FC2ブログ

非生産的な独身おっさん狐による、半リサイクル的な活動日誌。







「いま 最高潮に きみが欲しい」 「アンタは 要らない」



こんばんは、生産性の無い怠けぎつねでございます。

いや、たまんねェっすよ。洒落ンなんないぐらいシビれるわ。
「生産性の無いカップルに払ってやる税金は無駄」だってよ。


こちとらココ数年、タバコと旧式のクルマとバイクの税金を
デタラメな暴利で毟り取られてヒーコラ言ってんだけどねー。


GE_2018080221214147b.jpg


本気で結婚や子育ての敷居下げる努力をしていない様な
政権が、どのクチでモノ言ってんだよっつうハナシっスよ?


ヒト一倍女子大好きでスケベなのに(ええ狐は獣ですから)
家畜呼ばわりされたんじゃ、そりゃヨメ貰う気も萎えるわな。

アラフィフで「これから子育て」とか只でさえハードル高ェのに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FA_2018080221151647e.jpg


さて少し前に「何故かレンズが溶けたルーカス・テール」
案件に触れましたが・・・。

脳ミソ許容量控えめなきつねメが考察するに、理由は二つ。


① リアカウルとの干渉を避けるスポンジが厚過ぎ、常時接触。

各ウインカーの位置決めとアース配線の取り方に悩んだ後で
ドタバタ組んじゃったから、疲れて配慮に欠けていたなぁ俺。


FM_201808022116007c7.jpg


② 実はリアブレーキ・スイッチの戻りが悪かった。


これねー・・・ノーマル・ステップのままなら問題無かったのに。

BEETのバック・ステップはペダルからスイッチまでの連動上で
ロッドの取り回しに無理があるんだろう・・・と思います。


FN_20180802211602ce8.jpg


要は、「一旦ブレーキ踏むとスイッチが引かれっ放しになる」
「ペダルは戻っているのにブレーキランプが点灯したまま」

本来はテールランプ常時5W点灯/ブレーキ作動時18W点灯の
W球なのに、「両方共点きっ放しになっている時間が長かった」


FY.jpg


トラブルの理由は理解出来ても、無事だった「あの日」には
もう二度と帰れない・・・ということで発売元のACTIVEに
直接電話を掛けて問い合わせたところ。

「レンズのみの補修部品供給は設定しておりません」と、
つれないお返事。


FB_201808022115178da.jpg


与党某議員からは「生産性の無い獣」とジャッジ喰らったのに
何故か余計な税金まで請求されている不条理なきつねメ。

こちとらバブル崩壊もリーマンショックも勤め先の閉鎖も
転職も婚約破棄も乗り越え生き延びたサバイバーだぜ?


負けん気の再生産性だけは、しつこく逞しく抱いているのさ。


FD_201808022115201cf.jpg


キット価格の安さに魅かれてさえいなければ、レンズのみでも
供給してくれるタケガワ製とかキタコ製を選ぶ手もあったのに。

もうなんだかんだと悔しいので格安のプラリペ〇的な物体とか
百均から購入して来たアクリル絵の具でどうにかしましょう。

・・・ってかコレ、面白い!あと十回ぐらい直せる量もあるし!


FF_2018080221152350a.jpg


幸いなことに溶け落ちたのはレンズの上面だけなので、例え
出来上がりが不細工でもテールカウルの下に全部隠れます。

激しい雨とか洗車の時に、中身まで浸水しなきゃオッケーさ
「だったら防水/耐熱性シーラントで良くなかった?」とか
言わないよ絶対~♪←実は自分も後で気付いた。笑 )。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FH_20180802211526145.jpg


冗談半分のノリでいじくり回していたらマジで不細工な出来に
仕上がって、ヤスリ掛けながら泣くんだ僕は(@村〇春樹調)。

お願いさベイベー 俺を見て笑って  その顔を見たくて 
俺は ボロボロになる
 ・・・そうですテールレンズもろともな。


FI_20180802211527c7a.jpg


さて「きつねを巡るルーカスの物語」には、更なる考察を。

これは他社製品と横並びに比較したこと自体が無いので、
あくまで愚かな獣による勘繰りにしか過ぎないのですが。

12V 18/5Wという明るさでこのサイズのダブル球となると
量販店はおろか自動車部品商ですらも在庫していない、
相当特殊な電球
なんであります(←故に通販で買った)。


FJ_2018080221152947f.jpg


実を言うとこの辺りって「二輪界ではメジャーな手法なのに
マイナーな事情」
という意外な落とし穴を抱え込んでいたりも
するんです。

というのも過去にスポーツスターのカスタム・ウインカー球で
全く同じ思いを経験したことがあるから、なんですが・・・。


FZ.jpg


試しに検索してみると、改造好きなマニアの間では既に
「ルーカスのレンズは溶ける」という定説が
成立してしまっている程のトラブル率みたい。

ここで穴掘り属性アニマルなきつねメが掘り下げて考えるに、
「あえてACTIVEは特注扱いの小径ダブル球を採用する事で
レンズとのクリアランスを確保」
「だからレンズにも補修品の
取り扱いが無い」

という方程式も脳裏へ浮かんで来るワケですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FP_2018080221160532f.jpg


そんな理屈をコチャコチャ考えながらスマホ越しに頭を下げて
宅配屋さんヘ再配達をお願いしていた、休日の午後。

テールランプを修理したついでに不自然な角度のペダルや
レバー類を、「きつね仕様」にそれぞれ調整して行って。

更に「ついでのついで」で伸びてしまったチェーンも張り直し。


FQ_20180802211606458.jpg


「リアブレーキをどんだけ踏んだら点灯し、どんだけつま先を
放したら気持ち良くブレーキランプが消えるのか」
って一点を
ラジペン片手にしつこく追及していたら、意識が遠のきました。

この時期は職務の関係上、数分だけなら45℃クラスの室温も
しばしば体験するきつねメなんですけど・・・。


FR_201808022116080f6.jpg


Yahoo!予報で紫色の「危険 今日は涼しい室内で」という
表記を見たのは、おそらくネット人生16年中の初記録です。

屋久島界隈をノロノロウロウロ彷徨っていた台風のタービン、
口径どんだけデカかったんか・・・?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FV.jpg


加齢的な汗臭いTシャツで車庫に居続けると絶命しそうなので。

エアコンの効いたリビングに戻って、永く愛用して来たヘルメット、
ヤマハゼニスYJ-5とブラックキャット便で届けて頂いたRAZZO 
X-AIRⅢのお手入れなんかに傾注します。


FL_2018080221155908b.jpg


ゼニスの内装は外せるだけ外し、洗濯用洗剤とシャンプーの
混合液にしばらく浸けた後から念入りに揉み洗い。

日当たりの良い二階に洗濯バサミでつまんで干しとけば、
コテコテにファブリーズしても朝にアジトの全ての鍵を
締めて仕事へ向かった後、キッチリ乾いてくれるはず。


FU.jpg


一方で新入りのX-AIRⅢ(アタマ馴染みと風通しの良さを優先したチョイス故、
安全性重視の生産性ある若人には勧めません)

は、シールドの開閉があまりに渋いのでシリコンを塗布。

なにしろ「開」でも「閉」でも力技のガッコンガッコンなので
その都度に中身のメガネがズレて不快極まりなかった。


この細工で軽いタッチによる開け閉めが可能になったから
きつねの機嫌も良くなり、ワックスまで掛けてみたりしてね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GA_20180802212136b83.jpg


結局ちっともエコじゃねーな・・・と自らの身を嘲笑いながら。
或いは来月請求が回って来る電気代に、引きつりながら。

日々の労働で100グラムずつ減って行く体重を測りつつ、
暑さに怯えながら月を越してみたら・・・・あれ?秋の風?


GC_20180802212138c73.jpg


デニムに二枚重ねのTシャツ姿でも、日が暮れると汗ひとつ
かかない不思議な乾いた風に丘の上で首を傾げるきつねメ。

眼下の市街地から響く太鼓の音を聴きながら、思います。

「本当は夏祭って、若い男女の出会いを提供するための
粋な催しだったんだよね。」



GB_20180802212137b55.jpg


恋をすることが、誰でも100%明るい未来への片道切符を
約束してくれるものではないことを、俺はよく知っている。

何度ヒトを好きになっても、どれだけ誠意と情熱を傾けても。
愛情を覚えた相手が同じ思いを注いでくれるとは限らない。


GD_20180802212140d89.jpg


今日もまたひとつ、家電メーカーの工場が海外移転を決めた。
それは次世代日本人の職場をみすみす減らした失策だべよ。


敵に回したのはLGBTの当事者だけだと思うなよ、二階さん。

法外な税金を支払わされながら、見合った分だけの幸せを
受け取っていない庶民は、他にも山ほど居るんだぜ・・・?



やれやれ、今宵の缶コーヒーはいつもよりどうも苦い味がする。
スポンサーサイト

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い Dトラッカー125 修理 非生産的 黄昏散歩

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR