FC2ブログ

空梅雨はやちねランブリング紀行 「SIDE B」

リアルタイムで解散を知って以降、何年経ち何歳になってどの曲を聴いても、胸で「なにか」がチラリ・キラリと一瞬瞬き、秘かに疼く。そんな彼らの曲の中から、今夜はこのナンバーをTOPに。実は日本映画界指折りの鬼才、故・深作欣二監督もこの曲を愛し葬儀の会場でも流されていたそうです。きつね自身は彼ららしい荒削りな元アレンジの「1000」版の方が好きだけれど。ともあれタイプも世代も当然様々なれど、バイク乗りの心の中に...