FC2ブログ

拝啓、チコさま。 ~ボーッと生きてる中年狐で、いやはやどーも、すみません~







今日のTOPには、後頭部へ不意打ちで金属バット振り下ろされた程
ショックを受けた動画を載せてみた。

自分の心の芯を喰われた衝撃の向こうに、強い否定が生まれた。

アラフィフのオッサンが青臭いことを言うのもナンなんだけれども。
その詞をどう受け止めるべきか、実は未だに困惑しているのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


RA_20181027191145b40.jpg


この曲を聴いた後にしばらく咀嚼の間を置き浮かんだのは、
何故か「チコちゃん」だった。

そう・・・過去にNHKが産んだキャラとしては最もエッジの
効いた存在にして、並の大人を凌駕する驚異的な智識を
蓄えた異形の5歳児・・・それが「チコちゃん」だ。


RB_20181027191146005.jpg


正直なところ、面白い。近隣のマダムよりもお上品な口調で
出演者に万遍なく気の効いた「振り」を投げ掛けるところは
むしろ局アナのスタンスをカッぱらう勢いすら見せつける。

就業前の幼児としては在り得ない振る舞い。だからこそ
そのギャップが人気を呼んで日々の話題にもなるのだろう。


RC_20181027191148401.jpg


だけどきつねは、あのコが苦手だ。一層正確に評するなら
「ああいうタイプのニンゲンが大嫌いだから」苦手なのだ。

彼女が取り上げる事案は概ね、大半の社会人にとっては
「今日を生きる上では右でも左でもどっちでもいい」ネタ。

そーいうレベルの雑学を武器に大上段ですっくと立つ五歳児。


RD_201810271911496c3.jpg


他人の知識のスキやアラをわざわざ大げさに取り上げた上で
高々に「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」と声を荒げる。

相手が知らなそうなこと・考えたことも無さそうな点を突いて
「アタシの何倍も生きてんのにそんな事も知らねーのか」と。


SC_201810271912253e5.jpg


こーいう言動は実にオトナ毛ないが、それを折り込んだ故に
5歳児設定としたなら、作り手の人間性も相当あざといだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SA_20181027191222479.jpg


未だ黄昏の冷え込みが覆う前に、カラス号で偵察へ出た午後。
「ずいぶん太陽も空も白くなってしまったなぁ」と感じていた。

だから翌朝、一桁前半をマークした放射冷却の大気に触れて
少々たじろいだものの、スカッと抜けた空が背を推してくれた。


SB_201810271912234be.jpg


冬眠前に出来るだけ、新鮮なガソリンで満たしてやりたいけれど。
しかしスポーツスターを出せる機会は、今日を逃せば後が無い。

スロットルを開ければ間髪置かずにリアタイヤへ野太い地力を
伝えてしまうコイツは、路面が冷えると乗り手の命をさらうから。


SD_201810271912269ee.jpg


バッファローの安い皮でしつらえられた中古パンツの中には
タイツを仕込み、ショットの皮ジャンに包んだウェアはユニクロ。

ムッシュ・ビバンダムの如く着膨れたきつねの姿はさておいて。
しかし・・・R46を西へ向かい訪ねた田沢湖は、素敵だった。


SE_201810271912282f8.jpg


盛岡のアジトから仙岩峠を越えてのマイレージ、たかが60km。
望めば125ccのカラス号ですら難なく走れる距離なんだけどさ。

でもね、例えセローやDトラ125より倍のハイオクを喰うとしても。
県境の峰を越えるシーンで選びたい主役は、コイツなんだわ。

自分で振り返ってみても、やっぱりそれで正解だったと思うよ。


SF_20181027191229527.jpg


「季節の喝采」とでも言えばいいのか。湖畔の道は大手を広げ
落ち葉という名のレッドカーペットを、きつねに歩ませてくれた。

早朝から陽光が暖めた落葉の甘い匂い、セロファンのように
彩を添え続ける木々の様々な紅葉が現れては見送って行く。


SG_20181027191231128.jpg


心底「生かされている」って、思った。この瞬間のためにね。

齢を追う毎に日々積まされて行く、義務という名のウエイト。

生き続ければ生き続けるほど、否応なく積まれるバラスト。

叶うならば四季に揺蕩い浮いて、彷徨っていたい我が魂へ。


SH_20181027191232423.jpg


「アンタはアンタらしく心のままに生きろ。ありのままに。」

幸せの値打ちを届けて寄越した、真紅と黄金を貫き届く陽光。

単車が与えてくれる、ダイレクトな「速度」という名の魔法。

バイクというデバイスを通し増幅される比類なきリアル感。


SI_201810271912346cd.jpg


或いは澄み切った空、淀みを知らぬ湖面の蒼、そして最後の青い空。

己の命を否定する要素が、その瞬間では淘汰されていた。

「生きろ」という声に包まれた。「この楽園にまた逢いたいなら
次のこの季節まで、その命を紡ぎ続けろ」・・・という声に。


SK_20181027191303043.jpg


理屈のエレメントをスッパ抜いた高みより届く、生命の肯定。

あの甘やかな陽射しに抱かれた刹那の道、きつねは思った。

「好きも嫌いも、誰の価値観の天秤にも掛けさせないぞ」と。


SL_20181027191304297.jpg


俺は口が裂けても声に出して「自分が好きだ」なんて言わない。

過去に出会った人間の中、その言葉を容易く口に出せる奴は
まず十中八九ロクな生き方をしていなかった。

問題課題や後悔懺悔の後になって「でも自分が好き」なんて
カミングアウトされても、もう何の解決策も生まないってのに。


SM_201810271913069f5.jpg


自分の過去へ目を逸らさずに理解しよう、と試みる人間なら。

突き詰めれば突き詰めただけ、吐けなくなる「自分が好き」。

これまで幾つの罪を犯し幾つの嘘をつきどれだけの人々を
傷つけて来たか、アンタ自身もう分かっているんだろ?


SN_201810271913072ed.jpg


その羞恥の向こうでどの口がほざける?「自分が好き」、などと。

生い立ちからこれまでをどう辿っても、きつねは自分が嫌いだ。

望みが叶うものならば、砂のようにさらさらと消えたい程に。


SO_20181027191309db3.jpg


だけど、速度がもたらす一瞬の煌きや恍惚の彼方を知った今。

巡る四季を意図せず突然に断たれることが、こんなにも惜しい。

異邦人の如く寄る辺無く軽い身の上に、未来へ一筋の光を差す。

だからきつねは天候が許す隙あらば、バイクに跨ってしまうのだ。


SQ_201810271913121fb.jpg


元々己の望むと望まざるとを問わず、産み落とされ授かった命。

それを嫌うの嫌われただのと、身勝手な他人の視点や物差しで
測ってしまうこと自体、実はおそらく「奢り」なんじゃないのか、と。


SR_2018102719131376a.jpg


この現世にポンと生かされちまった以上最後まで世間の荒波を
泳ぎ切る他に、選択肢なんか無いんじゃないのかなって思う。

その海の水がどんなに「知識」とか「情報」とかいうシロモノの
押し売りで汚されていても、浮かび続ける他に術はないんだ。


ST_20181027191315e02.jpg


きつねは思う。田舎に生まれて住んでいて良かったな、って。
バイクの魅力を教えてくれた親父の許に、生まれて良かった。

「アブない乗り物」と承知の上、いつも笑顔で送り出してくれる
懐の大きなオフクロの子として、生まれて良かった。


SU_201810271913168b3.jpg


北東北の四季の移ろいは良くも悪くもメリハリが効いていて。

「秋になった」「冬が来る」「春の匂いがする」「そろそろ夏か」
風の便りに逐一予感を手繰り寄せて過ごす成り行きとなる。

だから肌で知るのだ。この幸せな季節が終わりつつあることも。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SV_20181027191318750.jpg


幸せに満たされ明けた翌勤務日は一転、大荒れに見舞われた。

昨日午後にきつねの背を暖めてくれた色とりどりの木の葉たちは
多分ひとたまりもなく、全て枝から削ぎ落とされてしまっただろう。

「四季の移ろいをその瞬間に掴んでおく」って、そういうことだ。


SW_20181027191319de8.jpg


帰宅して間もなくアジトの呼び鈴が、宅急便の到着を知らせた。

その予兆から数日前にオーダーしておいた「冬支度の品々」が
段ボール箱の中から次々とその姿を現す。

全てたかだか前世紀的なOHVや2バルブSOHCのエンジンに
高価な化学合成オイルを指定するなんて馬鹿馬鹿しい、か?

否、「気は心」さ。 アイツらは皆、酷暑に弱い空冷だからね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TC_201810271913376c8.jpg


なあ、チコちゃんよ・・・ただその日放映のネタ探しのために
スタッフ総掛かりでネットで拾い集めたような情報ってさ。

日々の飯食い種へと一生懸命向き合っている世間の大人に
対し、声高に怒鳴り散らせるぐらいの重みがあると思うかい?



RE_20181027191150ce9.jpg


収録を終えた渋谷スタジオのテラスで頬杖つき、遠くを
眺める三頭身が引いた長い影。

そんな画を思う俺は、やはり相当ヘソマガリなんだろうか。

気が向けば誰でもいつでも検索出来る誰得的な情報より。

ボーッと生きる時間に得る何かの方が、俺にとってはずっと
大切に感じられるのだけれど・・・な。
スポンサーサイト

tag : Dトラッカー125 スポーツスター ツーリング 田沢湖 紅葉

コメントの投稿

非公開コメント

これはまあ、大まかなお題目があって大半はチコちゃん(キム兄)のアドリブじゃないかと思います。
お笑い頼みはどこの局も同じかと。

むしろ、タイミング良く顔を変形させる3Dの編集が凄いと感じます。
ネタは大した事はないですね。

No title

やはりボーっと生きているオヂさんです(笑)。
自分も人を裏切る結果になったりなんてことが様々
ありましたし、間違っても「自分が好き」なんてのは
言えないかなあ・・。
職場の人に「真面目なヒト」って言われても、
本来の自分は、その真逆としか思えませんしね。
なんというか人間って、自分の存在を否定しつつ、
それでも自分が存在しても良い理由を探しながら
生きている生き物なのかもな・・なんて思います

ナベエさんへ。

いや、呑んだくれの独り言にコメント頂き恐縮です
(「いつもそーじゃねーか」という声も。苦笑)。

そうか・・・「チコちゃんの中のヒト」って実は
キム兄ィだったのか、とここで今知るきつね。
もうどんだけTVを観ない生活してるんだか。

あの番組は、職場で朝のミーティング前に
(=朝ドラの流れで)眺めて知ったんだけど。
当初は目新しさから面白がっていたものの、
「何故この程度の話題に怒号を上げるの?」
と嫌悪感が先に立つようになりました。

>タイミング良く顔を変形させる3Dが凄い
結局、キモはあの2.5次元感なのかな、と。
グラフィックの動作として客観的に眺めれば
確かに面白いんですよね。

琢麻呂さんへ。

どうせ異性に怒られるのなら架空の五歳児よりも
石田ゆり子に叱られたいきつねです、こんばんは。

>間違っても「自分が好き」なんて言えないかな。
禁断の主題を載せてしまったのか、とも思います。
でも意識の中に常に居座っている自問なんですよ。

「自分を愛せない人間に他人を愛せるハズがない」。
それは本当だろうか?とか。
「ヒトは皆、自分が一番可愛い」と言える根拠は
どんなシーンから生まれるのだろう?とか
(地獄の決断に迫られると見えて来るけどね)。

同じ理由から「自分が可哀想」っていう発想にも
何か居心地や気味の悪さを覚えてしまうんです。
「お前(=俺)の、どの口が言わすんだ?」と。

悲しくて虚しくて貧しい価値観だ、と自覚しつつ
自分が選んだ手法は、趣味への傾倒でした。
「自分を好きになれないのなら、その代わりに
好きなものと好きな時間の過ごし方を増やす」
っていう考え方かな(←誰にも勧められない)。

何かを落っことした代償に何かを得て生きる。
その結果「アンタは独りでもやって行けるから
もしケンカすれば私を平気で捨てるでしょ?」
ってんで余計に異性が寄って来なくなる。

他人の心を掴む気も魅力もゼロなんですから。
やーもースミマセン、非生産系国民ですよ俺!
と某議員に嫌みの一つも言いたくなる訳です。

右でも左でも大勢に影響ない些細なゴミ情報で
精神まで振り回されるのは、たまんねーわ。
そーいう事柄に細い神経擦り減らされンのは
シゴトの時だけでお腹一杯さ・・・ねぇ(笑)。

チコちゃんは、そんなどうでもいい事でしったかぶるのが実は大した奴じゃないってとこまでがギャグだから、聴いてる大人も反応薄くてそのシュールさがおもしろいです。
別にぼーっと生きてなくても知らないし、知る必要はあまりない(笑
それを笑う番組ですね。
先日自分のブログでもネタにしたけど、アレも知らなくて困らないどうでもいいことですから(^_^;

自分のことはずっと嫌いでしたね。
いろいろ思い出しては自分で頭をポカポカ叩いてた(^▽^;
今でも半分くらい嫌い。主人に大事にしてもらって初めて、あまり自分を嫌うのはやめようって思った。でも好きになったわけじゃない。嫌うのを少しやめただけ。

うちの妹が嫌な過去を思い出すと惨めになるから振り返らず前を向いて生きる、とよく言うのね。
そうやって過去の悪事や私や母への仕打ちも忘れていくんだねーって思うと強い嫌悪感を持つわけですよ。例のSW20の女子も同じタイプなので、どうやら私はこの手のタイプが嫌いなんだなと気づきました。
他人を傷つけた自分は忘れて嫌な過去はなかったことにして、いい人で皆んなに人気者でいたいなんて、私から見たら薄っぺらい人に見えちゃう。

逆に自分の課題は、過去は忘れず背負って生きるけど、必要以上に重さをプラスしないことと、昔を時々振り返って確認はするけど引きずって歩いたらダメ、かな。
時は流れ続けていて、過去の形は変わらずとも流れのなかにちゃんと流してあげて、流れに呑まれそうになったり停滞してたらすくってかくにんしたらいいのかなー…とぼんやり思案しております。
なにかキッカケがくると過去が現在に作用する意味も変化してくるから^^

Sei姉さんへ。

>実は大した奴じゃない
番組ひっくるめて見ている分、大人だと思います。
突然怒鳴るところだけ引き出して目クジラ立てる
自分の方がオトナ毛ないか・・・ハハハ(反省)。

>嫌うのを少しやめただけ。
このコメントの流れで見える気持ちや思い出す事が
あります、いろいろ。

心は常に動いているから「嫌い」の面積が1%に
なったり80%になったりする。
何か目の前の事に集中したり夢中になったりして
いる時は、うんと隅っこの方にポツっとあるだけ
(ゼロにはならないけどね)。
自分が好きなもの・好きな事を増やそうとするのは
それ故なのじゃないかと思います。

真正面から受け止めてくれる人が現れたことで
自分嫌いが少し収まる。
昔、「どうかそんなに自分を責めたり嫌ったり
しないで。俺はキミが好きだから。」と恋人に
伝えた事があったのを、ふと思い出しました。

ネガな過去を無かった事にして振り返らずに
生きられたら、どんなにラクでしょうね・・・。
自分の事を上げる棚はデカい方が良いってか。

偽善と受け取られても「いい人」として生きたい。
でも、以前の反省や後悔からそう心掛けるのと
昔の自分を偽ったり取り繕ったりしたくてそう
振る舞うのとでは自然に違いが出ると思います。
例えば思慮の深さとか謙虚さかなぁ。

>必要以上に重さをプラスしないこと
最後のこのまとめに、少し救われた気がしました。
自己嫌悪に足を引っ張られていては、出会うこと
全てをネガティブに取ったり拒絶したりしがち。
先を生きて行く上で、それは良くないと思うもの。

嬉しい事があったり楽しい時間が過ごせたりしたら
そこは素直に大事に活かして月日を重ねたい。
無かった事には出来ない。好きにはなれない。
でもマインドがポジに触れた時はポジで行く。
生きる意味の糸口をその先で見つけられるなら。
自分の命を自ら拒絶したくはないものね。

※「心の傷を癒す」という言葉、自分にはどうも
心に入って来ない、しっくり来ないんですよ。
納得出来る言葉を探すと「心の怪我を治したい」
ってハッキリ言う方がコトンと胸に落ちるな、と。
文字通りイタいヒトだからかなー(笑)。

No title

今回も写真が綺麗ですね~
色とりどりな紅葉の中を走る道
鏡の様な川の水面に映る青い空
この時期寒さは我慢ですがスポーツスターで流すのは格別でしょうね!
是非ユリシーズで走りに行きたい、所縁のあるエリアです♪

ハックニー軍曹さんへ。

画像、お褒め頂いて嬉しく思います。

毎回ハックニーさんのブログへお邪魔する都度
「輪郭がハッキリしたクリアな写真だよなぁ」と
感じているので、安コンデジによるボヤンとした
ウチの画像は見劣りが否めませんね
(カメラでもアルバムでも画素数ケチってるので
そーいうレベルに留まっちゃうのか。苦笑)。

以前使っていたハイスピードエクシリムシリーズは
素直に「肉眼で見たまんま」を撮ってくれましたが
いま使っているソニーのWX350はコントラストを
強調したがるため、思った色や明るさで撮るのに
毎度難儀させられている次第でありますよ。

今回前半の「鏡のような湖」は盛岡の御所湖。
周囲は当然山なので常に風で波立っていて、
こんなに静かな湖面を見られるのは珍しいです。

中盤の湖はもちろん田沢湖、周囲20kmと小さめ
だけれど、信号ナシに湖岸を一周出来るところや
道の表情が豊かで飽きないところも個性的。

盛岡からだと「R46のピストン」になっちゃうので
(夏場なら秋田~岩手八幡平アスピーテを巡り
戻る手法もある)年数回しか出向かないものの、
田沢湖はお気に入りの場所のひとつです。

終盤の写真は昨秋のタイヤ交換後の記事でも
お馴染み、雫石~小岩井界隈の「ぼんか」。
正確には農免道・盆花線って言うのかな?
雫石スキー場の近くに入り口があり、最後は
「一本桜の道」へ合流するんですよ。

あの辺はR46と並行・分岐して景色の良い道が
たくさん隠れています。
信号ほぼ皆無でいろんな道を結べる事もあり、
その時々のマシンに合わせて見合うコースを
組めるのも魅力ですね。

もう日も短くなって朝晩の冷え込みもキツいので
暖かい昼前後にDトラ125で「ぼんかの周辺」を
散歩する感じに限られちゃうかな・・・。
それはそれで距離稼ぎに追われたりしないので
気ままで良い過ごし方になるんですけどね。

何故か10年以上もいつもどこかで工事している
ヨンロクは退屈だけれど、ユリシーズに向いた
大周りなルートを組んでも楽しめるエリアだと
思いますよ。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR