FC2ブログ

晩秋のこと、取りこぼし。 ~遅ればせながら、セローの冬眠日記~








今朝は本文を先に書き進めつつも、それに沿う曲が浮かばなくて。

逆に「この内容にはどんなTOPが似合うだろう?」とコーヒー傍らに
SPITZの動画を眺めていて「これは!」と思うものを見つけました。



~無慈悲な鏡 叩き割って そこに見つけた道 それは今も続いてる

膝をすりむいても 醒めたがらない 僕の妄想が 尽きるまで

それは今も続いてる 泥にまみれても~



SJ_20170921064707bea.jpg



音楽だったのか乗り物だったのか、彼らとは対象が違っただけ。

1987年、17才だったきつねはたぶん同じ感情をバイクに向けて。
そして今があるんだ、と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LC_201712101922022df.jpg



ところで、「趣味モノたちの冬眠シリーズ」の中で未だ一台
記事に上げていなかった車両がありまして。

リアルタイムな事を優先して書いていても残尿感的なナニか
(←齢のせいだとか言うな。笑)が拭えなくてね。

忘備録として、ここで書き残しておこうと思います。


LN_20171210192217f45.jpg


って言っても要はセロー冬眠メンテ記録なので、中身は
他の車両と大差ないです。

① 燃料満タンにしてフューエルワンのチョイ足し。
② オイル交換とエアクリーナーのお洗濯。
③ キャブ内のガソリンを燃やし切り、バッテリーを外す。


LP_2017121107223546a.jpg


後は磨いて各部に潤滑剤を塗り、チェーンの汚れを拭いて
タイヤのエアを少し多めに充填しておく・・・ぐらいかな。

コレっていつの作業だっけ?とファイルの記録を確認したら
ナベエさんと師匠へーさんの御対面があった翌日でした。

そっか、一か月近く前か。まだ最近の様な、もう随分前の様な。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LH_20171210192210e7f.jpg


ただひとつ、ヤラんで良いことヤラかしてしまいまして・・・
それがアンダーガードの固定ボルトをナメてしまったこと。

朝、起き掛けの思いつきで始めちゃったツケなんだよねぇ。

ラチェットの切り替えノブにうっかり触れたか、緩めるところを
締めちゃったんだなぁ。


LG_20171210192208901.jpg


趣味車相手にタップ使うのなんて、何年ぶりだろー(泣)。

オイル交換のたんびに着脱するので、既にボルトのネジ山も
弱っていたんでしょうね。

逝ったのが車体側のナットじゃなくて良かったよ、と安堵。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LD_20171210192204cf5.jpg


一連の作業で気掛かりになるのは、やはりオイルフィルター関連。

フィルターに着く「コナコナキラキラ」は毎度々々なので、塊感の
あるものや余程ヘンなものが引っ掛かっていない限りスルー。

予備エンジンがある今は、思い巡らす程のことじゃなくなりました。

しかーし・・・昨年フィルターに張り付いていた「謎の黒い帯」に
続き、今回はドレンのストレーナーに「謎のプラスチック片」が。


LE_20171210192205b9a.jpg


きつねメの容量少な目な脳ミソをクルクル掻き回し考えてみるに
やはりカムチェーンのスリッパーから出たカスじゃないのか、と。

去年は様子見、今年はガスケットの交換でテンショナーを外して
いるから・・・その際にスリッパーの位置が少しズレたのかな?

エンジンから目立った異音が聴こえる感じは無いから、たぶん
気にする程のことじゃないと思うけれど。

来期はテンショナーをいじらずに乗り、様子を見ようと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LJ_20171210192213d88.jpg


「ビミョーと言えばビミョーな点」はもうひとつ。はい、チェーンと
スプロケットの寿命です。

シフトリンク周りの給油ついでにカバーを外し、普段は見えない
フロントの減りを眺めたのだけれど・・・既に尖っていると思えば
尖っているし、まだイケると思えばイケそうな気もしてしまう。

頻繁に林道ランを楽しんでいれば傷みの進行も当然早いから、
「何キロ毎」「何年毎」みたいな目安が通用しないんだよね。

予算が手許にあるうちに、モノだけは一式手配しておこうかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LB_20171210192201e3d.jpg


過去のブログを遡っても昨年の記録が見つからず、果たして今季
どのぐらい走ったのか分からないけれど。

天候不順で乗る機会が少なかった割には一度引っ張り出せば
結構な距離を走っていた気がするので、結果たぶん例年並み。

マイレージを稼げるようになった理由は、昨冬に安本シートさん
再度仕立て直してもらったコレによるもの。


LO_20171210192219b63.jpg


硬めのスポンジを純正表皮が張れる限界まで盛って貰った上
お尻が乗る面は厚めで幅広めに・・・というワガママな要望へ
応えて頂いたお陰で、フォルムこそ少々不格好になったものの。

座ったままだと一時間走るのも苦痛だった劣化シートが今では
休憩込みの林道行きなら200km走れる乗り心地になりました
(これがどれ程の改善なのか、225セロー乗りなら分かるはず)。

尻の痛みや痺れについても効果は大きいけれど、170cmを超える
身長の乗り手なら股や膝の角度もラクになる恩恵が得られるから。

アンコ更新とハイシート化は利点が大きかった、と実感しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LM_2017121019221642c.jpg


来春早々には4万㌔を越えそうな、推定`90年式の我がセロー

「関東以西じゃ、カマ開けずに6万7万なんて個体もザラにあるから
そんなに神経質になることは無いよ」と励ましの声もある一方で。

山岳県土の住民としては、林道の果てで不意にエンジン逝ったら
怖ェよな・・・ともアタマの片隅で考え始めている今日この頃。


LA_201712101922003b6.jpg


そうでなくても自身の判断ミスで、今期三度もギリギリ脱出の
ピンチを招いてしまっているのですから・・・。

スペアエンジンの存在に甘えずライディングの都度、愛機の声や
危機の予感に、耳を澄ませなければいけない時期に来ている。

そのことだけは心に置いておいた方が、間違いなさそうです。


VO_201711122039576a7.jpg


今まで長く乗って来た大切な相棒ですもん。

共に過ごす時間はいつも愉しく快くありたいものだから、ね。
スポンサーサイト

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い セロー オイル交換 メンテナンス 冬支度 冬眠

コメントの投稿

非公開コメント

No title

プラスチック片は気になりますな
内部にあるプラスチック部品といえば、カムチェーンガイドくらい?
取り付け不良よりも経年劣化で剥離している可能性があるカモ
そろそろ交換を視野に入れておいたほうがイイかもしれませんな

まだまだ元気なようなので10マンキロを目指して走らせてあげましょう (^^)

ponkotuさんへ。

>プラスチック片は気になりますな
そうなんですよ・・・一昨年の冬眠作業時までは
見掛けることが無かった素材の欠片ですから。

昨年メイン・フィルターに引っ掛かっていたものは
繊維状だった為、「内部にハミ出ていた何処かの
ガスケットのカス」という言い訳で納得も出来た。

でも今回の欠片は明らかにナイロン樹脂です。

エンジン内構成パーツとしてこんな長さの物を産む
部品があるとしたら、やはりコスられて減る前提の
テンショナーのスリッパーしか考えつきません。

それこそ耐油/耐摩耗性に特化した素材なハズの
ドライブチェーン・スリッパーも数年前に崩壊した為
取り換えていますから(←現在は製廃らしい。泣)、
カムチェーンの方も劣化している可能性大きそう。

きつねメの使い途にフィットする代替機が既に市場に
無い以上、部品が出る内に手を打つべきでしょうね。
オーバーホールするとしたら予備エンジンの方かな。

>10万キロを目指して走らせてあげましょう(^^)
「目指す」というよりは「愛用し続けた結果に至った」
感じになるんじゃないか、と。

但し年間平均2000km程度しか走らせない個体なので
到達した頃には乗り手の方が80代になっているはず。
・・・その前にガソリンスタンドそのものが無くなって
いないことを祈るばかりなのですが・・・(笑)。

こんばんは

この度は私のBlogにコメントありがとうございました!m(*- -*)m
岩手ですともう本格的に冬眠の時期になるんですね・・・東北全体がそうなるんでしょうけど・・・・。
プラスチック片が少々気がかりですが、来年も元気に乗れるといいですね!


やはり長く乗ってくると愛着が湧きますよね。
僕も新しい愛機は今まで乗ってきたBarius-IIやZEPHYR1100よりも多くの距離を乗らなくては、と感じております。

Altriaさんへ。

いえいえ、こちらこそ・・・ようこそいらっしゃいました。

>岩手だともう本格的に冬眠の時期になるんですね
以前は「バイクを年間通してアシとして使えるのって
どこから南なんだろ?」と話題になることもありました。
仙台は天気が良い時の市内限定なら乗れるのかな。
岩手でも沿岸南部なら、冬でも乗れる日がありそう。

例年だと冬眠支度は11月下旬ぐらいに行うんですが
今年は10月末から早々に冷え込みましたからね・・・。
1~2週ほど前倒しした次第です。

>長く乗ってくると愛着が湧きますよね。
自分も35才ぐらいまで結構乗り換えていたんですよ。
10代からいろんな車種を体験して、今の体制がほぼ
アガリ・・・セローとスポーツスターの主力コンビで
10年以上経ちます。

友人からお借りしたり試乗車に乗ったりすると今でも
「ちょっとイイな」と思う機種も時々現れますし。
逆に昔から好意を抱いているのに良い御縁が無くて
憧れのままになっているものも何台かあります
(そうこうしているうちにとんでもないプレミアが付き
手が届かない雲の彼方へ行ってしまったモデルも)。

225のセローは、その自在さを知ると手放せなくなる
セカンドとして最良の一台。
特にほぼ全域山岳地帯の岩手では走るフィールドを
ベラボーに広げてくれる存在なので、もう尚のこと
「コイツのいないバイクライフは考えられない」程。

残念ながら250にチェンジして以降は方向性が少し
変わった事もあり、文字通り「かけがえのない愛車」。
延命し得る限り、共に暮らして行きたいバイクです。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR