FC2ブログ

季節を先取り!・・・し過ぎて、嗚呼勘違い。 ~今季初積雪路をテイスティングした日~ 







今回は「どっぷり浸るとおかしな勘違いを誘発する」主題にて、
「繰り返し観ていると何故か達っつぁんに見えて来る」動画を。

しかし、ナンだ。パロディで済ませない本気の作り込み故か
妙に深い滋味があるんだよなぁ、ポセイドン・石川さん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MN_2018112617143425e.jpg


それにしても寒い!お寒いのは自分のギャグとフトコロだけで
十分だというのに・・・「毎朝氷点下続き」の今日この頃。

ホントは今までが暖か過ぎただけで、11月下旬としてはコレが
平年並みなんだそうだけれど。

日々の服装と休日の過ごし方の変化に戸惑いが続いている
北東北のきつねメなんでありますよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MA_20181125234103ee7.jpg


さて先の三連休初日、諸々の都合でポッと休みを頂きまして。
どうしたモンか?と考えた末、久々に北の県境を訪ねる事に。

今まで渡し損ねていた物をけーたろーに積み、「北の師匠」
クマさん
のところへお邪魔しよう、と企んだ次第です。


MB_20181125234105029.jpg


モノはDトラッカー125を届けられた際、バーターとなった
ZOOKやバラバラのXLR80で帰りの荷がいっぱいになり、
クマさんのサンバーに積み切れなかったトラチャリとか。

「社外品に換えたら譲ってね」とお声掛けを頂いたDトラの
純正テールやウインカー、といったところ。


MC_201811252341067f0.jpg


まあ、今季は双方の予定がズレズレで全然お会い出来ず。
ならばこちらからドライブがてら伺うのも良いかなー、と。

しかし朝九時の岩手山、雪雲に見事なホールドを決められて
いますね・・・もはや晩秋の残り香すら感じないわ。


MD_2018112523410833f.jpg


アポ取りのため事前に電話してみたところ、「ウチの前は
ジーさんバーさんがスッ転びそうなほどテッカテカよ?」

と伝えられていたんですが。

それから二時間が経過したR4の最高標高地・奥中山は
未だシャバシャバのシャーベット路面でござんした。


ME_20181125234109fed.jpg


オンシーズンなら近隣の顔見知りに押し付けられた車両が
修理待ちで日向ぼっこしているスペースも、今はOFF。

見掛けるたんびにちょっとずつ何かが変化して行く、コレ。
車種名が分かるヒト、いらっしゃいます?(笑)

クマさん曰く「その反応でマニア度が分かる試金石」とか。


MF_20181125234111b4c.jpg


「出来れば界隈の食堂へ案内したいけど、今日はちょっと
店を空けられないから」とのことで、コンビニ弁当を調達。

カラス号譲渡の件で頻繁に会っていたのは7月辺りまで。
以降、時間に縛られずにお喋りする機会が無かったから
双方トークのネタは尽きません。

きつねメが参加し損ねたカシオペア・ミーティングのお土産
として渡されたのは、まさかの最新版「ヘノライダー」誌


MG_20181125234112056.jpg


「えっ?夏に探した時は影もカタチも無かったのに・・・。」
「カクカクシカジカで、ようやく9月に発行されたんだよコレ。」

件のミーティング同様、オトナの裏事情が様々あるそうで。

でも何にせよ、一冊限りで終わるか?と落胆していたコレが
継続発行されていたことは嬉しいニュースです。


MH_20181125234114c3c.jpg


「国道の路面がまた再凍結する前に戻るべし」ってんで
日が傾く前にお見送りを受けたきつねメとけーたろー。

しかーし・・・この季節にあえて県北を訪ねたからには
ストレートでトンボ帰りしないヘソマガリのおバカさん。

師匠の心、きつね知らず。なんと国道標高最高点から
更に山へ向かって右折、という愚挙に出ました。


MI_20181125234115f02.jpg


ええ、昨期「そろそろ性能がタレ始めたかな?」と感じた
4年落ちスタッドレスの現状を試したかったんであります。

決して「雪のお山でヒャッホホイ!」なんて不埒な下心を
抱いていた訳じゃないのよ、おそらく、多分、きっと。

あれ?気づくとオトナ毛が数本抜けてるなぁ、何でだろ?


MJ_201811252341398cc.jpg


ひとくちに積雪路と言ってもドライやウェットとは全く異なり
雪質や気温・圧雪の程度でμの巾がデタラメに違っちゃう。

最もヤバい「溶けて凍ってツルッテラ」とは程遠いけれども。

氷点下チョイチョイの新雪なら現状でも全然不安なく走れる
コンディションであることは確認出来ました。


MK_20181125234141441.jpg


そーだよー、ホントは雪道ヒャッハーしたいんじゃなく温泉に
浸かりに来たんだよー、というアリバイ画像(←何の?笑)。

看板通り開けた東向きに露天風呂を展開する、朝朱の湯

外気に負けたか外湯はややヌルくなっちゃってたものの。
乾燥著しいこの時期向きなウェット・サウナと熱い内湯を
巡って、足して割って丁度いい塩梅であります。


ML_20181125234142b58.jpg


空は終始ほぼ雪雲の絨毯に覆われて黄昏のグラデーションを
望めなかった代わりに、今季初の雪見風呂となったから。

きつねメの心持ちも自然と「冬」へシフト出来たかな。

まだ湯気の上がる身体で建屋を出ると、西のゲレンデには
日没と同時に早くもナイターの照明が灯っていました。

オープンは半月ほど先だと思うけれど。シーズン前のテストと
山麓へのアピールを兼ねているのか、雰囲気が華やかです。


MM_201811252341447a0.jpg


FMを聴きながらの帰り道。国道四号まで降りると流石に
積雪は無かったものの、玉山区の標識をくぐるまでずっと
小雪が止まない冬景色でありました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しかし・・・いやー、感覚っておかしなモンですね・・・。

遅い午後の2時間ばかりを奥中山で過ごしたお陰で、
無意識に「今は12月だ」と勘違いしちゃっておりました。

これは11/23の出来事、月を越すまで未だ一週間も残って
いるってのに・・・天然ボケもいい加減にしなさい、俺
スポンサーサイト

テーマ : 車 de いろいろ
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い Kei ドライブ 冬支度 岩手 スズキKei 盛岡

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も最新号GETしましたよ
てっきり戸エリアを特集した1冊限りの企画冊子の
ようなものかと思っていたので新しいのを見つけた時は歓喜しました。
ぜひ今後の継続発行を願わずにはいられません♪

No title

雪道走行お疲れ様でした。

自分が出かけるチャンスが少ないのは、やむなしとして
見事に時間が合いませんでしたね~

わざわざ出向いていただき、
ありがとうございました。

それにしても最高気温が真冬の1月並みの時に・・・
寒かったでしょう!

青のウインカーはBetaにもマラグーティにも使えて良いんです。
でもね、経年劣化で千切れるのが早すぎ(アジアン・クオリティだから)
なので新品投入の出費は裂けたいのです・・・(大人の事情?)


あとから
ああ、
あの事も話すべきだった、とか
あ、
あれも聞いておけば良かった、とか
色々あるけれど

いざ構えて
聞く様な事でもなく・・・(笑)

雑談の中でしか登場しえない話題が山ほど

と言う事で、
またいつの日か(忘れなかったら)

fourdoor0810さんへ。

>私も最新号GETしましたよ
流石は「戸の町の住み人」、アンテナ髙し!
関連エリア近郊のバイク乗りと関係者にしか
知られていないかも・・・と思っていました。

ツーリングまっぷるを愛用しているヒトには
馴染みの構成なんですが、普通の地図しか
見たことが無いヒトには斬新に映るはず。

>一冊限りの企画冊子
昨年の初代号には2017の文字があったため
反響と需要があれば年次更新成るか?と。
ところが今春~夏にはその姿が見当たらず
「ダメだったかぁ」と落胆していたんです。

さて不思議なことなんですが・・・実は
「戸ノライダー」「「戸の旅ポケットマップ」
で検索しても、何故か最新版の記事に
ヒットしないんですよね。

タイトルの印象がトッ散らかるとインパクトも
薄れるため、もう愛称として定着しつつある
「戸ノライダー」で纏めてしまっては?とも
感じていたりもする次第
(文字数が少し煩い表紙も簡潔になるし)。

幹線道を通過するだけでは知る機会も無い
魅力が山間に溢れているエリアなだけに。
単車乗りたちのみならず一般市民の間でも
「コッチ来ンならコレ読みなよ」と手渡される
冊子に育って行ってほしい、と願ってます。

フォトコン、俺も応募してみるべが?(笑)

クマゴロウ師匠へ。

いやいや、こちらへいらっしゃる都度に打診を
頂いているのに・・・以前の24h勤務から
日勤メインへ異動した関係もありタイミングを
合わせる事が難しくなっちゃったんですよ。

むしろ滅多にこちらから出向かない不義理を
お詫びしなきゃいかんところなんであります。

それにしてもあの日はホント寒かったですね。
盛岡でも朝の底冷え感がハンパなかったので
デニム+カーゴのボトムはもちろん、上の方も
半袖+ロンT+フリース+中綿入り革ジャン
+襟元を守るバンダナの鬼装備でした
(後に温泉の脱衣所で難儀するという。笑)。

>Betaとマラグーティもカラスと同じウインカー
ケツメド広すぎ!いやあ、知りませんでした。

ただ、馴染み深い`00以前のバイクに比べて
樹脂の質感がポリプロっぽいツルペラさで、
タイ生産の現行マーチの内装を連想したり。
「短期で劣化が進む」という話も納得です
(社外のミニヨーロピに換えたのは正解?
手前味噌なれど雰囲気や表情の格も少し
上がりましたからね)。

いつも思いつきの電撃訪問なので、お互い
会話のネタの準備が出来ていなくて・・・。
自身はブログに書いた話をなぞるばかりで
大した裏話を持っている訳ではないけれど。

いやー、気になります。「クマさんがあの日
言い損ねた諸々のこと」。

伝書鳩を飛ばすとかテレパシーで送るとか
連絡手法も豊富なハイテク時代ですから。
思い立ったらいつでも式神の足に文を括り
念で送り飛ばして下さいね。

折り返し木霊に返事を背負わせ北の町へ
向かってお尻を叩いてやりますから
(↑ヒトと自然の狭間に潜んだ化け狐と
化け熊ならではの連絡手法であります)。

やっぱエレキに全部寄っ掛かった生活って
信用ならないんだなぁ、愛するマシンも己の
身体もポンコツな我々の視点では・・・。
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR