2月の新年会は、山中秘かに。 ~ニュートラル・マインドの理由~







今日のTOPには、先日jinさんから頂いたコメントにちなんで懐かしい
`80年代YH社のCMソングから。


今でこそ衝突安全基準が煩い中でも変わらず低いボンネットとか
端正なボディライン、縦置きエンジンを頑なに守るBMWに対して
一目置いているけれど、以前はあまり好きなメーカーじゃなかった。

ただ、特異な経緯から生まれたM1と並んで何故か6シリーズだけ
別格的に好きだったのは、このCMの刷り込みのせいかもしれない。


しかし使用曲に関してはきつねメ、実はもう少し後の稲垣潤一版と
寺尾聰版しか覚えていないんだよね・・・何でだろう?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VA_2017021509130376d.jpg


さておき、日差しが日々強さを増すにつれて少しずつ寒さが緩む
今日この頃ですが。

先週末はお馴染み「北の師匠」クマさんのお誘いを受けまして、
毎年恒例の新年会へと出向いて参りました。

昨年までは隣り町の某キャビンを借り切っての開催でしたが、
今回は諸事情により県北某所の温泉宿へ舞台を移しての宴。


VB_2017021509130499d.jpg


「きっと盛岡はもうほとんど雪がないと思うけれど、県北地方は
しばらく冷えて荒れたから、移動時間には余裕を持って来てね。」
との連絡を事前に頂いていたものの、山向こうはホントすげー。

この雪の深さは、もしかすると西和賀方面とタメ張れるかも。

但し普段の倍の移動時間を見込んで出発したものの、ちょうど祝日に
当たったこともあってか交通量が少なく、R282の流れは順調そのもの。


VC_201702150913067cb.jpg


チェックインの時間に対してあまりにも早く到着しちゃったので・・・
界隈の県道や林道に探りを入れて、ちょっと遊んでしまいました。

この辺は春~秋にセローでウロウロするクセが抜けないからなのか。
はたまた腹下の高いけーたろーの走破性に好奇心が疼くからなのか。


VD_20170215091307c51.jpg


「おほー、エンジン付きのボブスレーみたい♪」とオトナ毛抜けたまま
はしゃいでいたら、久々にオイルが焼ける臭いを嗅いでしまったのは
ナイショということで・・・時期的にも、そろそろ交換しなくちゃだね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VF_20170215091310288.jpg


ちょっと背中に汗をかいたところでお宿のパーキングへ出向くと、
正にジャストタイミングでクマさんの愛機・サンバーS/Cと御対面。

「こっちの朝はここんとこ-10℃台連発だわ、連日春先みたいな
ボタボタ重い雪が降り積もるわ、酷いモンだよォ」と嘆くクマさん。

そうこうしているうちに陸奥湾界隈から遠路はるばるやって来た
いちごさんも到着し、御挨拶もそこそこにイソイソとお宿の中へ。


VG_20170215091312d60.jpg


暖房の利いた室温が屋根に載った分厚い雪を解かすため、か。
軒先から地面にまで届いている巨大な氷柱(つらら)が圧巻です。

「やー、こんなの盛岡界隈じゃしばらくお目に掛かったことないわ」
と独りごちつつ、差し当たって温泉へGO・・・露天こそ無いものの
とろみのある泉質で、肌の弱いきつねにも優しい良いお湯でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VH_20170215091313716.jpg


これまた彼方の県南からやって来た「秘宝館男子」くわさん一行や
お店を閉めてからフォレスターを駆り飛んで来たハンコさんを待ち
夕食の座敷へ。

・・・これねー、ホント写真に撮れば良かった・・・。
とにかく期せずしてメンバー全員から「おおっ!」と声が上がった程
料理が豪華で、すき焼きから刺身から山の幸まで何でもござれ。

「これならおつまみ、ナンも買って来なくて良かったね」(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VI_20170215091315aef.jpg


最初は忘年会としてスタートし、既に十回近く開催されている中では
かつて様々なゲストさんがいらっしゃって。
普段「身近な二輪のアニキ」としてお付き合い頂いているクマさんが
実は相当に広い交流と人脈を持つことに驚かされること度々でした。

新年会にスタイルを変えて開催時期が定まったこの頃、お馴染みの
メンバーが概ね決まって来た(仕事の関係で1月~2月が忙しいため
なかなか来られない、という方もいる)感があって。

それぞれ違う指向の二輪乗りながら、まったりと「アレってどうなの?」
「今年出るらしい○○、どんな感じなんだべ?」とかビールを重ねつつ
二輪よもやま話はあっち行ったりこっち行ったりしつつ夜も更けます。


cs90_bk.jpg


「税金上げられるわ手一杯だわで、そろそろ所有台数を絞らないと」
なんてクマさんと話しつつ、ホンダ旧車にめっぽう詳しい反面でKTMを
振り回すYさんの「CS90は今が狙い目かも?」なんて声には少しばかり
心が揺れる一幕も・・・いや買わないよ?もう増やせませんってば!

「CL90のシフトドラムを組めばパターンも簡単にリターンになるよ。」

だーかーらー・・・でも好きなんだよねぇ、実用車とスポーツモデルの
ギワギワなダサカッコ良さには、昔から心魅かれるものがあって。
ゴリラよりも少し高速巡行向きで、もうちょっと遠くへ散歩に行ける。

って、あれ?単に手元のXLR80をさっさと組めば済む話では?(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VJ_201702150913161f0.jpg


ウチの場合、昨年の新顔は地味で小さなZOOKだけという面もあって
さしてエキサイティングな話題を場に提供出来なかった訳ですが。

それは裏を返せば「自分の中の定番と方向性が落ち着いた」事とか
ストーブ・リーグの最中で気分的にもニュートラルな事とかが理由に
なっているんだと思います(ブログ更新の落ち方も、それ故かな)。


VM_20170215091321c42.jpg


皆さんと笑顔をかわし、白銀の八幡平ルートを使って独り戻る道々。

かつてのトキメキと引き換えに長年所有の道に腰が据わった経緯を
なんとなくもの思いしながら、アジトまでクルージング。

時流の中で空冷やキャブといったきつね好みのメカニズムは淘汰され。
販売台数減少に苦しみつつ環境対策に追われて仕方なく作った様な
高価な新型車か、あるいはアジア戦略車の国内販売しか出て来ない。

欧州はユーザーによるカスタマイズを否定する向きの法規が進む様で
こっち方面でもやっぱり息苦しい閉塞感が否めないわけで。


VL_2017021509131973b.jpg


バブル期を挟んで売れに売れた前後十年の機種の値上がり、残り香を
宿すモデルが生産中止に追い込まれた故の、昨今の最終型高騰祭り。

そして反目するように異様なほど盛り上がる、スーパーカブの人気。

過去を基準にするから愚痴ばかりになってしまうのは自分でも分かって
いるものの、やっぱり今の時流にはシックリ来ない、納得行かない。

裏を返してポジティブに考えれば、既に手持ちのお気に入りだけで十分
この先も楽しんで行ける、ということでもあるから。

それが「ニュートラル・マインド」という落とし込みに至っているのでしょう。
もちろん懐具合の薄ら寒さと感受性の鈍化も、否定はしないけれど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VO_20170215091324326.jpg


「華々しかった過去を振り返って嘆くより、今を楽しまなきゃ、さ。」

くわさんから渡された、セロー用のキャブレターセッティング・パーツ。

そう遠からず訪れるだろう予備エンジン乗せ換えの際に、ありがたく
活用させて頂きます・・・ありがとう、くわさん。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変お疲れ様でした。
楽しい時間はあっという間ですね。

宿は費用対効果を考えれば
とても良い内容だったのかな?と思います。


2輪・4輪ともどんどん残念な方向へ進んで行く
暗い未来(言い過ぎ?)は
見ないようにしている

自分の気持ち・・・抑えられません。

少なくとも4輪に関しては
運転すると言う感覚だけでも
まだまだアナログな部分を残そうとする
ヨーロッパを中心とした海外メーカーに
ばかり目が行きます。

何だろう?
広い目線で、、、
余裕を持った見方で、、、
過去を基礎から無くさない立ち位置で・・・
かな?
(あれもダメこれもダメの、消去法じゃないからかな?)

答えは出ないので、このくらいにしておきます(失礼)

さて自分の生活環境も大分変わってきたので
今年はゴリラツーやら
試乗会やら出来たら良いなぁ~と


またなあにかありましたら宜しくお願いしますね~

まずは確定申告終わったら
過去の2輪の再生に集中します・・・(笑)

クマさんへ。

幹事さんには毎年お世話になりっ放しで楽しませて頂き
・・・今回もご苦労様でした。
会場の雰囲気と食べ物は変わっても、いざ飲み始めると
和やかなムードは変わらず、という感じでしたね。

>2輪・4輪ともどんどん残念な方向へ進んで行く
正直、良くも悪くも「どうしようもないな」と感じます。
ユーザーの望みを分かっていながら、或いは自身が
作りたいものを分かっていながら、「環境規制の壁」の
方が先回りでドンドン高くなるので、その対策に手一杯。
電子制御や触媒と騒音対策に技術とコストを回していて
乗り味の面白味とかモアパワーに力を振り向ける余裕が
無いんだろうな・・・と。

コンピューター制御のドライブ・バイ・ワイアー化とか
クソ重くてフン詰まりのキャタライザーなんて正直な話
ユーザー・ファーストの装備じゃないんですよね。
なんでわざわざ性能や重量・フィールが悪化するものに
対して高い身銭切らなきゃいかんの?・・・という。
特に乗り手の高齢化が進む昨今は、地球に厳しくとも
軽くて速くて安く馴染み深い規制前車両の中古を選ぶ
傾向が高まるのも、無理のない話かと感じます。

なんぼ`80年代と現在の大卒の初任給の差を根拠に
価格設定されても、大卒正社員自体が大幅に減った
現在ではもはや全然説得力が無い。
23才の平均年収という土俵で価格を見直さない限り
買い手にとって適正な値段は出て来ないでしょう。
その線で考えたら「セローが50万円越えるなよ」とか
「400ccで70万とかふざけンな」というヤジが飛ぶのも
また無理からぬ話だわな、と感じる訳です。

数が捌けないのにコストアップの要素だけが上乗せ
されて行く・・・ホント負のスパイラルなんですよね、
今のバイク業界って。

割と最近になって外国ブランド車を見掛ける機会が
増えたのは、結果的に国内メーカー車との価格差が
かなり詰まって来たせいじゃないかな、と思います。
「どうせ安くはない買い物だし、多少背伸びしてでも
より個性的でキャラの立った外車を選ぼうか」と。
実際、クマさんや皆さんの御好意のお陰もあって
乗ってみて初めて「あー、これってこうなのか!」と
納得したところも大きかったですしね。

四輪に関しては、やっぱり文化の違いかなぁ・・・。
アッチはユーザーの目が肥えているんだと思います。
日本は作り手も乗り手も「雨風しのげて楽に移動さえ
出来ればいいや」と、どこかで安直に考えている。
三列目のシートとかスライドドアとかおまけナビとか
ぶっちゃけ基本性能とまるで関係ないどーでも良い
ところを盛って売るし、買い手もその辺のお得感に
釣られて買っているわけだし。

対して欧州はしつっこく粘って操縦の手触りを崩さず
残そうとしている。
アルプス越えてアウトバーンやアウトストラーダを
走る国の基準は、安直で済まされないんでしょうね。
日本で企画した欧州向けOEMは試作段階で相手先に
ことごとくダメ出しされるのが毎度のお約束だそうで。
裏返せば「日本ユーザーの車に対する意識の低さ」を
如実に物語っているんだろうな・・・と溜め息が出ます。

いずれにせよ、メーカーがご時勢に合わせて仕方なく
作った様な製品に対し魅力を感じないなら、こっちまで
「仕方なく」買う必要はない、と考えています。
乗ってみて心底面白いと思ったマシンにしかお金を
払わない。特に二輪は完全に趣味のものだから。
それが作り手に対する乗り手の適正なジャッジメント。

アジア製とは言え50万もする新車のVTRが国内生産で
40万切ってた35年前のVT-Fに負けてんじゃねーよ!と。
例え空気読めないユーザーの身勝手と言われよーが、
買わされる乗り手側はそう言い切って良いと思います。
世の足かせ嵌められても、性能が上回っていなかったら
おかしいですって・・・35年も経っているのだから。

さておき例え新車に面白さを求められなくても、我々の
手許にはそれぞれ既にお気に入りがあるわけですから
「自身のバイクライフにまで落胆する必要はない」、と。

今年も機を見て、いろいろ御一緒に愉しみましょうね。
お付き合いの程、よろしくお願い致します。

No title

こんにちは。

ベンリイ90もってますけど、サスをもう少し硬くしてやればちょい乗りの足としては
最高ですね。足付き性もいいし軽いし。

リターンシフトが確かに煩わしいのでなんとかしたいです。

歩き茄子さんへ。

「中身としてはまんまCD90と同じもの」、とは分かって
いるのですが・・・本当に細かなディティールが違うだけ
なのに、何故か微妙にカッコいいんです・・・CS90。

言うなれば、センスの良いカスタムを施されたペンリィ。

最低限に切り詰めてフレームを見せるサイドカバーとか
タイヤにきれいに沿って浅く円弧を描くフェンダー等が
効いて、さりげないスポーツ感を演出しているんですね。

十代の頃に、小さく四角いウインカーを持つ初期型が
馴染みのお店へ修理で入って来たことがありましたけど
「これで純正?!」と驚くほど元気の良い音がしますよ。

これはウチにいるZ50z-k1もそうで、ゴリラに組んである
ノーマルルックの中華社外マフラーよりもパリッと快活な
内燃機関然とした生々しい排気音を聴かせてくれます。

同時代(~`70年)のカワサキW1系やヤマハXS系の音が
「騒音規制って何ですか?」と言わんばかりの迫力に
満ちていることを思えば・・・察してもらえますか?

>リターンシフトが確かに煩わしい
おそらく「ロータリーシフトが・・・」の意とお察しします。

自分はシフトの操作を覚えたヤマハAT-1(当時既に
もちろん旧車。たまたまバイク屋さんにあった)から後
ずうっとリターンばかり所有して来たので、どうしても
ロータリーシフトに馴染めないんですよ。

一時手許にあったDAX70EXも存在感こそ気に入って
いたものの、結局乗り辛さがネックとなって手放して
しまいました・・・あれがもしリターンだったら、今でも
維持していたかもしれないけれど。

No title

車のほうもハチロクなんかは、ほとんど現状売りっぽいヤツですら結構な値段が
ついていますしね。
この手の車に乗ろうという人は、それなりに気概を持って接するでしょうけど、
万一若いコが漫画で見て憧れたなんてポンと買っても、ようは30年落ちの
テンロクでしかないので、結局面倒になって手放す・・って感じになりそうです。
かと言って、同名?の新車はオヂサンでもちょっと手が出せないほどの価格ですしね。

スーパーカブの人気も、ファッション的に「流行っているから」という空気なんでしょうかね。
本質的な部分以外に楽しみ方を見出すというのも、それはそれで一つなのでしょうが、
実際のところこういうのって一過性のブームで終わってしまいそうな気も・・。
ブームが去ったとき、乗りっぱなしでガタガタになった、やたらと飾り立てられたカブが
残るのみ・・というのも、ちょっと寂しい気もしますね。

琢麻呂さんへ。

>現状売りですら結構な値段のハチロク
もちろんAE86そのものは好きだし思い出もあるクルマ。
・・・ですが、別方向からのアプローチがここまで加熱して
しまうと、「それほどのモンかアレ?」と醒めますわな。
実際、マンガを鵜呑みにして大枚叩いたは良いものの
「全然走らない!」と嘆く青少年も多いらしいし(笑)。

あくまで「あの当時のクルマとしては元気がいい」んで
「アンダーパワーの車なのに乗り手の腕で勝ち残る」
面があのストーリーのウリだったってことを、どこかで
スッぽかして伝説だけが一人歩きしてるんですよね。

ただ・・・少し別な面から見ると琢麻呂さん仰せの通り
時流がエコとミニバンに流れてかれこれ二十年。
長く作られたエボとWRXだけを残して「走りを楽しめる
中古車」が市場からほぼ淘汰されてしまった・・・
(ちょっとハスに構えたクルマ好きが実はNBやNCの
中古がお買い得であることに気付いている程度?)。

なんとなくイメージしているスポーティーなカーライフは
あるものの、そこにハマるような手軽なクルマがない。
現状、そういう部分が過去のスポーティーカー相場を
押し上げている感は否めない気がしています。

スーパーカブに関しても、ある意味「ハチロク祭り」と
同じ空気を感じるんですよね・・・とりあえず流行ると
ちょっと良く見える、だからとりあえず乗っとけ、と
(・・・若い衆が言うところの「とりま感」か?)。

スーパーカブは良いものです。魅力も分かります。
でも元はホントただの実用車だよ?そんな老若男女
こぞってホレる存在なんか?本気で好きなんか?と
どうも人気が一極集中すると気持ち悪く感じてしまう。
カブのカスタムに大枚投じるのも否定はしないけど、
その総額を考えると125とか250のクラス、オフロード
に食指を伸ばす人がいても良いはずなのにな、と。

かつて街中にあれほど増殖した国産アメリカンや
ヤマハTW200の改造車は、ドコ行ったんでしょうね。
ソレが本気で好きだったのなら、今でも一定数は
生き残っていないとおかしいはずなんだけれども。

新年会お疲れ様でした♪

俺思うにダメでゴミなクソバイクは魅力あるよね。

個人的には900ニンジャ、セロー225、カブ系かな〜
クロスカブ乗り換えたけどやっぱり糞は糞でした♪

昔、86のGTVとAPEX乗ってけどEP82のほうが楽しかったな。

くわさんへ。

いやもう、ちゃんと思ったところを正直に言いましょうよ。
もはや表現が三回転トゥーループぐらいカマしていて
分かり辛過ぎますってば・・・(笑)。

実はクマさんとサシで話している時だと、しばしば
「このバイク、Sまだサンだったらクソ扱いするよね」
「あの単車は、くわさんに預けたらゴミ扱いでしょ?」
という本音トークが展開されております(爆笑)。
そーいう意味で「どんなにレアでもマイティはクズ」
という発言は「言うと思った。くわさんらしいなぁ」と。

そして逆説的に、乗り手次第で見方が百通りあるって
いう方が健全だと感じるんです、きつねとしては。
残存数がどんだけ少なく世間でレア扱いされていても
「俺にとってはゴミ。そんなの要らないよ。」っていう
見方も無い限り、評価はフェアにならないと思うから。

だから言うんです。「CBX400Fが100万超える正当な
理由なんか、どこにもある訳が無いだろう」、と。
自分は900ニンジャ、A7以降に限って好きですよ。
でも100万とか言われたらZZ-Rの方を買うけど(笑)。

個人の価値観なんて、所詮そんなモンですってば。
業者の作った祭りにわざわざ乗っかって相場高騰の
片棒を担ぐほど虚しく下らない行為はありませんから。

>EP82のほうが楽しかったな。
あー言っちゃった・・・(笑)。アレは飛び道具なのに。
雪道だったらデフ入ったハチロクの方が面白いけど。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR