FC2ブログ

28年落ちのMyセロー、今季ラスト・ランと冬眠と。 








盛岡市内では街まで紅葉がすっかり降り切った、今日この頃。


いま窓から射している陽はそのうち陰る、という天気予報に
「どーすっかなぁ」といささか行動を躊躇した休日の朝。


XB_2018110707192291c.jpg


ミニ・デッキのスイッチを入れるなりスピーカーから流れ出す
軽やかな音階のダンスに、一つ一つ細胞が泡立ち始める。

突然、動こう!と決めた。ジッとしていられない気分だった。
この躍動感はクセになる・・・あとでCD、買って来なくては。


XC_2018110707192415e.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さておきセローを主役に据えて装備を引っ張り出しながら、
ハタと気付いたことが。

「あ・・・先月末カッキリで切れてたんだっけ、自賠責。」

もうバイク屋さんの開店を待つ間も惜しいセッカチぎつね、
軽二輪の保険もコンビニで手続き出来ることを確認。


XA_201811070719219fe.jpg


「ネットで事前手続きを済ませておくと発行が早い」と知り
登録証片手にジタバタとPCから入力して、猛ダッシュ。

二年前にゴリラの自賠責をやはりコンビニで掛けた事が
あり、案外と需要はあるモンだと思っていたけれど。

ウチの最寄りの店では初めて扱ったそうで、勤務明けの
ベテランさんを呼び戻しての発行に(お騒がせしました。謝)


XE_20181107071927c00.jpg


でもね・・・一歩郊外へと出たなら、こんなにキラキラと
最後の季節が輝いている・・・我慢なんか出来ないよ。

11月は日照時間が本当に短い。暖かな時間なら、尚のこと。

二輪で走りに行けるチャンスとタイミング、その一瞬一瞬が
もう殊のほか惜しくて、何よりも愛おしいから。


XD_20181107071925b18.jpg


自分が動くことで少しでも多く長く「その時」を得られるなら
誰かを拝み倒してでも掴みたい、って改めて思った。

コンビニ各社さん、どうか「取り扱い事例が少ないから」と
この自賠責手続きサービスを終了しないで下さい。



XF_201811070719285d1.jpg


どうかすると三度の飯を一度に減らしてまで走ることもある、
バイクが大好きなウッカリぎつねの心からのお願いです。


・・・っていうか、そこまで単車ラヴ♪だったらフツーはソレ
切らす前に継続してるだろ・・・っていう話なんだけどさ。


XG_20181107071930d4a.jpg


馴染みのヤマハ屋のオヤッサンへ挨拶に行く機会でもあるし
(「気は心」。実り多き単車生活には、こういう心掛けも大切です)

少し不義理をしてしまったオヤッサンのトコには、きつねの
手に余る整備となるステアリング・ネックのグリスアップと、
ひと通りの点検をお願いしようかな・・・。。


XI_20181107071933488.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ってなワケで昨日出向いたのは、久し振りの岩手山林道


XX_20181107072031f21.jpg


旧西根町から八幡平にかけて各登山口を結ぶように回り、
腕前と体力次第では枝道のオプションも幾つか加えつつ。

望めば安比高原やその山向こうまで走れるらしいコース。


XH_201811070719318ce.jpg


通行禁止のロープを潜ることもバリケードを除けることもなく、
万年ビギナーのきつねでも案外長い未舗装路散歩を楽しめる。

岩手のオフ車好きにはよく知られたルートなんでありますよ。


XJ_20181107071934e5a.jpg


一応の最終到達点は「県民の森」の白樺並木なんだけれども
(安比までダートを繋ぐにはアスピーテを一部経由する必要アリ)。

今回は「行き止まり行って来い」を承知で、ひとつ上のエダを
加えてみました。


XS2.jpg


理由は、その森の雰囲気が好きだから・・・それだけ、かな。

本道に比べてほんの少し、標高にして僅か数十メートルしか
違わないと思うんだけれど、でも「行けば選びたくなる道」


XO_20181107071959704.jpg


理屈じゃなくて、あの道が好き。そういうのって、あるよね?


XM_20181107071956c0e.jpg


傍に寄れば既に半分以上の葉が落ちてしまっているだろう
針葉樹の木々も、ちょっと離れて眺めれば未だ「燃える森」。


XT_201811070720081f9.jpg


広葉樹の色づきを楽しめた盛りは、半月ぐらい前のことで。

逆に半月も先となると、ここはゲレンデの薄化粧を始める。


XS_20181107072005ae5.jpg


「永久に続く 虹など 誰も 見向きもしないだろう」ってさ。

ソロデビューしたばかりの頃、布袋寅泰が歌ってたなぁ。


XW_20181107072012022.jpg



命は燃やし尽すためのもの・・・燃やし尽す義務、かぁ。




XP_20181107072000b83.jpg


うん、ちょうど前夜に保険屋のお姉さんが来訪していて。

いささかの事務手続きを施した経緯のせいかも、ね。


XQ_20181107072002a16.jpg


上の二枚の画像は、道中で出くわしちゃった倒木。

押しても引いても全く動いてくれなくて、止む無くセロー
横倒しにするという「リンボー・ダンス」でどうにかクリア。

期せずしてちょーどいい塩梅の汗をかかせて頂きました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


XV_201811070720118a3.jpg


「さあ、今年の美味しい時間はもうエンディングだよ」って
まるでホタルノヒカリで酒場を追い出される酔客のように。

じわじわ陰りを増す空に急かされラスト・ランの帰路に着いて
15時前にアジトへトンボ返りした本日の走行距離、120km。


XZ3_20181107072038c82.jpg


3.5Lだけ新鮮なガソリンへ入れ替えた格好で、冬眠作業へ。

タンクに注ぐ添加剤は「KUREの〇ューエルワ〇的な何か」、
オイルは例の「ヤマルーブ・プレミアム10W-40」ってメンツ。


YA_20181107072039c7f.jpg


スポーツスターと同様にエアクリーナーやオイルフィルターを
メンテナンスして「翌春はバッテリー繋いだら即ゴキゲン!」な
仕様に仕立てる手間を掛けて、都合3ヶ月強の冬眠体制へ。


YD_2018110707204345e.jpg


確か今春は3.9万㌔で目覚めて以降四十肩に悩まされた結果。

Dトラ125を手に入れて、結局2千㌔弱しか走らなかったのに。


YC_20181107072042ccc.jpg


もう4万㌔超えているってのにフィルター室内には相変わらず
ヘゲヘゲな金属片・・・この期に及んで何が減ってるんだい?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アンダーガードを外したままの洗車としてフェンダー裏まで
溜まった泥と土埃を洗い、クルマ用の固形ワックスを掛けて。


YF_20181107072046057.jpg


燃料コックOFFで新鮮なオイルを行き渡らせつつキャブの中の
ガソリンを燃やし尽し、コンプレッサーでタイヤに3.0kpaほど更に
エアを突っ込み。

その合い間にチェーンの手入れを済ませて・・・エンストしたら
バッテリーを外し、「今季もご苦労様、お休み。またね!」


XM_20181107071956c0e.jpg


普段のチョイ乗りの中でもオンロード部門を「カラス号」こと
Dトラ125へ肩代わりしてもらい、事実上「未舗装路散歩の
専用機」にシフトした10年来の相棒、3RW1セロー



XN_20181107071957f27.jpg


予備エンジンをガレージの隅に構えつつ、既に四半世紀を
過ごした御老体なれども・・・。

アスファルトでコキ使うとベラボーに減っちゃうリアタイヤ共々、
永く温存させたい/活かし続けたいマシンなんでありますよ。


XU_20181107072009577.jpg


後継機たる250ccセローが、ロングの快適性と引き換えに少々大柄に
なってしまった事情もまた思い入れに含めて。

コイツはもう自他共に認める「岩手路を縦横無尽に駆ける、
かけがえのない愛機」
なんですから・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◎ 今日の オマケ ◎

長いスタンディング・ランを続けて、くたびれた膝や腰を
休めるためにセローのエンジンを停め、缶コーヒーを
取り出していると・・・視界の隅で、何かが動いた!


XL_201811070719379b9.jpg


一度は背を向けて全力疾走で駆け上って行った後ろ姿。

しばらく待つと好奇心に勝てなかったのか、ヒョコヒョコと
ガードレールに沿ってこちらへ戻って来ました。

光学ズームを使い切り電子ズームに切り替えて撮った
この瞬間には、自分でも気付かなかったんだけれど
(故に本意ではない粗いボケボケ画像でスミマセン)

このコ、改めて眺めるとすんごい美人さんだったのね。


XK_2018110707193606c.jpg


ホンドギツネはキタキツネと違い、黒いソックスや耳先を
持っていないことを、コレで分かって貰えると思います。


「今年二度目のきつね写真をGET!これって吉兆?」
期待した本日の勤務、逆にレアなハードワークで全面降伏。


否、きっとこれからジワジワ上向くってば! ドンマイ、俺。
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い セロー 林道 ツーリング 冬支度 オイル交換 林道ラン 盛岡

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR