一時間で勝負が着きました。

しかし職場の都合上仕方なかったとは言え、四日間の余暇で
あの行程は綱渡りの強行軍になるかもしれないなー(溜息)。


ZI_2018050409140451b.jpg


雲の絨毯が空を覆った雨上りの街、はしゃいで駆けて行く
若いカップルに心の中で良い道中を祈りながら。

彼らの瞳には、我がホームタウンはどんな風に映るだろう。
彼らの胸には、このでどんな「盛岡像」が根付くのだろう。

ふと、ジャーニー・マンの目で自分の住む街を眺めてみる
ひとときなのでありました。


ZJ_2018050409154987b.jpg


ホンドギツネがキタキツネの住む地へ海峡を越えるは、
タイトな旅程上いつだって全力疾走になってしまうけれど。

ただかすめて流れ行く景色と僅かな滞在の繰り返しでも、
各々の土地や街の印象はしっかり記憶に刻まれるもの。

ひとまず新幹線開通で2時間短縮された恩恵に甘えて、
北の果てへ至るシーンを堪能して来ようと思う次第です。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い 北海道 新幹線

果たして何が導いたものなのか・・・。~思案と葛藤の出会い~







またしても肌寒い雨に祟られた休日の午後、さすがにきつねメ
退屈なオヤスミを無為にやり過ごすことへ抵抗を覚えた訳で。


MA_20180407203011a78.jpg


ふと宇霊羅なる忘れかけたキーワードが脳裡に浮かんだため、
馴染みの食堂で期待を裏切らぬネギ味噌ラーメンと格闘しつつ
ちょっとばかりの遠出を企ててみたんだけれども。


MB_20180407203013c9c.jpg


昭和40年台前半には貧しい寒村揃いだった岩手じゃレアなはずの
高価な舶来トラクター、岩9ナンバーを下げたインターナショナルに
出会っていた時点で、この日は「何か」が取り憑いていたんだろう。


MC_201804072030144c3.jpg


友釣り漁の要領ではないけれど、こういう時は不思議なもので。
旅先へ向かう時に予兆的なものを見掛けることが、ままある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MJ_201804072030251bd.jpg


宇麗羅の里は現バイパス国道から一本逸れた旧街道筋にて
ひっそりと存在していた。

貴方がその読み仮名をストレートに解読出来ないのであれば、
「今回は御縁がない件なんだね」と巣通りで去って行けば良い。


MK_20180407203026c34.jpg


「通りすがりの兄やん、モノの値打ちが分かるヤツにだけ
アイツと対面出来る道筋が自然に開けるモンなんだよ。」


きつねの来訪を待っていたように止んだ雨上がりの商店街。
いやいや俺はただ、道中で綻んだ桜に導かれただけなのさ。


MF_2018040720301929d.jpg


複製品ではなく、長年の手入れで往時の建物が健在している。

それにしてもシブいよ。年に数回は通っているルートの外れに
いぶし銀のこんなストリートが残されていたとは、知らなかった。


MI_2018040720302393c.jpg


漆喰の白壁を持つ蔵はリニューアルで若返ることも出来るけれど
「崩れる三歩前」で踏ん張るリアリティを湛えた土蔵は、珍しい。

かつて盛岡市内で目に出来たのは、もう四半世紀前の事だから。


MH_2018040720302203d.jpg


通りに面した巾も奥行きもデカい旧様式建築の「あるある」好例。
視界に入った瞬間の佇まいから、きつねは商標を悟っていた。

我が街の「菊の司」や「あさ開」もコレに似た外観を保っている。
こんなケースは大抵、土着な老舗の造り酒屋さんなんだよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MN_2018040720304717a.jpg



最高気温が10℃に達しない人影まばらで中途半端な初
土曜日。

うっすら陽光が元気を取り戻してかすかに青空も見え始めた
その時、ふと得た視界にきつねのアンテナが振れてしまった。


MO_20180407203049bad.jpg


ほの暗い車庫の向こうに見える後ろ姿は、ワンテールのJ3?
否ステアリングが右側に無い・・・レフティの三菱ウィリスか?

しかし盛岡近郊で気に掛けている、かつて「岩1」ナンバーを
掲げていたナローのJ3とも何処かディティールが違っている。

しつこく道路沿いから眺めていると、傍目には完全な不審者。
こんな時には勇気をふり絞り、正面突破を試みるべきだろう。


MP_20180407203050ff6.jpg


「あら、ニイサンもあのテがお好き?存分に見て行って!」
そろそろ70代と思しきオカミサンは、笑顔で迎え入れてくれた。

「邪気を含まぬ純粋な心で接すると初対面でもこんな場面が」?

否、多分違う。ヒトならぬ何かがセットアップしてくれた必然だ。
そうでなければピンポイントでこんな案件に遭遇する筈もない。


MQ_20180407203052fb0.jpg


果たして乗り物半妖怪たるきつねが御対面した相手は・・・

もしやと?勘が働いた通り、当の三菱ジープの母体となった
本家のWWⅡ ウィリスMBだった。

残念ながらオーナーである旦那さんから直接詳細を訊く事は
叶わなかったけれど、大震災前年を最後に休眠しているとか。

戦前生まれの亡父が少年時代に見た「進駐軍のJEEP」を前に、
オカミサンはこうのたまったのだ。

「もし良かったらアンタ、このクルマを引き取る気はない?
ウチのダンナは目が衰えて、もう乗る事が出来ないのよ。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MS_201804072030555cf.jpg


一年ぶりに訪ねた砂浜、水平線を眺めながら友人に電話。

「成り行きは分かったけどソレは多分誰にも乗りこなせない。」

「だね、全段ノンシンクロのミッションは俺でも扱えないもの。」


熱意と幾許かの維持費が用意出来れば、まだ路上に還れる。
逆に言えば、精気が宿っている今のうちに活かすべきだ。

但し部品供給率こそ万全な反面、並みの旧車とは別の意味で
70年前(!)のJEEPはとても高いハードルを抱いているのだ。


MU_2018040720305861b.jpg


クルマを健康体に戻す事は出来ても、ソレを運転すること自体が
今となってはかなりの修行を要するかもしれない。

「真ん中のペダルがスロットルだった」という戦前期のダットサンの
変則レイアウトを思い浮かべるきつねメ。

JEEPには、強烈な思い出も思い入れも語り尽せないほどある。
決して嫌いじゃない、むしろ好きなクルマのTOP10に入る存在。

でも遺構級のウィリスとなると多分「クルマとして扱えないクルマ」
俺の許には引き取れない。もし魅力的な値を提示されたとしても。

テーマ : クルマ趣味って、いいね!
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い ウィリスMB JEEP wwⅡ 宇麗羅

気高きトゥエルヴの咆哮を聴け!







もう子供騙しな「フィルムの早回し」なんてトリックなんかに
たやすく騙される年齢でも時代でもないんだけどさ。


きつねは、「このオトが聴ける」だけで、全部許しちゃうんだ。


俺、(多分オーナーの好意によるファンサービスだったと思う)
国道の信号が青になった瞬間、上り勾配に向かいフル加速する
カウンタック・アニバーサリーを見送った事がある、一度だけ。

アレ、主翼持ってたらマヂで空を飛べるぜ。乗り手自身ムチ打ちに
なりそうな異次元的に無双の迫力、加速感・・・。

非日常的なスタイルとコマ落とし的なスピード、そこに伴う鳥肌
ゾワゾワ立つような獣の如きエキゾーストノートに、目眩がした。


WB_20180325201600446.jpg



そんなわけできつねメ、ときどき思うんだよなぁ・・・。

「たぶん丸々一台はジャンクでも一生買えないから、せめてあの
エンジンと音だけでも手許に欲しい!」って(笑)。

ウチの車庫に置いておけるガソリンの12気筒でおそらくいちばん
安いヤツとなると・・・或いはジャグワー用ダブルシックスかもね
(※完調を保つメンテ費用が大変なので直6より安いらしいのさ)。

ジブリアニメ「紅の豚」のワンシーン、フォルゴーレエンジン単体を
テストベンチで全開カマした時みたいに、ウチのガレージのトタンが
全部吹っ飛んだら、もう笑うに笑えない冗談なんだけれど・・・。


WA_20180325201559b73.jpg


バブル絶頂期のビートたけしは、ポルシェの異端児・959をポン!と
現金で買ったようだ・・・と、当時大いに噂になった。


でも彼は「自分でステアリング握るために買ったんじゃない」という。


トモダチや付き人にキーを放り投げて運転させ、「走っている姿」を
傍から眺めるためだけに購入したんだ、というリコメンドが残った。

いつでも好きな時にライヴで動く芸術作品、という捉え方なのかな。


去り行くカウンタックの姿を観た日、初めてその心情を理解出来た
ような気がしたものだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



WC_20180326062207f58.jpg


「スポーツカーのスポーツカー足り得る主要要素」は、結局のところ
スタイリングでもドライヴ・フィールでもサウンドという面でも「官能」


どんだけ工業製品として一級でも高精度でも、観るヒトや乗るヒトの
ココロが少しも動かなかったり震えなかったりしたら、そこで失格よ。


ソコを分かんない連中が「勤務先のオシゴトの一環」として作った
トップダウンな指示通りのクルマなんかにSOULが宿るはずもない。


始終「銭金で今期ナンボ儲かっていくらボーナス貰えるか」ばっかり
重役から末端の工員まで考えている会社じゃ、こんな無駄だらけで
トキメキ以外の存在意義がないシロモノなんか作んないでしょ?


キープ・セクシー・アンド・エモーション


それこそ日本の自動車会社が弱体化してしまった要素さね、実は。

テーマ : クルマ趣味って、いいね!
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR