FC2ブログ

バイクに乗れなかった、9月最後の週末に。 ~温泉と四輪と、時代錯誤な独り言~










今回のTOPは記事とあまり関係なく、単に「好きな曲」なんだけれど。

九月最後の休みがたまたま雨の日に当たったので、これ幸いと載せて
みました。


XC_20170929071851218.jpg


実はこのナンバーを知ったのは、平成になってしばらく後のこと。

特徴的な甘い声でFMから流れた瞬間に「彼女の若い頃の作品」と
察しがついたものの、しかし発売年がきつねメ小学一年の頃だとは。


XK_201709290719038f2.jpg


ふと横浜の外人墓地(いや行ったことないけどさ)脇を駆け上がる
810ブルーバードのタクシーと昭和の秋景色が脳裡に浮かびます。

亡父の趣味で当時散々聴かされたポール・モーリア・サウンドの
影が漂う編曲とドラマチックな転調もさることながら、詞が凄い。

主人公の想いが流れにつれ時間軸で移り変わって行く様子など
もう「詞」=「詩」というレベル。


XL_201709290719055e6.jpg


言葉のプロが「商品」じゃなく「作品」を作ろうと意識していること、
聴き手のこっちにもひしひしと伝わって来る完成度です。

コストの計算と戦いながらも「良いもの」を作ろうと努力していた
この頃のクルマやバイクの姿を重ねて思うのも、懐古趣味系と
自覚して久しいオッサンならではの感傷でありましょうか・・・。


XQ_20170929071940517.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


月イチ通院(前回の「半日潰し」に懲り診療開始一時間前!に行き
首尾良く一番乗り)を果した後に、燃えないゴミの処分へ出向いて。

「バイクに乗れない雨の日のバイク乗りあるある」的なダラダラを
回避するべく「昼飯調達経由・郊外温泉行き」へと流れを組みます。


DC_2017093018362114e.jpg


時あたかも最低気温連続一ケタ台の日々が続く最近の北東北故に
「天候次第では、こんな休日の過ごし方も増えるのかな?」と。

いや、「春~秋は単車で冬ならスノボ」という青春を長く送って来た
きつねメ、「普通のヒトの休日の過ごし方」を知らないのですよ。


DB_20170930183619418.jpg


えっ?20~30代前半はデート、40代以降は家事と家族サービス?

あー、だからか・・・時折り言われるんだよ、「たまに浮世離れして
いるみたいに見える、不思議なヒト」って・・・(※半妖怪ですけど)。

俺、「意中のオンナノコとの対面デート」って実は少し苦手なんです。
良くも悪くもテンション上がり過ぎ、半日しかバッテリー保たないんだ。

だから理想は「まずお互い意識せずトモダチ付き合いして行くうちに
親しくなる」関係だけれど、そもそも日常生活の枠の中に適合する
女子自体がいねーし(笑)。


DD_201709301836223cc.jpg


いや、異性のことや恋愛そのものはヒト並みかソレ以上に好きだよ?

でも、「好みのタイプにあった時しかフェロモン・スイッチが入らない」

「条件と好悪が合わなければ、最初から漂うオーラでソレが分かる」

「ハタから見れば良くも悪くもスゲェ分かりやすい、嘘をつけないヒト」

・・・なのだそうな。


DE_20170930183624dae.jpg



遠く近く雷鳴轟き稲光が走る露天風呂で、今後の身の振り方とか
コドクシやらハカジマイやらボンヤリと物騒な案件を考えていたら
突然に雲が切れまして・・・おお、いいねぇ。


DF_201709301836250e0.jpg


この程度の標高では紅葉こそ、まだまだ始まりの予兆ぐらいしか
感じないけれど。

それでも陽射しに照らされた網張~小岩井界隈の「西の森」は、
ドイツの秋を思わせる雰囲気が一杯に満ちておりました
(↑行ったことないだろ俺。笑)。


DG_201709301836277f4.jpg


横殴りな雨の後だけにオーブのような汚い斑紋が写り込んでいて
申し訳ないけれど、別に超常現象ではありませんよ。ごめんね。

「神社の鳥居サは大抵、太い縄を結んだものが掛けてあるえん?
あいづァ雷雲で、両脇の紙垂は稲光りのカタチ。雨乞いなのス。」

「はぁぁ・・・それじゃあ、もしかしたらお相撲さんの回しも・・・?」

「ン。相撲はまンつ国技である前に、神事だったワゲだがらなス。」


DH_2017093018362848c.jpg


関東から来たという観光客のオジサン相手にキノコ採りの話を振った
土地の御長老が露天風呂で披露していたウンチク、缶コーヒーを
片手にふと思い出してみたりする他愛ないひととき。


DI_2017093018363028e.jpg


肝心なキノコに関してはイントネーションが強い南部訛り全力全開の
解説だったから、あのオジサンがどこまで理解出来たかは謎だけどね。

メシ食い種にも影響せず損にも得にも化けない世間話ではあるものの
こーいう面白いことが聴けるから、旅も温泉も止められないんだよな。


DJ_201709301836318c0.jpg


長老が湯を背にした後で笑顔を向けられたきつね、バイクが大好きで
林道ランも大好物なことを告げると・・・彼は怪訝な表情を浮かべる。

「やっぱり通行禁止のロープやチェーンをかい潜って走るんですか?」

「いや、岩手の林道は私有地や相当の訳アリでない限り『通行禁止』の
処置を取られていないんです。ソレを守るためのモラルも高いですし。」


DK_201709301836334f6.jpg


野生の鹿やカモシカ、ツキノワグマに出会える喜びを出来るだけ普通の
ヒトにも分かるよう、面白く伝えたつもりだったのだけど・・・。

彼からは「良い趣味」という言葉を繰り返されただけで終わっちゃった。

そう言えばあのオジサン、長老に対してもマツタケやシイタケの採れ高と
価格相場の関係ばかり訊いてたっけ・・・まぁ世間なんてそんなモンか。


DL_20170930183634303.jpg


走るように飛ぶように迫る雨雲から逃げてたどり着く、最寄りのダム湖で
至福の一服を味わいながらも、気分はやっぱりイマイチさっぱりしない。

きつねのけーたろーだって足回りとハンドリングに影響するポイントは
外から見てカスタム臭がしないように地味にイジッてあるのだけれど。

ドライブも好きなハズなのに、快さの感触がどうにも物足りなかった。


XR_20170929071941b77.jpg


相棒がロードスターならもちろんもう少し違った気分を得られただろう、
とは思うけれど・・・やっぱり俺、もう「バイクのヒト」に傾いたようです。

なにしろ操縦する醍醐味や季節の空気をフルに得られる、という点で
比較のまな板に乗せられるのは、自転車と飛行機しかないのだから。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR