FC2ブログ

陽光の午後、単気筒の祝砲。 ~セロー、冬眠明けの日~

へーさんのロードスターからハードトップを降ろすお手伝いの後。春彼岸のお墓参りを済ませた午後は、陽光の誘惑に逆らえず。セローのバッテリーを繋いで、郊外へと飛び出した。身軽なコイツなら遣いッ走りのチョイ乗りも苦にならないけれど。でも市内のゴー・ストップだけじゃ、ただウンザリするばかりだ。裏道を伝いダルな流れを振り切って、牧野の丘を目指そうか。街を抜ける頃、渋くなっていたシフトがカチカチと節度を取り戻す...

28年落ちのMyセロー、今季ラスト・ランと冬眠と。 

盛岡市内では街まで紅葉がすっかり降り切った、今日この頃。いま窓から射している陽はそのうち陰る、という天気予報に「どーすっかなぁ」といささか行動を躊躇した休日の朝。ミニ・デッキのスイッチを入れるなりスピーカーから流れ出す軽やかな音階のダンスに、一つ一つ細胞が泡立ち始める。突然、動こう!と決めた。ジッとしていられない気分だった。この躍動感はクセになる・・・あとでCD、買って来なくては。・・・・・・・・・...

或るダート・ランナーの、白昼夢。

今回は「下北旅行シリーズ」をひと休みして、好きな曲を軸に。※なんせ昨年と丸々同じネタなモンで詰んでしまった(笑)。初めて聴いたハタチぐらいの時からどこかバイクっぽい匂いを嗅ぎ取りつつ、世界観が大き過ぎて理解出来なかったものの。最近動画で再会し、安酒片手に目をつぶって聴いていたら脳裏へ次々とイメージが湧き上がって来た、自然に。~ 国境を越えろ 自由を求めて 争いも憎しみもない 聖地 アルカディア ~...

だけど、だから、そして。  ~ 通り雨の午後、とてもささやかな奇跡 ~

今日はRainbowに因み、何かひとつ・・・と探したナンバーから。いや、いま聴き直してみても「鬼才の掛け算」だな、って思うよ。きみの微笑は青空の欠片、叶わぬ願いに虹を掛けて欲しい。元彼女から届いた結婚式の招待状、回想する青春の日々。こんなヘヴィなお題だからこそ、POPな方へ振った旋律を。ブルースやバラードだったら泣き言になりかねない主題を、誰の胸にも「そんなこともあるさね」ってサラリと聴かせる。これが、言葉...

鬱屈の日々に、手のひら返しの草原を・・・。 ~ささやかだけれど、確かな幸せ~

今日のTOPには、少し寝坊した時間帯のFMから流れて来るなりきつねの背を押してくれた、素敵な一曲を・・・。日も暮れて詞のついた動画を眺めると英語が読めない自分でも「コレはきっと必然の日だったんだな」って、改めて感じた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ヤッちまったなー」とアタマをかいたのは、アジトを出て30分も経ってから...