仙人の 住む森へ。


11 6/7 ご近所秘境 1



11 6/7 ご近所秘境 2


ふと気が向いて 仙人の住む山へ 遊びに行った。


「きつねはうそつき」って みんな言うけど ほんとだよ。


気まぐれ雨が やんだ午後 仙人のオジサンと 逢ったんだ。
 


11 6/7 ご近所秘境 3



11 6/7 ご近所秘境 4



「さくらます 還るころ またおいで。」って

仙人のオジサンは 笑ったけれど


今年もやっぱり お留守で がっかり。


仙人にだって 仕事はあるさ。 仕方ないね。



11 6/7 ご近所秘境 5



銀河鉄道が まだ成層圏の向こうに つながっていた頃。


人間にだって 魔法が 使えた。


誰かが積んだ 100年の あしあと。



11 6/7 ご近所秘境 9




11 6/7 ご近所秘境 8



11 6/7 ご近所秘境 11



FLOW。 流れる と いうこと。


なにが? 


みず くも とき ・・・いのち。

 
流れるべき ものは 流れつづけなければ。


ぼくらは あらゆる FLOWに もまれて


ただただ 泳ぐ サカナなんだろう。



11 6/7 ご近所秘境 12



「きつねはらっぱ なにして あそぶ?」

メリーゴーランドのよう ずっと記憶を 離れない フレーズ。


テモチブサタは やぼな 呪文さ。


ただ 風に吹かれるだけの ひととき。

ただそれだけのための ひととき。



11 6/7 ご近所秘境 13


11 6/7 ご近所秘境 14



夏至まで 秒読み いち に さん。


空が あかねに 染まるまえに


クラクション響く 街に 帰ろう。


「おいで おいで またおいで。」


微笑む 仙人のまなざし 背中に 感じて。






(S WONDER 「Over Joyed」)



スポンサーサイト
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR