FC2ブログ

超昭和旅館が呼び寄せる、八戸横丁サタデーナイト・フィーバー ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.2~







今回は今朝のFMから流れて来たナンバーにヒントを得て検索し
拾ったものの中から、「あえて」粗削りなバージョンを選びました。

クランク下端が激しくオイルパンの中をシェイクするグルーヴに
「コレ単車なら大型ツイン、四輪なら直四ミドルのビートだろ?」
と直感してくれるアナタは、きつねメと同類項の生き物かもね。

繊細に緻密にフケて行く二輪のストレートフォアや四輪の六発じゃ
このメリハリ効かせてパリッとしたノリは出て来ないだろうから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


OT_20181017183011c55.jpg


公式版ではメロディアスでお行儀の良いアレンジを施されたものも
UPされているのだけれども。

一週前にケチな貧乏ぎつねが過ごしたの週末なんてそもそも、
そんなお上品な夜なんかじゃあ在り得ないんだなー・・・(笑)。


OU_201810171830127df.jpg


下げ方向へ一本鎗なマイナス・マインドの中で行きの決断を
ギリギリまで渋り、既に毎秋馴染みとなった「みろく横丁」の
近隣を狙って4日前に取れた宿は・・・実はココしかなかった。

過去の下北半島北帰行の際にも何度か玄関先を素通りしては
八戸にも未だこんな昭和式館が生き残っているのか!」と
ウォッチングしていた建屋・・・まさか自分が泊まるとは(笑)。


OV_20181017183014651.jpg


界隈にはナンボでも格安高層ネット予約可のビジネスホテルが
乱立している地域故、正直この風情を目にして相当面食らった。

何せ耳にしたことも無いメーカー名のヒーターが鎮座していて
襖を開ける度ガラゴロと他のお客に気が引ける音を響かせる、
平成のビジホとは比べられない宿なのだ。


OX2.jpg


「現在閉鎖している奥の建屋は大正時代に造られたもので、
現役の客室にしても`60年代前半に増築された代物」という
一般客なら隅々まで札を貼られてないか確認したくなる部屋。

しかし玄関の引き戸を開けた瞬間、きつねメは察していた。

「流石は繁華街に残った館!ココ、天使も住んでるね?」


OW_20181017183015b62.jpg


「やはりお分かりでしたか」と一通りの案内を済ませた後で
階下から上がって来た若女将の腕には、カフェオレ色の
とっても人懐っこいチビコさんが抱えられておりました。

血縁のある3匹が棲みつく中でもっとも甘えん坊なのが
「バーボン」と名付けられた、この小柄な男の子なのだとか。


OX_20181017183033171.jpg


但しそれでもきつねメに対するバーボンくんの懐きっぷりは
若旦那も驚く仕草とかで・・・しきりと首を傾げていました。

愛猫・とらみさんが去った春から1年半の時を経た今でもなお
バーボンは彼女の残り香とメッセージを感じ取ったようです。


PN_20181023214943ea6.jpg


※ 逆に昭和テイストとか猫の気配や匂いが苦手な方だと
ココは少々お勧めしかねます・・・「そういう宿」だからね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


PC_20181017183038e5c.jpg


八戸駅界隈からメインストリートのR340を渡ってしまえば
大きな通りはもちろん、クロスする大小の路地ほぼ全てが
「呑ン兵衛横丁」という大規模酔っ払い天国。

先独り呑み(別名「吉田類ごっこ」。笑)へデビューしたい
向きには、店内が見えるみろく横丁をオススメします。


PD_20181017183039d0f.jpg


しかし既に「みろく歴 二桁」に達しそうなきつねメ、そろそろ
脱ビギナーを目指したい!ということで各横丁をウロウロ。

宿の女将さんに「晩メシ食えてソロでも居心地いい店」の
紹介をお願いしたものの、「私たちは地元だから晩御飯を
食べてから飲みに出るんだわ」と困らせてしまった次第。


PE_20181017183041611.jpg


自分の街で飲み歩かないきつねメに勘がある訳もなく。

小一時間彷徨った挙句、やっと品書きに炒飯と麻婆豆腐の
文字を見つけて飛び込んだのが「酒屋 八」

やー・・・やっぱ何か、引っぱられるモンがあるんだろか。
自分より一回り若いマスターは、元SR400乗りなんだとか。


PF_201810171830431e3.jpg


二階に宴会が開ける座敷もある、と言いつつ一階フロアは
テーブルひとつに小さなカウンター。独り飲みにうってつけ。

昔は相当なナンパの達人だったという人当たりの良い彼と
「最近の若者恋愛事情ってどーなの」的なバカ話を交わし
まだプロトタイプだけど・・・とオススメの麻婆豆腐を発注。

チャーハン共々かなり念入りにこしらえてんなぁ、って
思ったら、それはかなりマジなパラッパラの旨いヤツ。


PG_2018101718304411b.jpg


しかし肝心の麻婆豆腐は「辛いの大丈夫ですよね?」
と念押し掛けられただけあり、エラいことになっていた。

超辛党の友人に合わせたセットアップ、との事だけれど。
完食せずにいられない美味さと抱き合わせで滝汗が
止まらない、「サドマゾ仕様の逸品」だったのだ。

「いや、これでも俺的には『ゼロ辛』なんですけどね?」
「むしろコレ、ラーメンとかつけ麺に向いてると思う。」
「あー、ソレはこれからの時期、アリかも。試すかな。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


PH_20181017183045b1e.jpg


こうして「脱みろく」、本格横丁デビューを果たしたきつねメ。

次に向かった先は宿の女将さんが「音楽好きなら二軒目に」
と推した懇意にしている地下のハコ、「♭(フラット)」
若旦那が検索掛けると「今夜はジュリーナイト企画だって!」

・・・オッケー!ついでにライヴ参戦しちゃおうじゃないのよ。


PI_20181017183047643.jpg


スペース的には盛岡のチェンジウェーブの半分ぐらいかな?
テーブル六つにカウンターという構えだけれど、女将さん曰く
「某Hプロの本職がステージに立つこともある名店なのよ」。

ワンドリンク+おつまみ食べ放題で800円スタートの敷居に
安堵しつつ、空いた椅子にチョイチョイとお邪魔。
企画が企画だから、今夜は割と年輩のお客さんが多い感じ。
「ちょうど第一部が終わり、今はバタバタしてるところ」とか。

きつねが入店する時、廊下で最後の音合わせをしていた
オジサンたちが第二部のプレイヤー。


PJ_20181017183048bfd.jpg


本来の持ち歌は故・河島英五(Z400FXを長年愛用していて
ゼファー400発売時の広告でもインタビューを受けていた)、
もちろん一曲目は「酒と泪と男と女」。

ジュリー・ナイトなので沢田研二も演らないと怒られる、と
次に披露したのは「時の過ぎゆくままに」。
この二曲って雰囲気が上手いこと繋がる絶妙なチョイスだ。

ブルージーな二部から引き継ぎ現れたのはマスター御本人が
ヴォーカルで率いる「冒険WOW」。


PK_20181017183050b3c.jpg


事前に「人柄は間違いない上にめっちゃノリもイイ」と聞いて
来たけれど、この人ノセるとホントに何でもヤッちゃうんよ。

「サムライ」で左腕を後ろに回し、♪片手に ピストル~♪と
歌い出しで突き上げたのは・・・まさかのチャッカマン(笑)。

気づくと隣席のお姉さんに袖を引かれ、「勝手にしやがれ」
「TOKIO」を続けざまに踊らされる俺がいたのでありますよ。

やーもー、二ヶ月近く気分が燻っていたなんて嘘のように
全力汗だくでハジけたハジけた・・・ココを紹介してくれた
女将さんにホント感謝!センキュー!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


PL_20181023084443c11.jpg


「次回は絶対『酒場でDABADA』演るから、遊びに来てね!」

盛岡からの客は珍しいらしく意図せず大歓迎されてしまった
狂乱の一夜は更け、バッテリー切れで気持ち良くダウン。

おかげでスッキリ目覚めた翌早朝、甘えんぼバーボンくんの
見送りを受けて・・・程二日目のお話はまた、改めて。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・゜


※しっかしまさか数日後、ジュリーがあーいうカタチで世間の
耳目を集めるとは、当時もちろん知る由もなく・・・。

彼の曲をTOPに載せられなかった心中、お察し下さいませ。

ところでこれってもしや・・・ウチはデス・ブログだったのか?
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : ツーリング ロードスター 下北半島 ねこ 八戸

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お〜ディープな八戸横丁Night...こんなお店もあるんですね〜
何しろ住んでるところが近いが故
なかなか体験できない事なのでこちらも見てて楽しかったです。
麻婆豆腐と炒飯、超美味そう!
いただいてみたいな〜あんまり激辛は無理だけど...

fourdoor0810さんへ

ついに念願の「脱・みろく」、本格横丁デビューです
(途中窓越しにカレー屋さんの異国の店員さんに
睨まれてビビったりしつつ。苦笑)。
fourdoorさんが入店記事を書かれていたお店に
魅かれたことも背を押しての挑戦でした。

ドンブリになみなみ注がれた麻婆豆腐は、
チャーハン同様に本気の味がしました。
美味いです。マジで美味いんです・・・が
ド汗が止まらないほど辛い!

それでも少し前にカレーマニアだという女性が
ふらりと現れサラッと完食し、その直後FBに
「フツーに辛い」とUPしていて微妙に悔しかった
と店主さん。
「それはそのコがおかしいんだってば!」と
反論するきつねメでありました。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR