2X4で楽しむ春の日。 ~カフェレーサーとアルペンローダーの異種ランデブー~







今日のTOPには「異種コラボレート」と「爛漫の浮世を駆ける韋駄天」の
ダブル・ミーニングで、このナンバーを選びました。

お題は2X4・・・桜咲き誇る午後、あえて輪ッパの数が違う二機を揃えて
オープンエア・モータリングを試みる、という日記なんであります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そもそものキッカケは「北の師匠」ことクマさんが、ヴェルシス650を
ユーザー車検に持ち込むためにきつねの街を訪れる、という話から。

パニアケースを積むステー以外はフルノーマルの車両で既に光軸の
予備検も受けてある、との事だから不安要素はほぼゼロだけれど。

そこは「オッサンの春休み(別名・期間限定プータロー)」も終わりに
差し掛かったきつねメ、万が一に備えて工具を持参しお付き合いを。


UB_20170428072740eda.jpg


となればガレージから持ち出すのは自然とヨツワ、好天に恵まれた
この日ならもうロードスターの方で決まりです。

受けるラウンドは午後イチとなると・・・一発でクリア出来たならもう
その後のショート・ツーリングも約束されたようなもの。

実は想定したルートで最新の水冷ミドルとペースの合うマシンが
コレ以外手許に無い・・・という事情もあるんだけどね(笑)。


UE_20170428072744c39.jpg


「ポカポカなのかと思ったら、走ってみると案外風が冷たいね。」

陸事で待ち合わせた師匠、ヘルメットを脱いで笑うその背後には
ほのかな薄桃のソメイヨシノが出迎えています。

県境にほど近いクマさんの北の町では、まだ咲き始めかな?


UF_20170428072745a52.jpg


ここ数年で既に何度もユーザー車検の経験を積んで来ただけに、
段取りもまた慣れたもの。

首尾良くノントラブルでラインを通り、所要時間はトータル一時間少々
というところでしょうか。

「では日も長いことだし・・・N昌越えで湖まで流してみますか?」
「うん、ここからだとまあ概ねそのルートかな、って思ってた。」


UG_20170428072747053.jpg


特段、コーナーが奥まで巻いていたり折れたりするようなクセのない
穏やかな峠道。

コンパスで弧を描くように綺麗な師匠のフォーム、素直に寝て曲がる
ヴェルシスの特性を追走で眺めてから・・・テッペンで一服。

「実はトランクに、工具と一緒にメットと革ジャンも積んで来ました。」
「ハハハ、もちろんそのつもりで。じゃ、取り換えっこしよっか!」

今度はクマさん×ロードスター、きつねメ×ヴェルシスのコンビで
ここから麓の湖畔までのランデブーを楽しみます。


UJ_201704280727515f0.jpg


長い直線と中速コーナーが織り成す20キロ弱のワインディングを
お試しさせて頂いた、最新の水冷パラレル・ミドルツインですが。

なんというか、古式ゆかしい構成のバイクばかり所有する身には
なんとも不思議な乗り味のモデルでありました。

ヒョコッとシートもハンドルも高くオフロードバイク的に感じる視界に
表面積のデカいタンク、ビュロロロロ・・・と下から上まで淀みのない
力感を伴いつつ、ハイ・ギアリングで感覚以上に伸びて行くスピード。


UD_20170428072742279.jpg


「いやー、なんの気ナシにコーナーを曲がった後でメーターの数字が
目に入って驚くんですよ、『ええっ?そんなに出てたの!?』って。」

「カチッとしていて出来が良く、何も意識せず自然に操れるでしょ?
自己主張の強いウチのイタリア勢と比べて、本当にオールマイティ。」

「ただ、アシの動き始めがシブいのと路面の感覚が掴みにくくて・・・。
何回転・何キロでも走れて、巡行速度の落としどころが分からない。」

「これって多分、欧州向けのロング・アルペンローダーなんじゃない?
夫婦のタンデムで一気にアウトストラーダやアウトバーンを駆け抜け、
アルプス山脈を越えて他国の街を訪ねる・・・という使い方に向けた。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大柄なポジションに高荷重前提のサス、柔軟でパワフルなエンジンの
持ち味・・・「バイクを楽しむ旅」ではなく、「バイクで楽しむ旅行」の友。

昨今はスクランブラーと並んで、オンとオフを掛け合わせたような
「アドベンチャー」と呼ばれる大型車が人気を集めているけれど。

ロングツーリングを前提に欧米ライダーの体格に合わせたそれらは
標準的な日本人の体力には正直、些かオーバーサイズに見えます。

憧れのビッグ・マシンを手に入れてしばらく経った後、「取り回しとか
持て余す程のパワーがちょっと辛いなぁ」とジワジワ感じ始めた辺りに
ヴェルシスを試すと・・・たぶん「見えて来る存在感」があるのでは?

但しその優しい特性と裏腹に、リアタイヤの消耗が意外なほど早くて
驚かされるのだそうですが(フロントのようにケバ立つちょっと面白い
減り方をしていました。笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UH_20170428072748d51.jpg


平日で空いた湖畔のパーキングにて、少年のように地面に座って。

缶コーヒーを片手に談笑を繰り広げていると、気付けば春の空も
マンダリンの色味を増していました。

再びそれぞれの愛機に乗り換え、今度はきつね×ロードスターが
小岩井~滝沢ICまでのカントリーロードをエスコートします。

観光客のクルマもほぼ姿を消した黄昏、試乗で得たヴェルシスの
クルージング・スピードを勘案してペースを少し上げたのですが・・・。

師匠は650の二輪と互して走れるロードスターの「隠し持った爪」に、
些か目を剝いてしまった様子です(オトナ毛生えてなくてスミマセン)。


UI_20170428072750089.jpg


R4を北へと帰るクマさんに近日の再会を誓い、きつねは折り返して
のんびりと春小谷地~裏小岩井を経由してアジトへ戻りました。

朝から最後まで好天に恵まれた空の下、師匠と遊ぶ充実の一日。
気心知れた友人と過ごす時間は、何よりも心の栄養になりますね。


「次はゴールデンウィーク明けた辺りに、グラディウスを持って行くよ。
今度こそKTMの390RCとの乗り比べを実現させてみましょう。」

うわ・・・そっちの方が「口座の残高が賭かりかねない」という意味で
もうガチの異種格闘技じゃないっスか、クマさん・・・うーん、悩ましい!
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR