FC2ブログ

きっと、Just Time To Fly







本当に幸せで心を満たされ、言葉で表現する術が見つからない、

もう何も言うことが、書くことが出来ない・・・そんな一日も、ある。



GB_201805130539521c1.jpg



GO_20180513054031e81.jpg



こんな日があるから・・・バイクは、オフロード・ライディングは

一度ハマると止められない。



GP_20180513054032d3e.jpg



GW.jpg



嗚呼、俺の住むところは、理想郷(イーハトーヴォ)なんだ。

野を駆けるきつねの胸は、陽の森と若葉の匂いで、一杯だ。


GX.jpg



GZ.jpg



何故バイクが好きなのか。何故乗らずにいられないのか。

貴方の心がくすんだ日々に迷った時は、岩手においで。



GT.jpg



GY.jpg



なにもない? うん、なにもないよ。 でも、なんかあるよ。

それは、あなたが見つけるもの。あなたが、感じるもの。



GE_2018051305395710b.jpg



GH_2018051305400118b.jpg



5月。それは生命の息吹が一斉に花開く、パラダイス・シーズン。

陽光に呼ばれたなら、行こう。理由なんか要らない、何ひとつも。




スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

tag : セロー 岩手 林道ラン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>うん、なにもないよ。 でも、なんかあるよ。
まさにこの言葉に尽きると思いますね。
飽きるどころか、いまだ知ることのほうが多いですし、おそらく一生かかっても味わいつくせない。
そんな気が最近はしています。

琢磨呂さんヘ。

「日頃から文章を考えて書く癖をつけておきたい」
とか「表現力を磨きたい」という目的を主題に置き
ブログを続けているのですが。

ここ2ヶ月ぐらい「空白を作らずたくさん書く」試みを
続けた後、こんな素敵な林道RUNの日に当たって。
画像を加工しながらどう表現しようか考えたものの
・・・結局お手上げになってしまいました。

Happyを文章へ置き換えるって、難しいんですね。
どんな言葉を連ねても文字だけが空回りしてしまう。

50歳間近になっても、未だ童心に帰って新鮮に
ときめく瞬間が味わえる・・・ホント懐が深いです、
バイクで楽しむ岩手は。

余計なものはなにもなくて
癒されるワクワクがいっぱいあるね(*´꒳`*)

そういう環境って実はとても贅沢。
空も空気も緑も水も「透明」でキラキラしてて「おいしい」です。

No title

ただいまー!遅レスでごめんなさい!
宿題だった「道北制覇の旅」を無事ヤッツけて
ホンドギツネの下町へ帰って参りましたっっ!

>余計なものは何もなく癒されるワクワクが一杯
なんかねー・・・その筋をたどって行くと結局
キタキツネ・アイランドへと渡った理由って
「岩手ベクトルの、更にその先にあるもの」を
求めたからかな・・・って気がしています。

各々のエリアにソコならではの気性や民度が
生まれるのは必然みたいな面もあるんだけど、
自分は「棲む」風土で感性が「澄む」ような場所を
探しているように思えるんです。

北海道は本州の8県分ぐらいの広さがあるから
「道南」「道東」「道北」と雑把に分けて旅しても
住むヒトの気質とかムードがそれぞれ違う。
それはレンタカーで外周を巡るだけの旅でも、
交通の流れや景色ですごく良く掴めるもの。

逆に俺の住む盛岡や岩手って、ある意味で
「北海道のチョロQ版」みたいな感じかも、と。

二輪やスポーツカーに乗れる時期が北海道より
長い上に、日帰りの範疇でも凝縮された四季の
恵みを受け取れる我が県土って、案外と贅沢な
気もするのです。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR