FC2ブログ

アオハルのカケラを、ポケットに。








きつねはここ最近、カップヌードルのCM・「アオハルかよ」シリーズ
ある種の感銘を受けている。


誰もが知っているアニメのパラレル・ワールド、という設定は当然
受け手の賛否も真っ二つに割れる。

それは企画した時点で折り込んでいるはずの、勇気が要る素材。
僅か30秒という舞台の上、見る側の胸ぐらをグイッと掴む試みだ。

しかもコマーシャルという土俵で画もストーリーも、あのクオリティ。
きつねは素直に、感嘆したのだ・・・嗚呼、すげぇなあ・・・ってね。


TA_20170922064443e61.jpg


思春期の恋心を切り取った、ちくりと胸が疼く繊細な描写も響く。

持て余した切なさにいてもたっても居られず、「好き!」と想いを
ぶつける純粋さに、オッサンはたまらず目を潤ませてしまう。

過ごした月日と共に無意識に、日常の重しで巧みに封じた感受性。
その蓋を不意打ちで開けられたように、こみ上げる感情があるから。


TE_201709260652104ca.jpg


そんなわけでバックに流れる曲を改めて聴き直し、「ほおおっ」と。

パズルめいた散文詩的なワードの中に、変わらずフジワラくんの
誤魔化しなく刃を己に向け身を削った言葉が、散りばめられている。

いまのJ-POPでこれほど誠実な詞を書ける人は、相当稀有だろう。


TD_2017092606520901d.jpg


忘れたことにする・無かったことにする・見なかったことにする。

誰にも反論されない上辺のキレイゴトで完パケ出来ればオッケー。


彼はそんな自分へのウソと妥協が許せないのだ、怖い事だけれど。


TF_20170926065211b4e.jpg


制約の中でクリアになる本質、か。


「用足し」ではなく「走る事」を主題にして、ゴリラで出掛けた午後。

そこから、ああそうだよね、そうだったよ、と得心することもある。

きつねは何故オートバイを好きになったのか、好きで居続けるのか。


TG_20170926065212bc5.jpg


身の丈よりも向こうへは飛ぶことの出来ない、小さく儚いこの翼が
とつとつと語りふつふつと呼び起こす、「あの日の気持ち」。

距離、速度、馬力、ステイタス。否、欲しかったものは数字じゃない。

夢の中の出来事みたいにもっと曖昧で、もっと心の揺れる「何か」。


TC_2017092606520692a.jpg


止まれば転び、後戻りの術も持たず、雨にも風にも逆らえない。

そのくせ、他者の間に紛れれば疎んじられ、自分のペースでしか
走ることが出来ない。

生みの親たるメーカーから、はっきりサヨナラと告げられた存在で。
それどころかカテゴリーそのものが近く消えるかもしれない存在で。


TJ_20170926065217088.jpg


72ccの小さなゴリラは、どうにも縛りが多くて窮屈で不自由な乗り物。
しかしその歩幅と視点から、オートバイの本質を教えられる。

「実用性能を求めるなら、もっと大きいタイヤと90ccのキャパが欲しい」

「だから皆、もっとラクで安定感もある実用的なカブの方を選ぶのか」


TO_201709260654452f8.jpg


アタマの片隅をチラリとCS90ベースのカフェ・レーサーなんかが
駆け抜けて行ったりすることもあるけれど。

きつねは青臭い気分が首をもたげて来る都度、コイツでぷらぷらと
季節の匂いを拾うため、きっと四季の田舎道をまた目指すのだ。


街からガソリンスタンドが消えてなくなる、その頃までは・・・ね。


TK_201709260654390b7.jpg



ねぇ きっと 迷子のままでも 大丈夫 僕らはどこへでも
行けると思う

きみは知っていた ぼくも気付いていた 終わる魔法の中に
いたこと

掌の上の 動かない景色の中から ぼくらが ぼくを見ている



(BUMP OF CHICKEN 「記念撮影」より抜粋)
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ブログにコメント有難うございます。

初めまして、AZ-1とバイク所さんのスネ-クモ-タ-スのK-16キタノSに乗ってる工房関屋です。
ブログにコメント有難うございます、春に盛岡までAZ-1で出かけて来ました、イオンのいきなりステーキと福田パン屋に、また秋の、紅葉刈りに出かけようと思っています。


工房関屋さんへ。

ご訪問頂きありがとうございます。

えーとですね・・・実は入れさせて頂いたコメントの中で、
もう自ら穴掘って潜りたくなるクルマ好きとして恥ずかしい
大間違いがあった事に、一夜明けてから気付きまして。
カニ目ルックに改装されたベース車、カプチーノではなく
ビートだったんですね(←つまりカニチーノじゃない!)。

もー、どこ見てんだよ俺。いい加減なこと言うなよ俺(凹)。

AZ-1は新車発表会の時にディーラーに出向いてみたり、
たまたま出会ったオーナーの好意でマツダスピードVerを
お借りして鼻血出んばかりに興奮したりした思い出も。

おそらくその存在を知れば世界が瞠目せずにいられない
日本独自規格のマイクロ・スーパーカー。
ジムニーと並んで特異なスペシャルだと今も思います
(個人的に同列に並べたいのはフロンテ・クーペか)。

>スネ-クモ-タ-スのK-16キタノS
嗚呼またヤバいツボを突く・・・センス良いですねぇ。

福田パンを押さえた上で「いきなりステーキ」となると
既に冷麺/じゃじゃ麺の一見系はクリアされましたね?

↑という前提の元、ジモティとして猛プッシュするのは
①R46沿いにある「三千里」のカルビスープラーメン
https://tabelog.com/iwate/A0301/A030102/3000337/
②県道169号沿いにある「支所前食堂」のホルモン鍋
https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000651/

特に②はしばしば「何故B級グルメに参戦しない?出たら
絶対勝てるのに」と盛岡在住経験者の間で物議を醸す、
福田パンと肩を並べる程の秘かな名店です。

どちらも界隈には「攻めるも流すも気持ち良い岩手路」が
多々存在しますから、是非またいらっしゃって下さいね!
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR