FC2ブログ

明けましておめでとうございます。 ~新年早々ブローかよ~







些か遅まきながら、きつねメのページへ遊びに来て下さる皆さま
明けましておめでとうございます。

新年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MQ_20190102143436018.jpg


さて皆さん、どんなお正月をお過ごしでありましょうか。

きつねメは大晦日から元旦朝までの年越し勤務でして。
遅くまで結構ドタバタだったので帰宅するなりベッドにダウン。

案外長く深い朝寝を得られたから、夜に向けて気力は十分。


MB_20190102143355d25.jpg


隣り町の実家へと里帰りしている親友アッシ夫妻に招かれ、
正月恒例の宅飲み会であります。

つのる話で盛り上がる訳でもなく、コタツを囲んでのんびり
まったり、日付けが変わる頃まで。

独り身のオッサンとしては逆に、こんなくつろぎの方がレア。
「誰も頑張らない過ごし方」を許される機会も、幸せです。


MC_20190102143357c6c.jpg


しかしサバねこのお姫さま・いちご嬢・・・やっぱり可愛い。
普段とは違う雰囲気に、「おっ?」「ん?」ときょろきょろ。

幾つになっても好奇心いっぱい、小柄な体つきと相まって
愛くるしさはこどもねこの頃のまんま。


MD_20190102143358dd0.jpg


最後は背中や耳に触れることが出来、「ちょっと心を許して
もらえたのかな?」とニコニコほくほくの化けぎつね。

例えば出向いた先で見かけて写真を撮ることは出来ても、
初対面のヨソねこはなかなか撫でさせてくれませんから。


ME_20190102143400bea.jpg


朝ご飯の際には、テーブルの下できつねメのつま先を
前足でグイッと踏んづけ動かない誰かサンも。

柴犬のハナ坊は、もう老齢で目が見えないのだそう。
触れた足から、相手のことを読み取っているのでしょう。

「淋しい時、甘えたい時にする仕草なのよ」とお母さん。

いいよ、いいよ、ご飯を食べ終わるまで、そのままで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MF_20190102143401a9b.jpg


今日は早い時間の新幹線で東京へ戻るというアッシ夫婦と
お別れして、帰り道は「何か新年の記念を」と。

そこで昨年オープンした東北道の矢巾スマートICを初利用。

何故か入り口でETCを感知してもらえず、カードを数回挿し直し
やっとゲートイン・・・いま思えば、何かの報せだったのか?


MG_201901021434035ff.jpg


「なるほど、アプローチを矢巾サービスエリアに繋いだのね」と
試験最高速度110km/hの本道へ合流するも・・・あれ?

けーたろー、かっきり100km/hしか出ません。

風が強いわけでもないのに、と4速に落として加速を試みるも
やっぱりリミッターでも効かせたかのように100km/h止まり。


MH_20190102143404753.jpg


次のインターで降りる際、エンブレで少しガクつきが出始めて。
下道への合流では3000rpm辺りでドンヅキと加速の鈍化。

ラジオを消した信号待ちで、アイドリングに微かな脈動を感じ
「たぶん点火系、次がスロットルボディ周りの異常だなぁ」。

ホームセンターに運良く在庫があったプラグを大枚はたいて
お持ち帰り。イリジウムなので財布が痛いよ、きつきつ。


MI_2019010214340641d.jpg


イグニッションのダイレクト・コイルは幾つか手持ちがあるので
試しに過去ヤフオクで購入した、3本一万円の格安品へ。

整備士Nさんから「抵抗値がバラバラで怪しい」と止められた品
だけれど、正月に店を開けている部品商などある訳ないので。

今回はあくまで不調の理由を潰すための、お試し交換です。


MK_20190102143427710.jpg


なんでいっぺんに点火系一式全部取っ替えるのか?というと
エンジン上にインタークーラーやエアクリーナーが居座るから。

これらを何度も着脱するのは難義だし、大元を特定出来れば
まずはひと安心出来ますので。

ってか、この時期としては穏やかな気温とは言え、寒いのよ。


ML_20190102143428345.jpg


走らせて感じる異常は「イッパツ死に掛けている」雰囲気。

なのにプラグはどれもキレイに焼けており、コイルの外観も
三本全部同じにしか見えない、という。

デジャブだ。そう、「何故予備のコイルを持っているのか」?
過去に同じ症状で「点火系ではないトラブル」があったから。


MJ_20190102143407dee.jpg


もしプラグとDIコイルを総入れ替えしても、しばらく走って
また不調をぶり返すようなら、あの悪夢の再現かあ。

オイルで汚れたインタークーラー前後のパイプが無言の内に
「覚悟を決めとけよ」と脅しを掛けて来ます。

頼む、終わり掛けだったのはDIコイルであってくれ・・・!


MM_201901021434303cc.jpg


作業開始から一時間後、組み直し終えて掛けたエンジンは
「ルルルルル」と穏やかなアイドリングのハミング。

スロットルを吹かしても、淀みなくきれいに吹け上がります。

ここまでは調子良いんだ。直った気がするんだ。いつも。
だけど本当の勝負は、この先なんだよね。


MN_201901021434312fc.jpg


そして・・・悪い予感は的中しました。
テスト開始から15分は、加速も減速も滑らかで気持ち良い。

しかし空いた道を選んでターボのブーストを長く掛けると
だんだん加速が鈍くなり、ガクガクと不調を訴え始めます。

落胆を抱えアジトに帰るなり、整備士のNさんにコンタクト。

「正月早々すみません、タービン・ブローみたいです。
ええ、あの時と同じ例の症状なんですよ。」


MO_201901021434332ce.jpg


作業中にうっかり割ったインタークーラーのシュラウドを
溶着しつつ思い出します。

あれは6年前、確かオドメーターが5.5万㌔を指した頃でした。
全く同じトラブルで、リビルドのタービンに交換されたのは。

オイルを喰う訳でもなく白煙を噴く様子もない、という不思議な
「静かなるタービン・ブロー」。

現在の総走行距離10.7万㌔、K6Aのタービンは5万㌔が鬼門
なんだろか。それともオイルの銘柄を変えたことがキッカケ?


MP_2019010214343494b.jpg


外から見える場所でも何かしら力が掛かる箇所でもないので、
雑な仕上がりだけれどコレで用は成してくれるでしょう。

「取り急ぎ明後日には代車を用意しますから」と応じてくれた
Nさんへスマホ越しに首を下げ、松の内にドック入り決定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MT_20190102143814c13.jpg


ともあれ正月早々トホホな幕開けとなりましたが、「出勤時に
グズついて遅刻」なんて事にならないだけ、良かったのかな。


ま、「一年の計は元旦にあり」。今日は既に2日だから縁起の
面には触れずに、そっとしておいて下さいね(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

うーん、あるんですねえ・・・まあ、K6Aのタービントラブルはよく聞きますが。
F6Aのタービンはオイルラインの一部(戻り側)のオリフィス径が細くて詰まり易いというのは前にJA11で戻り側のラインを新品にしましたが。

でもまあ、早々に対応してもらえた事で最悪の自体は免れたので「吉」ではないでしょうか。

No title

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

新年早々にービンブローとは難儀でしたな
K6Aのブローは良くある話とはいえこのタイミングではシャレにならにような気が・・・
それとも年明け早々に厄払いしたと前向きに見るべきなのか
なんにせよ迅速な対応をして頂ける整備士さんとお付き合いしててよかったですな
お早い復帰と省出費をお祈り申し上げます

No title

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

前回、今回とも5万kmというのは、確かに偶然に
しては一致しすぎという感じはしますよね。
昔乗っていたファミリアでタービンブローした
時は、エンジンルームにオイルが飛んでいて、
いかにも壊れた感じになっていましたっけ(^^;。

かけがえのない相棒ですから、無事に直ると良い
ですね。

ナベエさんヘ。

こちらこそ、今年もよろしくです。

しかしオイル交換は結構良いグレードで
2500㌔毎交換なのに、5万㌔毎とは少し
寿命が短か過ぎない?と思うんですが。

反面使用状況を考えるとゴーストップの多い
短距離通勤というハードコンディション故、
致し方ない面も・・・。

今回もリビルド品で交換するつもりです。

ponkotu40さんへ。

こちらこそ、今年もよろしくであります。

日々の使い方が発進停止少な目でそこそこな
距離なら、もっと長く保つんでしょうけど。

壊れたタイミングに関しては「厄払い」の方で。
自分は正月のトラブル、けっこうあるんです。
初詣で大吉引いた帰りに縁石の角を踏んで
バーストさせたとか(笑)。

前年の運勢は3月ぐらいまで後を引くそうで、
新年のソレではないと信じたいところですね。

琢麻呂さんへ。

こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

本文でも書いたけれど、けーたろーのタービン
ブローは症状が奇妙なんですよ。
発進からブースト域に至るまで全く白煙も出ず
オイルにしても8分目は入っている、という。

シャフトが限界超えて痩せた時点でじわじわ
オイルを吸って、すぐ症状が出るのかな。
それにしてもプラグがキレイなままなので、
やっぱり不思議なんですが・・・。

松の内は部品商さんもお休みでしょうから、
調達には日数が掛かりそう。
ドック入りも長引きそうな予感です。

No title

エアバイパスバルブ(純正ブローオフバルブ)でも出力不足になる場合もあるようです。
白煙吹かなくてもターボがダメな場合もありますよ。

ナベエさんヘ。

いやあ、不勉強だなぁ・・・きつねメ。
ウェイストゲートが中に設けられたタービンでは
羽根やシャフトに異常は無くともソッチがダメに
なるケースもあるんですね。初めて知りました。

症状そのものは一昨年の梅雨に時折出ていた
グズつきと似てるものの、今回はチェックランプ
点灯ナシってところが違うんですね
(Nさん曰く「スロットルボディ関係では無いと
思います」とのこと)。

で・・・実は翌日、何故か自然治癒したんです。
今朝の退勤後にNさんの工場まで20kmぐらい
走っても、ナンボ負荷掛けようが高速走ろうが
もう悲しくなるぐらい絶好調(苦笑)。

今日の午後からしつこく検索を掛けて探し、
ようやくよく似た症例を見つけました。

アクチュエータへ繋がるゴム配管の劣化から
誤作動を起こし、フューエルカットへ至るそう。
・・・速度リミッター効いた後にしばらく続く
グズつきによく似た感じ・・・なるほど。
ゴムの割れ目が気まぐれに開いたり閉じたり
するなら、不定愁訴となるのも納得です。

と思った途端にブログを読んだへーさんから
メールが届きました。
「アクチュエータ周りが何か匂うような?」
うーん、さすが師匠です・・・すげー・・・。

なるほど

うーん、なるほど。
上がりすぎた圧力を逃がすためにある機構が
誤作動など起こせば、ブーストがかからなく
なる・・というのは納得ですね。
私もてっきりタービンがダメだとばかり考えて
しまいましたので(^^;、とても勉強になりました。
皆さん凄いです・・。

琢磨呂さんヘ。

自分も仕事の上で某機器のタービンに触れる
機会がありますが、ソレは単純にタービンのみ。
ウェイストゲート的な機構が無いんですね
(オーバーシュートやバックタービンの事まで
考えなくて良いような用途だからなのかな)。

最も単純な形のものしか普段目にしないため、
自分も補機の事まで知恵が回りませんでした。

ある種のリミッターの誤作動だと思うなら、
本文の中で症状が出た直後直感的に考えた
「点火系かスロットルボディ周りのトラブル」と
いうのも、一周巡ってある意味当たり?
(ブローオフも過給圧のリミッターだから)

速度でも回転数にしてもリミッターの理屈は
燃料を切るか点火を間引くかの二通り。
どちらでも効くとグズりますから「その時の
雰囲気に近い」と感じたのだと思います。

因みにNさんが「スロットル周りでは無さそう」
と返答した理由は、何かとセンサー絡みの
ソレであればチェックランプが点くから。

逆にセンサーを軸として思い巡らせるなら
点火系が死にかけると排気温度センサー
(触媒に刺さっているアレ)も異常を感知
するワケで・・・。

プラグもコイルも異常な様子が無い不定愁訴
となると、なるほど「補機関連のトラブル」に
原因が絞られて来るのも納得出来ますな。

No title

すっかり遅くなりましたが
今年もよろしくお願いします。

いつかは壊れるとわかっていても
そのタイミングや
修理代などにもよりますが
自分なら、精神的にかなり参ってしまいすますね~

予想より費用負担も少なく
早い公道復帰を期待しております。

状況によりMY DEMIO で良ければ
3月下旬ころまでなら
無料貸し出ししますよ!
(もっとも
任意保険は家族限定/スタッドレスは11年落ちのほぼ新品と
危険極まりない車両ですが・・・)

クマゴロウ師匠へ。

クマさん、明けましておめでとうございます。
本年もお付き合いの程、宜しくお願いします。

ホント最もけーたろーが活きる(というか
「けーたろーだけが頼りの)真冬なのに
「何故このタイミング?」ですね。

修理費に関しては常にある程度臨時出費を
心積もりしているものの、アレを上回るような
走破性の代車はまず来ないので。

修理を終えるまで活動範囲が狭まるのも
辛いところです。

>デミオのレンタル
お申し出は嬉しいですし、夏場であれば
お借りしてみたいところですが・・・。
実は今回の代車もFFのM/Tで10年前の
スタッドレスを履いているんです。

昨日誰もいない日陰の凍結路で少し試して
みたら、心配は的中。
上り坂ではゼロ発進がほとんど出来ない!

通勤途上ですらヤバいポイントがあるので
冬季の日常使用にはやはり4WDじゃないと
厳しいんですよね。

早く帰って来ないかなぁ、けーたろー(涙)。