FC2ブログ

祈りと、願い。 ~どうか無事であってくれ!~









今日は思うところが多々あり、独り言的な短信にて更新します。


「三味線と言えば津軽でしょ?」という観念と裏腹、実は登別を
故郷に持つ吉田兄弟のナンバーから一曲選びました。


鼓動。全ての人の命の源・・・頼む、皆、「鼓動」を繋いでくれ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UA_20180906201812311.jpg


24時間前のきつねメは、好転の実感を得た四十肩を試すべく
フル装備で久々に走った林道行きの顛末をどう伝えよう?と。

「開通したのは10年ぶりじゃないか?」とも囁かれるルート故、
それは個人的にチャレンジングで充実したものだったけれど。


一日のストーリーを脳裏に描きつつ画像を選び、ブログ用に
編集しながら呑んだくれ眠った翌朝、速報を見て瞬時に絶句。



きつねが愛するあの北の大地を、未曾有の天災が襲っていた。



泡を喰ってまず思い出した顔は、「札幌の姉貴」のことだ。

出勤してからも休憩の合い間を見てはTV二ュースとスマホを
睨み、眉間へ寄せた皺を消せない時間だけが過ぎて行く。


「俺への返事は混乱と慌ただしさが一段落してからでいいよ。」


朝7時に打った安否確認メールのレスが、姉貴から戻らない。
「SBの回線はどうもダウンが早かったようだ」と同僚のひと言。


否、分かってる。おそらく姉さんの職場は、今頃正しく火の車。



UC_2018090620181589a.jpg


5月にした・・・いや、過去の渡道で会った人々、お世話に
なった人々は、皆無事だろうか。


あの震災から7年・・・忘れていた教訓を思い出し、いい加減
エンプティだったけーたろーのタンクにガソリンを満たす帰路。


3.11大震災で俺が学んだ最優先項目は「まず確保すべきは
電力供給ナシでも凌げる明かりと飯と燃料と電池」
だった。


例えガソリンスタンドに在庫は有っても、送電が断ち切られると
ポンプで汲み上げられなくなるから、購入は叶わなくなる。

供給元の選択肢が豊富なはずの本州地続きな岩手県ですら
肝心の流通経路をズタズタにブッタ切られ、30時間後に電力が
復活するも、滞りなくガソリンが行き渡るまで実に2週間を要した。


UB_20180906201813538.jpg


「道全土の電力がダウンし、具体的復旧のメドを立てられない」。


言葉として書けば一行で表現し終えてしまう事柄だけれど・・・

それをもしも本州で例えたら「青森から北関東全域まで復旧の
見通しが立たない停電」ってこと
・・・その深刻さ、分かります?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前例が無い超広域停電の真っ最中、該当エリアの人に読んで
もらえるか分からないメッセージを、あえて書けるとしたならば。


「いま周りを見渡して目に入った人々を信じタッグを組んでくれ」



水とメシを持っているヒト、キャンプが趣味のヒト、発電機や
備蓄燃料を所持しているヒト、みんな何かを持ち寄れたなら。


ピンチを切り抜け生き延びられるサムシングが、きっとある。


但し単車を持っている奴は愛車を外から見えない場所へ移せ。
コック下のパイプを切ってガソリンを盗む奴が出て来るから。


最後に・・・家族の安否と足元の我が身の安全を確保した
単車乗りは出来うる範囲でいい、「スクランブルの用意」を。



まず排気量を問わず4ストの単気筒は押しなべて軽く燃費も良く
不整地走破のポテンシャルも、他種の乗り物よりずっと高い。

最小の物資しか運べないとしても「人命ファーストのグッズ」を
無事に局地へ届けて帰還出来る可能性がズバ抜けている
のだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TC_2018090300270391e.jpg


きつねの225セローは、1Lのガソリンで最低30km以上を走れる。

きつねのゴリラ改72ccやDトラ125なら、50km/Lも可能になる。


朝方には氷点下まで冷え込む冬と春の境い目だった3.11に比べ
今回ならば、「単車の機動性を活かせる環境」にあるんだ。


北の大地の誇り高きバイク乗りたちに、願う。

「おそらく今、あなたにしか担えない使命があるはずだ」と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※ いたずらにパニックを引き起こす記事を書くべきでは
ないだろう・・・と自覚しつつ、あえて注意喚起を記します。


北海道民の皆さん、手持ちのガソリンや灯油やガスは極力
セーブして、長く維持し続けて下さい。



電力源の代わりになる動力をお持ちなら、(それが例え
チッポケな電池でも!)ケチりにケチり倒して守って下さい。

それが次にいつ供給されるのか、東日本大震災以上に
全く見通しが立たない状況に立たされた、と思って欲しい。


そして、我が身の不安に冷静さを欠いて殺気立つ前に、
隣りの人の暖かな手を繋いで・・・それが「絆」
だから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


20:00現在、未だ「札幌の姉貴」からの返信が届かない状況に
きつね自身も気を揉みながら、固唾を飲んでTVニュースの
速報を見つめている今宵なんでありますよ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

夜中にスマホのアラートで目が覚め、青ざめました。
直ぐにTVを付けたけど細かな情報が拾えない。
twitterを開けると心配していた友人の呟きがあって安否がわかりホッとしたけど。
明けて朝のニュースで愕然とし、停電が復旧しないという友人の呟きにスマホを切って電池を温存するようレス。復旧は長引くと簡単に想像できたから。

なぜ、どうして、水害や強風や地震で苦しむ人がどんどん増えていくのか(/ _ ; )
悲しいニュースを見るたびに、次は自分の番だと覚悟する。
TVを見れない現地の人のために、報道や被災情報、水や充電の情報などをリツイートしてまわるくらいしか、今はできないでいます。
スマホを打つ手が震えます…

No title

友人、従妹等、札幌市内・近郊は大丈夫でした。
札幌市内一部は16時辺りには電力が通ったと聞いてます。
ただ、清田周辺の復旧にはかなり時間が掛るでしょう。
「北電の社員のおかげ・・」と、出先機関でカンズメな友人は言ってました。

ただ、鵡川でテストドライバーしている友人の安否が確認出来ずにいます。
あの周辺が今回の難関でしょう。
こうなった場合に北海道は「島」なので、陸続きで物資が云々ではなく海を渡っていくという行程があるのが特殊なんでしょう。
同僚の娘さんが修学旅行中ですが予定通り帰って来られるか?ちょっと微妙なようです。
お互いに手を取り合う事・・・大事ですね。

余談ですが、この状況で航空祭をやる三沢にはかなり違和感を感じます。

夜中結構揺れたなと思ったら、まさか今度は
北海道が・・と驚きでした。
私もみんカラでお世話になっている方が
いらっしゃいますが、とりあえず無事の
様子でひとまず安心しました。
かわねこさんの辺りは今朝方電気が復旧
されたとか。
北海道は面積が広いですから、燃料問題が
発生するとより深刻ですよね。
こちらより冬の訪れも早いですし…。

Sei姉さんへ。

>夜中にスマホのアラートで目が覚め、青ざめた。
実は盛岡もそこそこ揺れたらしい(←爆睡過ぎて
全く気付かなかった俺)んだけど、我がスマホは
何もお知らせナシ・・・携帯キャリア会社によって
対応が違うのかな。

>朝から現地へ向けたアドバイスの発信
流石、姉さん。報道各社が同内容のテロップを
流し出したのは半日以上遅れてからですもん。

>何故どうして、水害や強風や地震で苦しむ人が
異例に長い猛暑から大型台風が襲った直後に、
間髪置かず・・・これは何のタイミングなのか。
全てが偶発と言い切ればそれまでなんだけれど、
理屈ではない「何か」を感じるんですよね。

>次は自分の番だと覚悟する。
「本当そう思う」と口にしながら本文で書いた通り
ギリギリまで生活主力機の給油をケチっていた
俺がいるわけですよ。

燃料という燃料全ての供給が2週間も途絶えた
3月後半を、その身で体験しているというのに。

ナベエさんへ。

ナベエさんも元道民、道内に親戚や友人が多いものね。

本文に書いた例の姉貴へのメールは、翌朝になって
(=24時間後に)返信が届いたんですよ。
但し、向こうからの発信時間は俺のメールの5分後。
理由は通信回線の混乱か、或いは基地局の電源も
一時ダウンしていたのか。

返事を読んだ頃にはTVのテロップで「札幌の停電は
解消」という情報を目にしていたのに、リアルタイムで
やりとりしてみると、「職場は復旧したものの自宅は
まだ電気が来ていないのよ」とのこと。

むかわの御友人とは、もう連絡が取れたのかな。

>こうなった場合に北海道は「島」なので
これね・・・大震災と津波をワンセットで喰らった
我々が、多分最も気を揉んだポイントだよね・・・。
幸いあの時と違って苫小牧港も新千歳空港も既に
機能を復旧させている面が救いだな、と感じます。

自衛隊や各緊急支援部隊の派遣の進み方を見ても
翌日には海と空を活かせており、安堵を覚えました。
海峡を挟んでも供給ルートを確保している視点から
「むしろ3.11よりリカバリー率が高いんじゃないか」
と期待している今宵です。


>この状況で航空祭をやる三沢基地って、どうよ?
いちファンとしての立場から観ても、同意。
自分があのイベントを総括する立場だったとしたら
参加機や部隊等のスケジュール都合上で多少の
華を欠いたとしても、一か月ぐらい延期するもんな。

琢麻呂さんへ。

>夜中結構揺れたなと思ったら、今度は北海道が
そして「全然気付かず熟睡してた」と告げたら、
職場の皆さんに呆れられた俺がいます・・・
(「過呼吸で担架に乗せられたガラスの神経の
持ち主とは思えん」という事らしい。苦笑)。

>かわねこさんの辺りは今朝方電気が復旧。
みんカラ撤退以後からやりとりが疎遠になって
かなり経つものの、兄ィの消息に関しても秘かに
案じていました・・・
(何せ我々も彼の現住所を知らないんだもの)。

>北海道は面積が広いですから・・・
例えば春の道北旅日記でも書いた通り稚内での
ソメイヨシノの開花は、盛岡と一か月以上違った。
9月中に何をどこまで復旧させられるのか?が
ひとつのメドなのでは・・・と考える次第です。

実は今春の旅で最初にお世話になったお宿の
「吉里吉里」さんがある羽幌って、もしかすると
(震源から200km以上離れているのに!)未だ
断水と停電の只中にあるかもしれない。

旅先で泊まった宿の主さん、旅先のその土地
その土地で出会った行きずりの道民さんたち。
ポツンポツンとその顔が浮かぶんですよ・・・。
「皆、大丈夫か?元気で笑えているか?」と。