FC2ブログ

千載一遇、或いは悪夢。 ~それは禁断の「たられば」~ 







本日のTOPには、時おり観ている「空自PVもの」からひとつ。


なんだろうね・・・"カッコいい"`興奮する`という平べったい
表現だけで済ませたくない何かが、胸の奥から湧いて来る。

他の乗り物にはない3Dのコントロールを、しかも音速域で。
「非現実的なとんでもない映像」は、しかし故にとても美しい。


飛行機には疎いきつねメだけれど、いつもひたすら感嘆の
溜め息しか出て来ないんでありますよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Qp_20171225192259d3c.jpg


さて、風邪の諸症状もほぼ治まり仕事には無事復帰したものの
しつこく微熱だけが引かない、というここ数日。

頂いた薬が切れてしまう為、築25年のアジトが軋む程の強風
吹き荒れる中を病院まで出向いて行った訳ですが。


Qm_201712251922544a9.jpg


やー、凄い。ダンパーを固めたけーたろーでも「地震か?」と
勘違いする揺られっぷりで、エンジンなんか過給掛かりっ放し。

おまけにハイビーム使えないレベル(視界が真っ白になる)で
終始横殴りの雪が襲い、風に冷やされた路面はテラッテラ。


Qn_20171225192256cd6.jpg


帰りがけに寄ったスーパーで15分ほど駐車していただけでも
窓なんかご覧の有り様・・・真冬の爆弾低気圧、恐るべし。

流石にこの状況の中、風邪っ引きの身で入庫前の雪落としなど
自殺行為なので、不本意ながらそのままアジトへ。


Qo_201712251922578d1.jpg


こんな時しみじみ思うんであります。「クルマって尊いな」と。

鉄の体躯と暖房設備でいかなる気象条件からも乗り手を守り、
最小限の体力と操作で目的地まで誘ってくれるんだものね。

市街地ですらコレなのだから、身体や判断能力が衰えた高齢に
至っても免許を返納出来ない農村部の爺ちゃんたちの心情を
いろいろ鑑みる日々なんでありますよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お天気話のツカミで長々と引っ張っちゃったけど、今回の主題は
TOP曲のタイトル「決断のエントランス」に引っ掛けて。

逆に今年、「エントランスの段階で決断し損ねた案件」なんか
ちょっと書いてみようかな、と思った次第。


EB_20171118190647a8b.jpg


お友達関連の皆さん御承知の通り三十路半ばを過ぎて以降の
きつねメは、「クルマもバイクも気に入ったヤツを長く乗る派」。

貧乏ゆえに愛着と執着を産む存在に対してしか身銭を切らず、
心に刺さるマシンが現れてもまず乗り換えに至らないのです。

しかしブログには上げなかったけれど今年の夏、危うく増車に
踏み切り掛けた「ヤバいヤツ」との出会いがありました。


Qj_20171225192250914.jpg


これは15年以上前、一台目のゼファー750を事故で失った後に
数年間愛用していた`88年式のSR500。

大型四発のパワフルな加速感や存在感が忘れられず、結局
年式も色も一台目と全く同じゼファーを購入するために渋々
下取りに出してしまったんだけれど。

所有3年強でオドメーターを2万㌔稼いだコイツは手放したことを
今でも後悔しているほど、相性の良いお気に入りでありました。

そんなきつねメの前に、ある日いきなり現れたのが「コレ」。


QA_2017122519223714c.jpg


海を眺めに東へ走らせていたスポーツスターのリアタイヤを
フルロックさせたほど、その異形はひと目で心を鷲掴み。

ドゥカティ・パニガーレからモトクロッサー、スーパーカブまで
何でも手を掛けちゃう異色のショップなので、たまにお邪魔する
お店なんだけれども。

「あー、いや、これは沿岸のお客さんから委託されたもの。
元はどこかのコンプリート車とかで、このまま車検通るよ。」

ここではあえて細かな説明は書かないけれど、見れば見る程
手の入れ方が凄まじいマジなロードゴーイング・レーサー。

これは、相当に走る。各部のセットアップがデタラメでない限り
間違いなく速い。強烈な蹴り出しを見せるだろう加速フィールを
想像するだけで、もうトキメキが止まらない。

エンジンもヨシムラのキットが丸々注ぎ込まれていたらしくて
クランクケース割ってみたらバランス取りの痕跡があったそう。


QB_20171225192238a7f.jpg


「本気で攻めたらどーなるか分かんないけど、この辺でサッと
試し乗りした限りでは不自然な癖も無く、マトモに乗れたよ」。

ヤバい。冷静に考えたら電装系の取り回しとか繋ぎ方とか色々
アラも散見出来るし、もうフレーム以外ほぼ別物のオバケだから。

きっと維持し始めたなら、悩みの尽きない厄介なシロモノだろう。

しかし理性と別なところで「ピンと来てしまう」魔性の存在感が
ハートをグラグラと揺さぶってしまうんでありますよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


貼られた正札の価格だってどう考えても改造パーツ代の総額より
安いだろうとしか思えない値段だったのに。

最終的には「あと3万ぐらいならオマケしても良いってよ」てな
提案まで頂いたものの、葛藤と躊躇が脳内で渦巻きまくる間に
初対面から僅か一週間でコイツは店頭から姿を消しました。

人生は一度きり。例え付き合いが短いものに終わったにしても
単車乗りとしていっぺんぐらいはあんな「魔改造SR」に乗るのも
悪くなかったんじゃないか・・・と、画像を眺めつつ夢想します。

でもリアルな話、薄給なきつねメの身ではもうこれ以上の台数は
抱えていけないし、引き換えにどれかを失うことも出来なかった。

即決で南東北へ旅立ったというアイツ、今はどうしてるのかなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


QE_2017122519224211d.jpg


実は「身請けを決断出来なかった案件」、もう一つあるのですが。

コレに関しても思い入れと思い出がたくさん湧いて来て、
書き始めると長いことになるので・・・。

また機会を改めて、UPしようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い ロードゴーイングレーサー ヤマハSR 魔改造

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR