FC2ブログ

最後に春支度を終えるのは、「四季の相棒」・けーたろー。







「いや、きつねくん・・・ついさっきFサンから電話があってさ。
緊急入院とかで代打が必要なんだわ。明日の泊まり勤務を
頼んでも大丈夫?翌日が非番で次も休みに変更するから。」

「そういう案件なら止む無し。お受けしますよ、BOSS。」



ということで(?)、突然降って湧いた勤務変更のやりとりを
交わしている最中に何故か脳裏へと流れて来たナンバーを
今回のTOPに据えてみました。


そりゃもうタイトルからして、我が心情そのまんまなんですが。


しかし予期せぬスキャンダルで消えざるを得なかったヒスブル、
いま聴き返してみるとつくづく「惜しいバンドだった」と思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IA_20180402200705fe2.jpg


カクカクしかじか的な事情でスクランブルの掛かったきつねメ。

24時間拘束勤務が明けた朝にはコンビニのスパゲティやお握りを
ガッツリ食い、オマケに寝酒呑んでベッドに潜り込んだ次第なんだ
けれども。


・・・あまりにの陽光が眩し過ぎて熟睡出来ないんよな・・・。


IB_201804022007061aa.jpg


そんな展開から致し方なく、もどかしく寝床を這い出たきつねメ。


その理由が黄砂か花粉かよく分からない黄色い埃を払うべく、
「生活の友」ことけーたろーを洗車することにした訳なんだけど。

起き掛けネットで眺めた天気予報に「この先一週間は氷点下な
最低気温も降雪の兆しも見られません」って伝えられちゃうと。


IC_20180402200708844.jpg


やはり季節の変わり目の好天下、せっかくの機会ともなれば
洗車だけで済ませられる気分じゃなくなるから・・・ね。

根性決めて腰にコルセットをキリキリ巻き、天井近くの高さで
都合4か月眠っていた夏タイヤを引っ張り出す事になりました。


ID_20180402200709056.jpg


ちなみに、ここから降ろすために四段ステップの脚立を立てた
「テッペンでの眺め」は、こんなにおっかない視点になります。


タイヤの重さに負けてついウッカリ手を滑らせると、これまた
従兄の形見であるMR50やトライアル用のスコルバ125に対し
取り返しのつかない悲劇をもたらすことは間違いありません。


ソレが分かっているんだったら、予めバイク除けとけよ、俺。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IE_20180402200711bc3.jpg


限られたスペースなのに成り行き上、可能な限りギュウギュウと
詰め込まれた車庫持ちマニアあるある環境で横着をコイたため。

怪しげなアブない腰つきで(←半妖怪だし)降ろす羽目になった
グッドイヤー同士の夏冬選手交代劇・・・。

せっかくのジャッキアップで車輪を着脱する際のアレやコレや
(「ホイールハウス内の錆とか傷みの進行チェック」「ドラシャや
ステアシャフトに付随するゴムブーツ/ブッシュの異常確認」)
秋毎度のネタですから、今回は割愛しまして。


IG_20180402200714510.jpg


ホイール単体として贔屓なのは、スタッドレスに噛ませてある
ミニライトの方なんだけれど。

「全体のまとまり」という視点で眺めれば細身の5本スポークを
選んだコレも、野暮ったい上屋のマスを軽く見せる効果アリ。

「大人っぽくて悪くないよね」って、中年ぎつねメは思うんです。


IF_201804022007131d1.jpg


午後遅くの作業でも黄昏の時間に達してなお暖かかったので、
今回は外した冬タイヤ一式も軽ーく洗剤で洗っておきました。

「一本だけ妙に内側がアブラギッシュだなぁ?」と疑ったのは
振り返れば、「デフオイルが漏れていたのでシールガスケットを
交換しておきました」
と伝えられていた、左リアに履いたホイール
なんでありますよ。

車検整備を請け負ってくれた主治医のNさんから引き取った後の
僅か一ヶ月少々で、また新たなトラブルを発生していたら・・・と
一瞬イヤな汗が額を伝ったものの、理由が分かればひと安心。


IJ_201804022007194e8.jpg


それはさておき、あらためて製造年週の刻印を確かめてみると
2013年の夏・・・あれからもう5シーズンも使っていたのか。


初詣のおみくじで「大吉」を引いた僅か30分後、路肩の積雪へ
隠れた縁石に気付かず当ててバーストを喫した元旦の思い出。

かじかむ手で応急タイヤに履き替え、慌てて1/1に営業している
最寄りのタイヤ量販店を探し駆け込んだ、忘れられないお正月。

あの時のドタバタを共に過ごした親友アッシは、その夏に結婚。


東京・お台場の披露宴へ出向いて、もう5年も経つ事になるのか。


IH_20180402200715054.jpg


そうそう・・・冬季用のスノー・ワイパーも忘れず、夏用の
ブレードに交換しておきました。

切れ味は未だ鈍っていなかったハズだけど・・・はてさて?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


JA_201804022007202e1.jpg


眠い目をこすってノンビリだらだら洗車とかタイヤ交換を済ませ、
体力も気力も尽きたところで安酒引っ掛け、「非番の日」を終了。

おかげで翌朝は、割と早い時間に満充電状態でパチリと起床。

好天を「コレ幸い」とばかりに早速、前日交換仕立てな夏タイヤの
フィールを楽しむべく片道50km程のドライブへと出向きました。

いや、同径で溝の深いスタッドレスに比べると重さは感じるけれど。
静かにコロコロ転がる感触や確かな手応えは、好ましく愉しいね。


JB_20180402200721507.jpg


ちなみに・・・陽光照らす県道を滑るように南下して行く我が
けーたろーのラゲッジには、こんな居候が寝ぼけていました。

そう、冬の間はちゃっかりきつねの寝ぐらで壁にもたれていた
ミニベロのブルーノ号も、年度末のこの日が冬眠明けです。


今年最初のチャリンコ散歩、コレはコレでまた書き始めると
長い展開になるから・・・今回はこの辺で切り上げましょうか。
スポンサーサイト

テーマ : クルマ趣味って、いいね!
ジャンル : 車・バイク

tag : Kei もの思い タイヤ交換 盛岡 冬眠明け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR