トライアルちょい練、ちょいっと継続中?






いやー・・・今さら書くまでもないけれど・・・ホント驚きましたな、福山さんの結婚。
芸能界にさほど関心のないきつねでも、一瞬耳を疑ったもの。
NHKニュースでもほぼTOP扱いだった程だから、日本中驚天動地だったと思う。

もちろん知り合いでも友達でもないけれど、「きっと良いヤツなんだろうだなぁ」と
ずっと思ってました。
ハタチの頃の遊び好きな悪い友達・Kちゃんと雰囲気がよく似ていたからかな。

話すと面白いけれどカッコ良くて、何をやってもサマになるから、よくモテて。
クレバーだけれど、その賢さをズルいことに使わない誠実さも持っていて。
ちゃらっとしているようでも感性豊かで、それ故に実は勉強家だったりもする。

だから老若男女に好かれる「輝き」があって、長くスターの座にいられるんだ。


上京する以前はRZに乗っていて、今もバイク好きらしい福山さん。
動画でのR69S(わー!)とシュタイプも意外に絵になっていて、楽しそう。
ストーリーもいろんな意味で「らしい」感じがよく出ています。


しかしご本人ももちろんだけれど・・・吹石嬢のプレッシャーたるや・・・
想像を絶する重圧だろうなぁ。

彼のファンであればこそ、彼が選んだ女性をも、思いやってあげて欲しい。
彼女へのバッシング炎上で傷つくのは、福山さんも同じなのだから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A_20150930080136240.jpg



さて「スーパームーンで自棄酒」タグが踊った夜、泊まり勤務だったきつね。

白さを増した朝の秋空の下を帰って来た身としては、ベッドに横になっても
なんだか上手に寝付けなくて。

カーテンの透き間から射す陽射しに誘われ、午後から蟷螂婦人とお出掛け。


B_20150930080137d23.jpg



単独練習で「師匠のフィールド」だと、万一のクラッシュが命取りになるから。
今日の遊び場は、例のジムニー広場。

平日のこの時間なら、まあ貸し切りだろうな・・・と思ったら、ビンゴ♪


C_20150930080138ee2.jpg



今回のテーマは「件の段差越え」と「フロントアップに慣れる」こと。

なにしろ考えてみれば購入後まだ500kmも走っていないから。
技術はさておき、まずはいっぱい乗って、スコルパとダートに
馴れたい、馴染みたい・・・というのがホンネ。


Dx.jpg



しかし不思議なことに、師匠の指導を受けながらトライした前回は
10回のうち4~5回しかキレイにクリア出来なかった段差なのに。

今回は10回アタックして9回まで、一度も足を着かずに登坂成功。

「極力アクセルを開けずにクリアせよ」という課題が難しかったから?
前回は少々地面が湿っていたから滑っていた?


E_201509300802270e3.jpg



写真を撮るために傍に寄ってみて、「ああ、なぁんだ!」と納得。

アハハ、なんのことはない・・・クロカンな皆さんの猛アタックを受けて
ご覧のように木の根っこがささくれて、グリップ上がってたのな(笑)。

ともあれ、ハンドルを引き上げるコツとタイミングがかなり掴めた実感。


E2.jpg



そんな成り行きに気を良くし、傍らの草むらに隠れていたヒルクライムの
ルートに挑戦してみたら・・・みたら・・・わあ、タイヤ噛まねェ・・・ズルッ。

少し下がってトライ、また少し下がってトライ・・・ズルズル・・・コテン。

実はこのルート、草に覆われていて気付かなかったんだけど。
上に向かうにつれて勾配もキツくなるというトラップが仕掛けてありました。


F_201509300802309e6.jpg



前回の教訓を生かしてレンズに脱落防止のテープを巻いたウインカー。
おかげで紛失は免れたけれど、今度はステーからモキッとモゲました。

なんか毎度ヤッつけるのが、決まって右後ろのウインカーなんだよなぁ。

配線はテープでハーネス巻きをしてあったので、ブラブラ状態でも断線せず
なんとか家まで保ってくれそう。


G_20150930080231f04.jpg



寝不足で勤務疲れも取れていないので、今日は一時間強のお遊びで撤収。
それでも「オンロードバイクの一時間」より、何倍もくたびれるけどね(笑)。

それにしても、なんて空気が澄んでいて、美味しいんだろう・・・!
川原の土手道をたどりブーンとのんびり走る帰り道も、気持ち良かった。


H_20150930080233785.jpg



帰宅後は「洗車」と「修理」のどちらを優先すべきか迷ったけれど
「まず直さないと走れない」ってことで、先にウインカー修理を。

KLXやXLR80の外装修理ですっかり慣れた、「半田ごて溶接」。

一度マスターすると「買い替え交換」「接着剤頼み」という選択が
視界から消えてしまうぐらい、簡単確実で丈夫に直ります。

ウインカーの修理でPP樹脂の厚板(カバンの底敷き用かな?)を
取り出したので、ついでに思いつきの小細工も施工してみました。


J_20150930080330eae.jpg



「コケてもフロントのウインカーが壊れないのは、ハンドルが先に
接地するおかげ」。

なら、リアウインカー回りにも「先に接地するもの」を追加すれば?
・・・ということで、ナンバープレートの取り付け台を幅広に作り替え。

普通のトライアル・ライダーなら逆にむしろフェンダーの巾に全てを
納める方向で行くんだろうけれど、スコルパでそれをやるとあんまり
カッコ良くない気がするんよね(←まだカッコ言うか。笑)。


I_201509300803296e2.jpg



なんとか日没頃に修理改善作業を終えられたので、さっそく洗車。
もちろん「北の師匠」から譲られたケルヒャーを活用します。

コンパクトモデルゆえ一撃で赤土の泥や草までは落ちないけれど、
例えばスイングアーム内側とタイヤの透き間の入り組んだ部分や
アンダーガードとエンジン下面の間を狙い撃ち出来るのが便利。


これは玄関先に備えて置いて、いつでも使えるようにしようっと!
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

tag : スコルパTY-S125F トライアル

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR