fc2ブログ

恐山は怖くない。あなたの心さえ、惑っていなければ。 ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.5~

今日のTOPはシンプルに、「旅」を主題としたナンバーで(というか、ヴォヤージュの和訳を今更知った48才。笑)。この動画、快いドライヴ感に流されて何となく見ているとやっぱり何となく過ぎるんだけれど・・・。やや離れて眺めるとふたつ、面白い仕掛けがありました(ヒントは「レフティ」。ナベエさんなら分かるかな?)。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・では...

本州最北半島、絶景の宝庫の玄関口まで。 ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.4~

今日は一日中、ゆっくり優しく地面を湿らせ続けるような雨となったきつねの街・盛岡。モヤンと南風が入っていたせいか、職場の行き帰りで視界に入る人々の顔も総じて穏やかに緩んでいた気がします。そんな今宵に似合う一曲は?と動画サイトをウロウロしていたら心地良いドライヴィング・グルーヴを連想するナンバーが・・・。信号のないカントリー・ロードを流して行く様なアレンジが良くて、長くても飽きずに浸っていられる。そう...

シブヤのハロウィンがどうしたって? こちとら毎日曜がカーニボーなんだぜ? ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.3~

今日のTOPは「カモメが飛んだ日」一択のつもりだったけれど思いがけず懐かしい音に再会出来たので、こちらをチョイス。多分UP主さんはきつねメと同時期に熱心なFMリスナーだった方ではないかなぁ。というのもコレ、極短期間のジングルとしてしか流れなかった(市販版とは全くアレンジが違う)レア・バージョンなんです。作詞・作曲・歌唱の一つずつをどう吟味しても全てレベルがエキスパート・クラス、という凄まじい職人肌。あの...

超昭和旅館が呼び寄せる、八戸横丁サタデーナイト・フィーバー ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.2~

今回は今朝のFMから流れて来たナンバーにヒントを得て検索し拾ったものの中から、「あえて」粗削りなバージョンを選びました。クランク下端が激しくオイルパンの中をシェイクするグルーヴに「コレ単車なら大型ツイン、四輪なら直四ミドルのビートだろ?」と直感してくれるアナタは、きつねメと同類項の生き物かもね。繊細に緻密にフケて行く二輪のストレートフォアや四輪の六発じゃこのメリハリ効かせてパリッとしたノリは出て来な...

オープニングは、陸奥の蒼と種差の黄昏から。 ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.1~

昨日から絵に描いたような、見事な秋晴れが続いていますね。天気予報を覆す爽やかさに、ブログを上げた後はきつねメもカラス号を連れ出しちょいと近隣散歩に出掛けて参りました。それはそれで記事を一作UP出来そうな程ハッピーな時間を過ごせたわけですが・・・どーもスッキリしない、書けない。一週間前の「下北ひとり旅」を先に上げないと、直近のことを綴る気分になれないようなんでありますね。そんなわけでしばし、きつねの誰...