FC2ブログ

恐山は怖くない。あなたの心さえ、惑っていなければ。 ~極個人的 秋の下北半島紀行 2018 Epi.5~







今日のTOPはシンプルに、「」を主題としたナンバーで
(というか、ヴォヤージュの和訳を今更知った48才。笑)。

この動画、快いドライヴ感に流されて何となく見ていると
やっぱり何となく過ぎるんだけれど・・・。

やや離れて眺めるとふたつ、面白い仕掛けがありました
(ヒントは「レフティ」。ナベエさんなら分かるかな?)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では前回に続き、一か月前の「下北半島ひと回り」の続きを。

紅葉進む釜臥の眺めで目を癒して再びパノラマラインを
下ると、前方に「平成ヨンフォア」ことCB400の姿が。


EA_201811110501574e3.jpg


纏ったレザーとフォームから、攻めるタイプではないものの
オートバイをよく分かっている乗り手、と感じた。

背後に迫る勇ましい排気音に刺激されたか、奥で巻いた
コーナーでヒヤリ・・・が、リヤブレーキでの対処も巧い。

やっぱり単車は独り行く姿がいちばん絵になる、と思う。


EZ5.jpg


同速で曲がるなら、ブレーキングがラクなのは二輪だが
その後の旋回では転倒しない分、四輪に分がある。

自身もまた二輪遣いであること、マクる気は無かったこと。

行く向きが同じなら何処かで談笑を、と望んだものの。
県四とのT字路でミスター・シービーは右、自分は左へ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


EB_20181111050159f18.jpg


再び県四のトリッキーな10%勾配を駆け下れば、かの恐山。

怖いイメージの反面で、「有名観光地」の面もあるからね。
この日は東京ナンバーのXJ-Sコンバーチブルの姿も。

軽ですら55扁平のタイヤが半数に上る今、5.3LV12を積む
コイツのドーナツの如きピレリ・ナナマルに郷愁を覚えた。


EC_201811110502002e1.jpg


如何にロングセラーだったとは言え、あの頃のジャガーで
ここまでするとなると、もう度胸を要する大冒険だろう。

そんなことを思いながら、青空と雲の比率とんとんの日に
山門をくぐれることに感謝しつつ、参拝。

強い硫黄臭に包まれながらも、澄んだ空気を実感した。


ED_20181111050202afd.jpg


もちろん景色は荒涼の限りだけれど、受ける印象がクリア。
「穏やかなる静謐」、そう思える時には門が開いている。

だからきつねは開門時間外の早朝や宵闇の頃、或いは
厚い雲の絨毯に日差しを遮られていたら、立ち寄らない。

マインドの面でも、気分が心底沈んで周りが見えない時とか
迷い惑わされ何かにすがりたい心境なら、むしろ行かない。


EE_20181111050203687.jpg


突き当たりの六角堂は、個人の愛用した遺品を納める建屋。

元々は自分も、母の服を持ってここを訪ねるよう告げられて。
初めて下北半島を訪れ、ここの魅力を知るキッカケになった。

パイ生地のように重なった急激な環境の波乱について行けず
お告げに従ったものの、恐山参拝に対する迷いは無かった。


EF_20181111050205c11.jpg


そっち方面に過敏なヒトは何かを拾うかもしれないけれど。

フツーのヒトは普通の日・普通の時間・普通の気持ちで
行けばいい・・・怖いことは別に何も起きないよ、多分。

要らぬ先入観と邪な好奇心を持って訪ねる方が、周囲に
巣食う下世話な因果を磁石みたいに引き寄せるのだろう。


EG_20181111050206385.jpg


御霊が空へと帰る山、境内の気も穢れているはずないさ。

あっ、石や砂を持ち帰るのは止めた方が良いらしいよ?
亡き魂じゃなく遺族側の「念」も、御一緒するそうなので。

賽の河原で石を積む。 其れも又、遺されし人の業かな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


EH_20181111050208d0f.jpg


昔教わったように霊場の駐車場トイレにて小用を済ませ、
文字通り御手を洗ってステアリングを握り直しましょう。

県四のワインディングを今度は北に向かって駆け上がり、
ベンケーのナキドコロが両足ともパンパンに張るぐらい
ヒール&トゥの練習に励みます・・・(激嘘)。

下北をフルコースでするつもりなら、四輪でもタイヤの
銘柄と鮮度はケチッちゃいけませんね。


EI_20181111050209a0d.jpg


「ウチは3ナンバーのミニバン、飛ばさねーから関係ねーよ」

むしろエンブレに頼れないオートマと車重の負荷でブレーキ共々
レロレロになるんじゃないか、と老婆心ながら忠告しときます。

恐山でフカフカになるブレーキや挙動が怪しくなるタイヤだったら
西サイドの「海峡ライン」や「かもしかライン」は諦めるべきです。

なにしろ運良く携帯が通じてJAFを呼べても、そのレッカー車は
エッチラオッチラ2時間掛かりで現地までやって来るのだから。



EJ_201811110502111b6.jpg


時代錯誤気味な中年峠族による脅し文句は脇に置いといて。
これも毎度「お清め」と称して立ち寄っている、奥薬研温泉。

今回は残念ながら到着が「元祖かっぱの湯」の男子入浴
指定時間と合致せず、スタンダードな「夫婦かっぱ」へ。


EL_20181111050214f04.jpg


「日曜に当たったとはいえ例年より妙に賑わってるなぁ」と
思ったら・・・奥薬研らしくささやかな、「祭り」の案内。

むつ市の産業祭も下風呂秋祭も、この時期に全集中。
裏を返すと下北半島は、10月下旬からシーズン・オフかな。


EK_20181111050212666.jpg


ちょっぴり小腹が空いていたので入浴前にしみじみと情を
感じつつ、きのこ汁と手作りおにぎり一個を頬張りました。

そう、「おにぎり二個行きたい場面を、あえて一個に抑えて」
その理由は友人の皆さんならば、御承知の通りであります。

まあなんとなく予想はついていたけれど、満車ギリギリだった
駐車場と裏腹に本チャンのお風呂の方は「ガラガラ」でした。


EM_2018111105024099e.jpg


元々が石鹸もシャンプーも使用不可で露天浴槽のみだから、
無用に長湯する客(具体例・即ち俺)は滅多におりません。

季節と天候共に恵まれたこんな日はノンビリ湯に浸かるのに
最高のシチュエーション、烏の水行なんてもったいなさ過ぎる。

観光バスで訪れた人って、足湯だけ利用して食堂でメシ食って
ガイドさんに急かされて「ハイお次~!」ってなモンでして。


そーいうパターンは、修学行や社員研修だけでいいよね。


EN_20181111050242414.jpg


この国では、「行」と「旅」は別のモノなんだと思う次第。

まあそのお陰でやっと鹿児島まで行けた貧乏化けぎつねメに
ソレをとやかく言う資格も無かったりする訳ですけど・・・。

旅の意味や旅情の質を軸として考えると「西隣の国民による
爆買いツアー」って、実は他人事として笑えない気がします。


EO_20181111050243b9d.jpg


俺、例えばもし宝くじが当たって突然ミリオネアになっても
「芸者さん呼び放題の箱根豪遊ツアー」とか「沖縄の一流
リゾートホテル無期限連泊ツアー」とか行きたくないのな。

懐の厚さ加減でチヤホヤされるだけの出来事なんて多分
「思い出」「体験」「経験」にカウントされることはないから。

個々の土地に入り込んで好きになったり思い入れを持ったり。
その上で初めて「自分にとっての○○」が出来上がって行く。

対象は小さなバイクでの日帰り散歩にしても、極個人的
スーパー・イベントたる北海道ドライブ旅にしても、同じ事。


EP_20181111050245dca.jpg


さらにココロのフライパンをひっくり返して洞察して行くのなら
「そのための愛車」だって同じ方向になるワケでありますよ。

「あの場所に共に立つために」「思い描いたシーンや暮らしを
叶えるために」、是非ともコイツが欲しい
・・・と。

レッドすれすれの口座とニラメッコして身銭を切るからこそ、
愛車は「文字通りの愛車」へと成り得るんでありますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自説の独り言も、長くなると読み手が居なくなってしまうから。

下北半島ロンリー・ジャーニーの続きは、また日を改めて・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こういう画像はSEGA OUTRUN を思い出しますねえ・・・

さて、「左右反転」は良いとして・・・「この車がナンデアルカ?」です。
トヨタ、5MT、車幅からしてそんなに大きくない・・・で色々見たんですが、それっぽいのがあれど合致しないんですよ(タコメータが!)。
ランクスか、フィールダーエアロツアラー辺りが近いんですが・・・参ったな(笑

と、いう事で綴ら折れのワインディング並みにアタマを使ったところで本日は終了です(爆

ナベエさんへ。

毎度さんですー・・・またお呼び立てしてしまった。

>SEGA OUTRUN を思い出しますねえ
以前揚げた「星空の誘惑」の動画とは曲の内容や
グルーヴと絵の合わせ方が、丁度真逆な印象。
都会で「VOYAGE」という主題にフィットさせるため
こういう加工手法を取ったのでは?と感じます。

>左右反転・トヨタ製の近年の5M/T車
打てば響くというか・・・我が意を得たり(微笑)。

しかしそう仮定すると、ひとつ謎が残るんですよ。
それは「メーターの針が回転する方向」。
ただ左右反転させただけの動画ならメーターの
針もまた反時計回りになるので、すぐ気付くと
思うんです。

車種は、スポーツカーではない5ナンバー機の
スポーツグレード・・・でフィールダーなのかと
アタリをつけていましたが、違っていましたか
(ランクスでもないとしたら、もしやブレイド?)。

「TOKYOと双子の幻の都市で、輸出仕様車を
ドライブした白昼夢」が答えになるのだとしたら
実はちょっとしたネットのお伽噺ですね(微笑)。