FC2ブログ

「覚悟を決めたらドンと行け!」 ・・・そして想定斜め上の展開に泣く日記~ 








今回はしばらく前にFMで聴いて以来、ずうっと耳残りしていた曲を。

今夕ちょっと思い出して詞を読んでみたら、「あ~・・・!」と溜息が。


それは世をどよめかせる程の逆流への挑戦でも何でもないんだが。

「結果ダメダメでも、『悩んで考え選んだ道筋』にもまた価値はある」
という意味で、背を押してもらえた気がしたのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



GA_201710091938283f8.jpg



ここんとこのブログでも触れている通り、何がどう作用したものか
「休日と言えば必ず曇天か雨」「開けた勤務日は高確率で好天」
という祟られ系ローテーションが続いているきつねメ。

カラリとした青空の下、ただ心行くまで愛車たちと快く過ごしたい。
望みはそれだけなのに願いなかなか叶わず、遂にキレました。


「ええい!モヤモヤしてないで、キメた時はドンと使っちまえ!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GB_20171009193829ed3.jpg


きつねメにとっての「やることは決めているのに引きずって来た」
夏休みの宿題的なお題の一つは、スポーツスターのタイヤ交換。

「齢を取るのに比例して月日の過ぎ方が加速度的になる」って
イヤなモンだねぇ・・・今のピレリ・ナイトドラゴンを履かせたのは
つい3年ぐらい前のつもりだったのに・・・。

サイドウォールに刻印された製造年月日を確認してビックリした。

フロントが2012、リアに至っては4911・・・。コレを噛ませたのって
実は東日本大震災の翌春だったんだ・・・。

先代のK300GPがナンボ寝かせても転ぶ気がしないグリップ感と
引き換えに消しゴムの如く見る見る減って行く様子に青ざめて、
「そこそこ寝るけど減らないヤツを」とリクエストした結果がコレ。


GC_20171009193831a71.jpg


しかし、装着直後から「ウォールのたわみ感」の手応えが全く無く
真夏にフルバンクしても端の顔が荒れないところから、もう素性を
察していた・・・「ウチのリジッドスポーツには合わないなぁ」と。


「考えてみれば前回、『車検の当たらない年に投資する』と決めて
タイヤ換えて、それから2回ユーザー車検をくぐっているものね。」

昨秋の今頃、馴染みのオカミサンに誘われてツーリングに出向く
アジトを出るなり予期せぬフルカウンター・ステアに冷や汗をかいた
嫌な記憶が蘇りつつ、久々に主治医のI間さんトコへ訪問。


GD_20171009193832d0f.jpg


っておいスゲーな、ナニゲに陸王そっくりな`50年代のパンヘッドか(奥)。


本当は「ダンロップ久々の新ツーリングバイアス」GT601を発注する
心積もりでいたのだけれど、何気なく訊いてしまったのが運の尽き。


ミシュラン・コマンダーⅡ?前後セットなら一万円近く安いですよ。」


メーカー的に各種規制その他諸々で重量を増した現行モデルを対象へ
据えたスコーチャー・シリーズに比べれば、逆に設計年次が古い分だけ
ウチのXL1200Sもターゲットに入れてもらえている気はするんだけど。


「評価安定度テッパンのコマンダー」とは言うものの、路面温度が低いと
乗り手を殺しかねなかったピレリよりはグリップしてくれるんだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年間に伸びるオドメーターの数字が1000km台、という状況に甘えて
相談し損ねて来た24ヶ月点検についてもメニューを決めて行きます。

ハーレーだけに特化しノウハウを積み重ねた主治医さんなだけに、
下手の横好きで万年シロウトなきつねメよりも的確な健康診断の
ジャッジメントを下してもらえるに違いありません。


長く愛用したかったら、こーいうトコをケチッちゃダメだよね・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「心中もうスケジュールが決まっている事項はパリッと確定しよう」
ということで、勢いを駆って「毎秋恒例・下北半島旅行」の宿も予約。


XZ_201710102035527f3.jpg


あえて月初め三連休や月末のマグロ大漁期とズラして有休申請を出し
高速代がウィークデイで高くつく月曜をわざと跨いた選択が功を奏して、
首尾良く「海峡荘」を電話一発予約!


ここ15年連続皆勤の下北マニアたるきつねメが猛プッシュするのは
「秋の大間・突端民宿の一夜」。

日の入りと日の出が一箇所で見られる上、日没後には海峡の向こうに
北海道南端の街明かりやイカ釣り船の漁火の隊列も眺められるんだ。

更にダメを推すなら暖房費と税込み一泊二食付き7500円で晩飯に
この凄まじい盛り付けを頂けるのだから、行かない手は無いハズ。


ZC_20171010214757428.jpg


※友人知人間で度々「屈指の大食い」と称されるきつねメであっても
完食後は御飯のお代わりはおろか500ccビールすら入る余地ナシ。


夕食をキッカケとして他の旅人との交流を望むヒトなら「海峡荘」を、
逆にストイックに独り旅を満喫するタイプには「マリンハウスくどう」を
推しておきます
(海峡荘=お座敷アグラ型式、MHくどう=イスとテーブルの食堂型式)。

どちらも運が良ければ同価格で超贅沢なオーシャン・ビューの部屋に
割り当てられるチャンスが望めるから、是非トライしてみて欲しいもの。


ZB_20171010222356a15.jpg


但し・・・どんなに空気が澄んでいるとしても、11~3月は勧めません。
下手すると本州最北端に数日閉じ込められて帰れなくなるから(真顔)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ケチケチ節約してここまで来たんだもの、決めたことならドンと行け」。

腰痛対策コルセットのベルクロをキリキリぎっちり締め上げたきつねメ。

たかだか千円二千円のところを、せこせこチビチビ女々しくケチるな!
・・・っと、自ら雄々しく月夜に向かってコンコン吠えた次第な訳ですが。


GE_20171009193834750.jpg


大枚出費確定後の崖っぷちなココに来て、まさかのアクシデント発生。


三年間喜怒哀楽を共にして来た愛機・ハイスピードエクシリムEX800が
長期保証の切れる極限まで修理を重ね続けた末、壮絶な液晶突然死。

そりゃあ愛車たちの修理記録を油まみれになっても記録し続けたりとか
セローでの過酷な林道日記を埃まみれになって撮り続けたりとかして、
年に二回も修理に出されていたら・・・コイツも天寿を全うするわな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GH_20171009193838fe6.jpg


ということで、フンドシ締め直して大漁旗掲げて残高スリ減らした挙句
「年イチ独り旅」の直前に買い替えを迫られたコンデジ更新に於ける
グダグダな顛末とソレに関わる「思うところ」に関しては、また次回にて
改めていろいろ愚痴ってみたいと思う次第なんでありますよ(謝罪)。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!
うわ~一度は行ってみたいと思っていた海峡荘だ!!
聞きしに勝る夕食のボリュームですね~
私もどちらかと言えば大食いですがこれは大満足間違いなしです。
そろそろ真面目に大間行き…考えないと…って思いました^^b

No title

いやあ・・・なんと奇遇な!
ウチのコンデジはSDが入っているのに「カードが入っていません」とのたまうようになりましてね・・・画像保存はスマホ頼りです(コンデジ買わなければ)。

さて、下北ならばやはり「とびない旅館」に行ってほしい!という願いはあります。
先日の「久保みねヒャダこじらせないと」の最終回にとびない氏がスタジオ出演しておりました。
やはり11月だと雪と気温が厳しいかなと思います。
海沿いの旅館や民宿の「これでもか!」的な料理の多さは驚きますね・・・しかも美味いし。

ああ・・・エッセもロドもタイヤが(汗


fourdoor0810さんへ。

やはりご存知でしたか、「海峡荘」。
以前の下北旅で出会ったツーリングライダーにも
「大間で一泊?じゃあくどう?海峡荘?」とズバリ
訊かれて驚いた記憶があります。

この二件の予約が取れずに他所へ泊まったことも
多々あるのですが、夕食の品数が上回る民宿は
無かったんじゃないかな・・・
(その分少しお安く泊まれたり、代わりにカニが
ドン!と丸々一匹付いたりしたことも)。

同県内で一泊の宿を取ることに抵抗があるのは
岩手でも同じなので、心境お察ししますが。
でも下北半島はある種「飛び地」に近い別世界。
思い切って二日掛けて旅する価値は十分あると
感じますよ。

そう言えば・・・このブログサイトに越してからは
「下北放浪レポ」を載せたことがないかも。
久々に書いてみようかなぁ。

ナベエさんへ。

>SDが入っているのに「カードが入っていません」
あらま・・・スロットか接点が減ってしまったかな?
ウチはいつもカメラにUSBコード直差しでPCへと
取り込むので、ソッチの端子からイカれそうです。

実は購入時に追加で支払って5年保証を掛けたの
ですが、なんと3年で修理費が補償限度OVER。

ただ、使い方が並外れて過酷で使用頻度も多分
フツーのユーザーの数倍じゃないかと思うので、
「エクシリムはヤワだ」とも言い切れないんです。

むしろここまで良く耐えたし、カシオもまた快く
修理を受けてくれたなあ、という印象です。

>とびない旅館
嗚呼、トビーッ!(←ジュリー!的なニュアンスで)

お会いしたいのも泊まりたい気持ちも山々ですが、
御本尊の発するハンパないカロリーを受け止める
こちらも、相応のエナジーがみなぎっていないと
かなーりヤッツケられそうな気がするので(笑)。

やっぱ「とびない旅館」に泊まる時は、それだけを
目的に据えて割り切って行かないと。

※みねひゃだ最終回、予約していた東京行きの
飛行機に乗り損ねたらしいですね。
流石自ら伝説を作る(或いは存在とか生き様が
そのまま伝説か?)漢、トビさんっぽいですな。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR