fc2ブログ

月末のお支払い、思いがけない小さなドラマ。







ほお、そう来たか、と思った。良いセンスしてるじゃない、とも感じた。
分かるヒトには分かる。そう、「あえて」楽器を一つ抜いてあるのだ。


JAZZYに振ったアレンジならこうなるか・・・と楽しく聴けたけれど


敢えてこの難曲に挑んだ森川さんは、上手い。相当好きでなければ
こうして公に披露する事も無かっただろう、完璧なパッケージング。

但しこのナンバーを愛するきつねから眺めた時、どうにもならない壁
見える。


それはきっと、カバーした本人がいちばんよく分かっていたもの。


・・・・・・・・・・


エンジンに例えるなら玉置さんには下から上まで「声のトルク」がある。
望めば四気筒OHVからV6の3リッターまで演じられる巾も持っている。

だがもし四輪に例え直すとすれば、森川さんの声ではサビに入った時
ドリフトを仕掛けてもリアタイヤをスキッドさせられるパワーは無い


安全地帯版がウェーバーツインを2丁掛けした古いアルファロメオなら
森川Ver.は現代的な電子制御のダウンサイジング・ターボだろうか。

「素敵な変化球は在れど、原曲を越えるカバーはおそらく出ない」と
評する理由。ハンド・クラップとギターを抜いてはいけない曲なんだ。


・・・・・・・・・・・・






きつねがハードな楽曲を楽しんでいる時、左手や左足が勝手に動く。

「熱視線」はBメロからサビへ入る手前で4→3→2とヒール&トゥを使い
シフトダウンしながら。
「抱きしめて」のアペックスへ向け、右足がジワーッとトラクションを
掛けて行くのね。

脳内でイメージを再生されるステージはコルシカやモンテカルロの夜。


OA_20220125205956195.jpg


特徴的なビートを刻むタンッタンッタン!タンタタンタン!のクラップは
ファンネルから引き戻された濃いガソリンが放つバック・ファイア。

この設定は官憲の追っ手を振り切り高貴な令嬢を一夜の舞踏会から
カッさらう展開な「真夜中過ぎの恋」でも活きるんじゃないだろうか。


・・・・・


180SXも美しくて好きだけど、憧れのクルマはR32のGT-Rです。」

「ガソリンエンジンが終焉を迎えたなら私は車を降りると思います。」



いやまさか月末のお支払いへ向かった燃料店のうら若き受付嬢から
こんな言葉を聴かされるとは、流石に思ってもおらなんだ・・・。


OB_20220125205957e39.jpg


想定外な会話の弾みっぷりに「春になったらロードスターで来るよ」
ついうっかり約束してしまったきつねさん。

任意保険の適用下限を更新すべきか否か、嬉しい戸惑いを覚える
今宵なのでありました。


・・・・・・・


否。ムスメみたいな年齢差の彼女相手に、下世話で邪な下心など
抱えているワケじゃねぇさ。

「ただちょっとマルコ・パゴットを気取ってみたくなった」っていう
程度の、冴えないオッサンによる他愛ない世間話なんだわね。


OC_2022012520595974e.jpg


しかし「サンニーの2リッター」と言った途端に「GTS-tですね?」
返して来た、見た目に反して硬派な事務嬢。

実はフィオそこのけなエンジニアリング・スピリットの持ち主だったら
どーしましょ?


桜が咲く晴れ舞台への愛機のメンテ、怠れないやな(笑)。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>「サンニーの2リッター」と言った途端に「GTS-tですね?」
えーーっと、それ、中身おっさんなのでは......(笑

No title

うーん、面白いアレンジですが・・・ちょいとセンは細いかなあと。
声も良いし、上手いんですが。

個人的には外し技で島津亜矢さんといきたいところです。

今ならサンニーならType-Mの4drの白、ハネ無ってのに乗ってみたいですねえ・・・あとはオーテックのNA版。
若いのに素敵な女子ですわ。

JADE3さんへ。

>それ、中身おっさんなのでは......(笑
流石にここまで知っていると、そう思っちゃうのも
無理はないですよね(笑)。
ナチュラルメイクでスレンダーな彼女の中から
小っちゃなヲヂサン・・・あんまり考えたくない。

※実際の話、今なら漫画やアニメで興味を持てば
調べるソースはネットに幾らでもありますから。
当時流行したRバンパーの事までは知らなかった
様子なので、ガチヲヂサンの線は無いと思います。

ナベエさんへ。

>声も良いし上手いんですが、ちょいとセンは細いかな。
毎度さんです。全く以て同じ感想、それを補完するべく
ベースを前に出した「太い」アレンジへ持って行った
ように捉えています。コレはコレでカッコイイ。

聴き手の世代が更に若ければ「原曲の`80sな匂いや
アクを抑えたこっちの方がサラッと聴けて好き」と
いう意見もあるのかな。

自分は既にアグレッシブなオリジナルの方でアタマに
シーンを思い描いているため「元盤を越えるカバーは
出て来ない」と感じているんでしょうね。

>外し技で島津亜矢さん
調べてみたら「歌怪獣」(笑)のニックネームは
伊達じゃない。もう7枚も出していたのねー・・・。
「魂のルフラン」と「全力少年」を視聴してみたら
トルクは2リッター級でも声の使い分けの巾が凄い。
確かにコレは一手。熱視線も聴いてみたくなります。

>Type-Mの4drの白とか、オーテックのNA版。
フラッグシップたる26DETTの存在が強過ぎる故か
トヨタの1G-G系ほど印象が残っていないけれど。
R30のRS同様に、パワー偏重ではなく一歩引いて
GTSの「乗り味」を楽しむのも良いと感じるんです
(そもそもシルビアやプリメーラのことを思えば
SR20やRB20だって相応に速いはずですから)。

オーテックVerは、想像するだけでちょっと涎が。
すんげぇシルキーで北海道まで乗り逃げしたくなる
クルマになっているかもしれませんな。

>若いのに素敵な女子ですわ。
相手はお仕事中なので、何がどう作用してそういう
嗜好になったのか経緯まで尋ねる事は出来なかった
けれど。現愛車もパドルシフトの設定が無かったら
選択肢に上がらなかった、とのこと。

出来ればクラッチの付いた本当のマニュアル車に
乗りたいのだそう。
初夏/秋の旧車ミーティングの事も御存じなかった
ので、お誘いしてみたいところですね。