FC2ブログ

極寒の年の瀬、この一年を振り返って。







たぶん今年最後となる今回のブログ。TOPにはスノボしていた頃
冬晴れのゲレンデに立った時、よく口づさんでいたナンバーを。

実はBSのスノータイヤのCMに使われていた曲なんだけれど・・・
リアルタイムで観た記憶がある人は、きつねメより年上かな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LA_201812282020541a0.jpg


いやー、それにしても冷えますね。真冬日続きで正に底冷え。
ということで、昨日は午後から熱い湯を求めて西隣りの街へ。

豪雪に見舞われる日本海側とは「奥羽山脈の壁」で仕切られて
いるので盛岡は風が強い程度で済み、路面も概ねドライでした。


LB_20181228202055598.jpg


が、盆地の底から縁へと少し抜け出せばもちろん銀世界です
(岩手高原/網張温泉/雫石と、スキー場が3件広がるエリア)。

午前のうちから動き出すなら、山脈の壁ギワギワな西和賀へ
ちょっとした冒険ドライブに出向く趣向もあったのですが。


LE_20181228202100e92.jpg


主要県道を一本外せば、かつて宮沢賢治も目にしたであろう
おそらく明治から変わらない雪原が広がっていますから。

けーたろーを相棒に「風の又三郎」を気取るひとときもまた
たまには悪く無かろうよ、と思う次第なんでありますよ。


LD_2018122820205863b.jpg


・・・実のところは、あまりの風の冷たさにササッと撮って
すぐに車内へと戻ってしまう軟弱モンなんですけど(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LG_201812282021033ed.jpg


先日撮って来た小岩井農場周辺の景色とクロスオーバー
させながら、ちょっとだけ今年の出来事の振り返りでも。


LH_20181228202104754.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「極個人的三大ニュース」を挙げるとしたら、まず3年ぶりに
行くことが出来た大好きな北海道!



「函館24時間限定滞在」「函館から出て左半分を巡る
「美瑛~苫小牧はマスターしたので道東全部巡る」と。

諸事情から鉄道とレンタカーを使って弾丸ツアーを重ね、
最後に残していたエリアが「道北」だったんであります。


ME_2018053119205361b.jpg


確かに宗谷まで行ったし、今回で北海道の外縁も一周した
ことになる。でもソレは「結果」に過ぎない気がします。

何と言ったらいいのかな・・・「ドコソコまで行った」とか
「何キロ走った」とか「土産にナニ買ってナニ喰った」とか。

記憶に残るキモはやっぱソコじゃねーべ、って思うです。
他人にとっては耳残りしない何気ないことが滋味深いんだ。


JT_20180528071222e29.jpg


先日、初日に宿泊したとほ宿 「Cafe&Inn 吉里吉里」から
Kr2 PRESSというマスターの報告通信が届きました。

宛先には小さく、あの夜に撮ってもらった自分の顔写真と
「次回は是非ロードスターで!お待ちしてます」の走り書き。


LW_201812300757485b1.jpg


えーっと・・・スポーツスターじゃダメっすか・・・?(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


三大ニュースの二番手は、初めて四十肩を体験したことです。

趣味でも仕事でも自分より年輩の方とのお付き合いが多い中、
既にもう膝も腰もある意味終わっている自分の中でひとつだけ
共感出来なかった痛み・・・それが「首と肩」でありました。


GB_201805130539521c1.jpg


片腕が脇から100°以上上げられない、って相当苦しいです。
力が入れられるか否か以前に、もう物理的に「上がらない」。

これが理由で幅広なダートラ・バーの重たいスポーツスターや
自転車並みのハンドル切れ角なトライアル車に乗れなくなる。


GT.jpg


セローで林道の砂利道を走っても勝手に路肩へと寄って行くし。
もし土手へオトせば、その落差が1メートルでも引き上げられない。

4月半ばに症状が出てから半年近くは、ダートを走りに行けない
ストレスに悩まされました。


SA_201804241921382a5.jpg


弄るにしても走るにしても、健康第一じゃないとバイクライフって
楽しめないのねー・・・(痛感)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ってなわけで「トラ車としてはメジャーだけれど二輪の世界では
いろんな意味で贅沢なレア車」、スコルパTYf-125を手放して。

日欧南米混血局地戦闘機の代わりに手元へやって来たのは、
生まれ育ちもコンセプトも真逆なタイ・カワサキ製原付二種。


ZR_20180726231605869.jpg


推定2011年型Dトラッカー125、別名「きつねのスーパーカブ」。
ハンドクラッチの5速リターンだけれど、存在的に「カブ」です。

趣味のブログなので極力シゴトのハナシは書きたくないけれど。
アラフィフのオッサンが世間の荒波に揉まれ疲れ果てた時・・・

現代車らしくセンサーだらけで素っ気ないコイツは、しかし
「ただ身体を風に晒すだけの干され散歩」を提供してくれた。


ZL_2018072623154099f.jpg


マフラーやカム、燃調やらに手を加えられたスペシャルであっても
「セローほどオールマイティじゃない代わり、ゴリラほど辛くない」
黄色や桃色のナンバーを下げたスーパーカブの域に居る存在。

もしも10歳若かったら、特に欲しい!と思うことも無かっただろう
マイペースで何時でも何処へでも何処までも飛べる軽飛行機。


TI_201809030027123db.jpg


我がアジト初の、新世紀基本設計ミニチュア標本とも言える
カラス号ことDトラ125。

非力で小さな彼から教えられた事も、また多い一年でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、公私とも良い事ばかりじゃなかったけれど・・・
(なんと一年で二度も救急車に載せられたりしています)
なんやかんや右往左往しつつも、今年もよく走りました。


ML_20180820065412104.jpg


きつねメはジッと巣穴にこもっていられない生き物だから。

「青空の下へ飛び出せば、何かが起こるんじゃないか」と
いつもソワソワしている生き物だから。


ZM_201811091812271fd.jpg


一年間トラブルなくモーターライフを支えてくれた愛車たちと、
それを支え愉しみを分かち合ってくれた人たちに感謝しつつ。


それでは・・・ネット/リアル問わず交流して下さった皆さん、
今年もお世話になりました。


LS_20181228202147f1b.jpg


みなさま何とぞ、佳い御年を!



※ ちなみにきつねメの勤務スケジュール、盆暮れ正月関係ナシです(涙目)。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

tag : もの思い 盛岡 ドライブ 林道ラン 北海道

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色々あったようですが、充実していたのでは?
自分も様々ありましたが、今まで以上に今年はプライベートが充実していたかなあ・・・と。

車と子供と・・・来年も宜しくお願いします♪
良いお年を!!

ナベエさんヘ。

>色々あったけれど充実していたのでは?
うーん・・・充実というよりは、右往左往とか
紆余曲折の末に辛うじて幸せ51/難義49の
壁を死守出来た・・・という感じかな(笑)。

クルマでもバイクでもそうだけど、結局は
個々に求め定める基準値と視点の角度が
幸/不幸のボーダーを決めるんだなぁ、と
(あとは精神のキャパシティだろうね)。

触媒を持たないキャブ車や2ストの新車は
言うまでもなく、もう求める事は出来ない。
ならば現行のレギュレーションに基づいた
車両のどこにエキサイトメントを求めるか?

やたらと委縮しノーガキと損得の最優先に
なってしまった世情も含め、ここから先で
モータリングの閉塞を打開出来るか否かは
「あの時代と息吹きや世界を知っている」
我々の肩に掛かっている気もしております
(↑てか造る側自ら放棄しちゃダメな要素)。

「スポーツカーのある暮らしって面白いよ!」
「バイクが生活に加わると、こう変わるよ!」と
その楽しみをよく分かっている現役の我々が
積極的に発信して行かないと未来が無いんだ。

「旅」に関してもパラレルで同じことが言えると
思っています。

なけなしの身銭を切り時間を割いてわざわざ
出掛ける行為には、損得勘定だけで測れず
バーチャルで済ませられないだけの理由が
存在する訳ですから・・・。

ナベエさん的には、一度きりの人生の中でも
指折りにドラマチックな一年だったのでは?
(N-BOXの件もfBで拝見しておりました)
来年はお子さんとお会いする機会も作れたら
嬉しいですね。

それではナベエさん一家も、良い御年を!
プロフィール

狐ヶ丘 紺之介

Author:狐ヶ丘 紺之介
1970年生まれの乗り物好きな中年ホンドギツネ(オス)。
クルマもバイクも好きなのに、精神構造が基本アナログ。
四輪はM/T派、二輪はキャブ派という典型的な昭和男。

ニンゲンに化けたは良いものの21世紀の流れに乗れず、
世間と森の境目辺りでひっそりブログを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR