青空は、貴重品。




彼らの、一貫して角が丸くアコースティックな音と等身大のメロディーが
そうさせるのだろうか。
きつねがセローを走らせている時、最も多く口づさんでいるのは
おそらくSPITZのナンバーなんじゃないかな。

数多い彼らの楽曲の中でも、この「愛の言葉」の詞に漂う気だるさとか。
予定調和の日常から、束の間抜け出そうとするイタズラな気分もまた
ノンキで気軽でどこへでも行ける(が、シートが酷くて長距離はムリ)
ウチの旧式セローには、よく似合う気がするのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


D_201508252148317cf.jpg



・・・さて、昨日の日記とは時間軸が数日ばかり、前後してしまうのだけれど。

お盆明け辺りから、8月とは思えぬ快適な涼しさの恩恵とバーターになって
本当にパッとしない曇天雨天の日々が、もう半月ほども続いていて。

「じゃあ最後に青空を眺めたのって、いつだったっけ?」・・・と思い起こせば、
それはちょうど月末の指定休に当たった、「6日前の給料日」だったはず。

速度計のオド・メーターが概ね実測なら、推定納車から12年を経ても未だに
「慣らし」が終わっていない(!)「蟷螂婦人」ことTY-Sの走行距離を増すべく
各種用足しのアシとして引っ張り出したのが、この日だったから。


A_2015082521475944f.jpg



でもホント今どきのトラ車は、「コミューター」としての機能が限りなく
ゼロに近いものなのね・・・市内をチョコチョコ20km程度乗っただけで、
けっこう疲れてしまいます。

自分がバイクに乗り出した`90年前後は、バイアルスやTY125辺りで
通勤したり山菜やキノコを採りに行くオヤジさんたちの姿を、案外
よく見かけたものなのだけれど・・・ねぇ。

同系エンジンのガスガス・ランドネなんかは「イイ線を突いてるなぁ」と
感じていたのに、最近なんと倒産の憂き目に遭ったらしいです(悲)。


O_20150825215010403.jpg



ハナシを戻して、その25日の午前。

イーハトーブ・トライアルの日程迫った忙しい中、「トライアル師匠」である
へーさんが、ステキなプレゼントを携えガレージを訪ねて下さいました。

「背丈が近いから、俺のお古で良かったら、練習用に使って!」

色味的に、おそらくへーさんが愛車・ファンティックを購入した頃に
購入したものなんだろうなぁ・・・ブレマ社のトライアル・パンツ。

俺がもう少し後の時代に型遅れ大特価で購入したスキーウェアも
蛍光色を多用していたから、このテイストはよく解かるのです。

うーん・・・お礼の品には、何を持って行けば喜んでもらえるのかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


用足しを済ませて自由になった午後は、散歩がてら郊外にある
軽自動車整備協会まで、セローでお出掛け。

・・・と言うのも、もうずいぶん前からクラックが入り始めていた
ナンバープレート、ここ数ヶ月で危機的な割れっぷりにまで
破損が育ってしまったから・・・なのです。


B_20150825214828e9d.jpg



「番号が変わっても構わなければ、その場で即更新可能」。
それは事前に分かっていたことだけれども、リクエストは
「元のナンバー表記のままで、新造をお願いします」と。

初代オーナーは次のオーナーの、職場での先輩だった。
その二代目オーナーは、きつねの職場での先輩、となって。
履歴がハッキリしている分、新車時の「1 岩手」ナンバーを
現行の「1 盛岡」に変更するのが忍びなくて・・・。

守れるものなら数日納期が掛かっても、元のと同じヤツを
付け続けたかったんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


G_201508252149247a7.jpg



「新しいナンバーに更新するまでは保たせよう」と、タイラップで
間に合わせの補強を加えた後に訪ねてみたのは、某河川敷。

午前中、きつねにブレマのパンツを届けてくれたへーさんが、
「これから練習に行く」と告げていた場所に、実は少しばかり
心当たりがあったのです。

「○○橋のたもとは、週末になると改造ジムニーやクロカン四輪、
オフロードバイクが集まって遊んでいるらしい」とは、以前から
時おり噂に聞いていたから。


H_201508252149256cd.jpg



「あの界隈は俺も結構散歩しているはずなんだけれど・・・」と
覚えのある辺りからもう少し、踏み込んでみると、ありました!

先日へーさんに連れて行ってもらったナイショのフィールドより
規模はずっと小さいけれど、その分、初心者にも取っ付きやすい
遊び場として面白そうなレイアウト!


J_20150825214928937.jpg



ええ、「場所確認のための偵察のみ」と割り切れば良かったものを
うっかりセローで出向いてしまったのが、運の尽き。

「ちょっとだけ、ちょっとだけ・・・」と味見しているうち、ついつい
水溜まりに入り込んでみたら・・・なんと予測より3倍も底が深くて
見事に失速→スタックの憂き目に遭わされてしまいました。

そう、二輪四輪の先達たちがヌタヌタの水底を掘り返していて
とんでもない水深になっていたんだね・・・迂闊でした(涙目)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


K_2015082521500487e.jpg




すっかり水没したトレッキング・シューズの冷たさに泣きつつ。

勤務先より帰宅途上と思しきヴィッツやフィットの運転席から、
泥まみれのセローとデニムに浴びせられるお嬢さんたちの
これまた冷ややかな視線にいたたまれない思いをしつつ、帰宅。


M_20150825215007a83.jpg



かつてないほど汚れ切ったマッドフルな愛車を洗いながら、
きつねはしみじみ決意するのでありました。

「全然お洒落じゃなくてもいい。ビギナー丸出しのチグハグな
コーディネートになっちゃってもいい。
せっかく師匠から練習用にパンツを頂いたもの、せめて早々に
トライアル・ブーツだけは、買ってしまおう。」


べリックのブーツ



アルパイン・スターが最高と分かっていても、今のきつねには
いきなりヨンマンエンも支払えるワケも無く。

通販ならその半額以下で買えるベリックを、とりあえず狙って
みてはいるのだけれど・・・さて、コレ、実際のところは果たして
どんな品質なのでしょう・・・やはり値段相応なのかなあ??
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

tag : スコルパTY-S125F セロー トライアル

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR