fc2ブログ

温泉ラーメンな休日ライフ。 ~でも冬に折り返しの匂い~。






今日のTOPは少し趣向を変えて、youtuberさんの動画からひとつ。

師匠へーさんより先日「セパハンのSR乗りでキック・スタートを
キレイに決める女の子が居るっけよ」
と紹介を受けたものです。


単車乗りの世界はエクスキューズ抜き。「女子」を売り文句にした
二輪動画は避けて通るきつねですが、コレはセンス良かったのよ。

「眺めているとなんか改めて『SRっていいなー』と思うんだよ。」
「ええ。手元に残しておくべき一台だった、と今も感じています。」



気付いたらずいぶん高くなっちゃったもの、かつての愛車SR500。


・・・・・・・・・・


QA_20220131184251ce9.jpg


さて前回の投稿からは、少しばかり間が開いてしまいましたが。

きつねは相変わらず休日の度、歯医者通いと雪景色眺めつつの
温泉ドライブを楽しんでおります。

歯の方は昨年の教訓を生かし痛みを感じてすぐ通院を開始した
ため、割と順調に治療が進んでいる様子。


QB_20220131184252b4f.jpg


積雪の方も日々嵩を増し住民の皆さんを悩ませる日本海側とは
対照的に、ここ岩手は一週間ぐらい積もっておらず快適です。

・・・但し天候に恵まれている分だけ朝晩の冷え込みがキツくて
明け方の気温はマイナス二桁に迫る勢いなんですが・・・。

まあ例年も一月中旬~二月半ばまでが、寒さのピークな当地。
まずまず順当と言えば順当ではあるんですけどね。


QD_20220131184255bfc.jpg


毎回毎回、変わり映えしない中身なので恐縮ではありますが。

たかだか歯一本の痛みや違和感と言えど、どこかしら身体を
病んでいると気分とか行動がドロップするのも本能でして。

治癒が快方に向かっているお陰で久々に外食を楽しめたため
久し振りにラーメンの話など書いてみましょうか。


・・・・・・・


QE_20220131184257aef.jpg


この日は花巻南温泉郷を目指し、県13号に乗せてけーたろーを
南へ走らせたのですが。

ちょうど正午を迎える辺りに「そう言えばあの道の駅の食堂って
どーなんだろ?」と気になり、真新しいはなまき西南へ立ち寄り。

味楽苑の看板は、どこか近隣の道沿いで目にした記憶がある
ような・・・あー、ここって焼肉屋さんなんだ


QF_20220131184258672.jpg


流石にここで「オヒトリサマ焼肉」を演じる勇気はありませんから
ランチ系一択。推しの一品らしきユッケジャンラーメンを注文。

ヤングメン6割/主婦さん4割の店員さん達に、近隣の御家族とか
営業さん現場さんチャンポンなお客で活気に満ちた様子の中。

おお、売り文句通り確かに辛そうなドンブリが到着致しましたよ。


QG_202201311843005ce.jpg


「焼肉屋さんのラーメン」と言うと出汁のベースが味噌か醤油かが
しばらく分からない例って多いと思うんですが。

麺を引っくり返して具を探ってみたら、少しお高めの設定にも納得。
豪勢にも牛肉のブロック。どうりで味音痴なりにコク深いと思った。

確かに熱く辛いけれど。味そのものが丸くて優しい理由は溶き卵!
名店・たかごんの流れを汲む溶き卵が、花巻ラーメンの特徴です。

これは美味しい。特に冬場なら、誰にでも勧められる逸品でした。


・・・・・・・・


QC_202201311842541fa.jpg


広い田畑が雪原を成した県13号を更に南下するけーたろー。

こんな一面の雪景色、かつ正午でも気温はプラスに届くか否か
っていう日に。自分でも奇妙だと感じるんですが・・・。

日の差す間合いを狙って「ここなら絵になるかな?」とクルマを
降りた時、不意にかすかな春の気配を感じる事があるのです。


QL_2022013118430754e.jpg


風が止んだタイミングでそれが得られるのは、陽射しの強さ故。
周辺を縦横に走る畦道に陰影の強さを見て取れるからでしょう。

思えば冬至から既に一ヶ月。朝にしても晩にしても実感出来る
日の伸びっぷりと、2月へ向かい青味を増して行く空の色。

コンデジをポケットに仕舞い息を吐く瞬間、単車の季節の匂いが
胸をかすめて。懐かしさと恋しさの入り混じった気分になります。

今年も春の訪れが、早まってくれないものかな。


・・・・・・・


QH_20220131184301753.jpg


赤信号の都度に例の「湯巡り手形」をめくってたどり着いた先は
南花巻温泉郷で最も新しい施設、「山の神温泉 なごみの湯」

本館たる優香苑ともなれば薄給のきつねさんなんか泊まれない
料金設定の、格調高い立派なホテルなんでありますが。

建屋からして歴史を漂わせる老舗の多い鉛温泉界隈に於いて
糊が効いた雰囲気もフレッシュな日帰り棟はリーズナブル。


QI_2022013118430325f.jpg


永年に渡り増築を重ねた結果、情緒と引き換えに内湯/サウナ/
露天のアクセスがめっちゃ長くなっちゃった旅館も多い中、その
動線が短いことも好ポイント。

お陰さまで2ラウンドの独りサウナ耐久GPの合い間には、とにかく
だだっ広い露天の縁で足湯しながら山肌眺めつつ呆け倒して。

歯医者への通院期間中に肥え始めてしまった下っ腹も2時間掛けて
整いまくり、1.8kgのウェイト・ダウン。嗚呼、こざっぱり。

既に湯上りのお供としてオヤクソクとなった大瓶のデカビタCを瀟洒な
ロビーで煽っていたら、中庭をかすませる粉雪のトルネード。あらら。


QJ_2022013118430472d.jpg


当地のライダーに於ける「春招きイベント」、岩手モーターサイクル
フェスタ
の残念な中止を伝えるFMなんか聴きつつの帰路。

花巻二輪界の陽気な名物男・キヨミさんのお店に顔を出そうかな?
或いはプリント屋のオカミサンのトコに寄って行こうか?と思案。

そうなんだ、あのフェスタはお馴染みの店主さんが一堂に会する
「シーズン前の御挨拶」の場。それが叶わないのは淋しいもの。

今回はライコランドやホンダドリーム盛岡の初出展も話題に上って
いたから尚のことです。なんて鬱陶しいんだ、オミクロンってヤツぁ。


QK_20220131184306588.jpg


冬場は只でさえ高騰する燃料費が驚異的な右肩上がりで生活を
直撃しているっていうのに。

せっかく数十年ぶりな活況の気配を見せている市場に対し、供給
出来る新車が無い
新古車にプレミア中古全体価格底上げ

ブランニューにしても不人気車であっても、売る側からして困ってる
今は買い時じゃない
、とバイク屋さん自身が溜息ついている昨今。

まあそもそも、乗り物系の売り上げ増自体がコロナ禍の副産物だ
ってな一面もあるにはあるワケですけど。

そんなこんなできつねさんも、「けーたろーの後継機探し」を一旦
休止することに決めました。


QM_2022020213201653d.jpg


ここ数か月に渡る状況観察で「新型ジムニーのデリバリー遅延が
軽クロカン/SUV全体の中古価格を上げている」と判断したため。


とある中古車屋のオヤジさん曰く「今の愛車が未だ走れるンなら、
車検を取って乗りながら新車のオーダーを掛けるのが方策さ。
ニーサンに乗ったままロクヨンの納車を待つお客が沢山居る」



裏を返すと仮にJB64の量産体制がもし整えば、その後はJB23の
中古車がたくさん出回る可能性も見えて来る・・・という事です。


QN_20220202143631092.jpg


この先コロナ騒動がどう転がるのかは、誰にも分からないけれど。
少なくともバイクに乗れる春は、待っていれば必ず訪れるからさ。


我が北国の長い長いオフ・シーズンも、ようやっと今が折り返し。


感染予防の気遣いは怠らないよう気遣いつつ、「湯巡り手形」を
スタンプで埋めながら2月を過ごそうと思うこの頃でありますよ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

増加中?

ここ数年、アクティブ年齢層が上昇一途といわれるライダー界?ですが…
その傍らで女性ライダーも、確実に増えているような実感があります。
なかでもヒグマの巣窟のような野湯へ単独走したり、アイスサーキットでドリフト走行にSSへスパイクタイヤ履かせて年越し宗谷とか。
更にはエンジンを一人で降ろして、フルオーバーホールする御方までおられるようです。
男女の垣根がなくなったと云われて久しいですが、昭和人間には驚愕すること多いかな。
まあ、40年近く前にぼくがRZ350Rを暫く貸していた女子高生は、ふた月でサイド迄スリックにしていましたけど(笑)

そんなのって、少なからず「女子」を売りにした動画の影響もあるのかなって…
それであれば各々の目的?狙い?は別として、悪くはないなって思っていました~

函館の兄ィへ。

ご無沙汰していますがお元気そうで本当に何よりです!

※実はデニムでコケた事件以降の投稿が激減したため、
カマキリとオイル交換の話で安堵したり。またしばらく
雪の無さの報告から途絶えて内心ヒヤヒヤしたりでした。
コロナ禍でお仕事に支障が出たり実は大怪我していたり
てな事情じゃないと良いな・・・って。

>スーパー女子ライダーズ
兄ィが挙げられた人たちって、恐らく性別と関係なく
「単車の本質そのものに魅入られた乗り手」なんじゃ
ないか?と思うんですよ。

ここからは、少し小難しいハナシになるんですけど。
動画をハシゴして眺めてみると、男性でも女性でも
二通りの乗り手が居るように感じるんですね。
片方はこっちサイド(←説明は要らないでしょ?
札ナンの姉貴とか)。もう片方はバイクそのもの
じゃなくて「バイクに乗っている私が好き」を
アピールしてチヤホヤされたいタイプのヒト。

ブログもそうですが、単車の画像と自撮りの分量を
観察すればどっちの方なのかは自ずと匂うもの。
動画の彼女の場合は職業がモデルさんなのだそうで、
ちょうどその真ん中に立つヒトなんでしょう。

職場で周囲を見ても、20代で二輪に乗り始める若者は
5年前じゃ想像もつかなかったぐらい増えていますよ
(一年も経たずに全損を経験しながら二台目の新車を
購入してしまったアツい奴もいたりして。微笑)。

バーチャルに心が飢える何かを覚えて門を叩いた若者へ
「間口は広く、奥は深く」暖かい目で迎えてあげたいと
思う次第なんでありますよ。

※「初めて○○に乗ってみた」系の動画は性別や年齢を
問わず微笑ましいものですよね。
そんな心情から取っ付きやすいカラス号やゴリラ改は
タイミング良ければ通勤に持ち出す機会も多いのです。